初夏ならではの旬菜を生かした極上の食を堪能

東北ガストロノミー 出羽屋の山菜料理と2つの名店【3日間】

  • 集合場所:東京駅※山形駅合流/仙台駅離団可能
  • 出発日: 5月21日(火) 、 5月28日(火)
  • 旅行代金:¥168,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
「山菜料理」発祥の宿 出羽屋で旬の山菜料理をいただきます。
Point 2
かの「エル・ブジ」で腕をふるった高橋シェフのレストラン「ゆきむら」でのランチをご用意しました。
Point 3
山形では「パ・マル」での本格フレンチもご用意。洋風建築めぐりも楽しみです。

ツアープランナーより

ゴールデンウィークを過ぎると、東北各地は春から初夏の華やぐ季節を迎えます。そんな春から初夏の味覚として外せないのが「山菜」です。今でこそ山菜料理は全国で楽しまれていますが、60年前、当時人に出すものではないと考えられていた「山のもの」を提供し、「山菜料理」という地位にまで押し上げたのが月山山麓の宿、出羽屋の当主佐藤邦治さんです。以降、出羽屋は山菜料理の名店として全国に知られるようになりました。月山の水をたっぷり含んでみずみずしく育まれた山菜を使った料理の数々は、実際にお店に足を運んでこそ味わえる美味です。 併せてご案内するのは仙台の「ゆきむら」です。スペイン日本大使館の料理長を務め、そしてかの「エル・ブジ」で腕を振るった高橋シェフが、和を基調とし、エル・ブジ仕込みの革新的な食に作り上げた芸術的な創作料理をお楽しみください。 山形では2泊し、山形市で唯一の本格フレンチレストラン「パ・マル」も訪れます。どのお店もレベルが高く、きっとご満足いただけることでしょう。迎賓館建築の文翔館や国宝の縄文の女神など見どころも押さえた、初夏ならではの贅沢な食の旅です。

見どころのご紹介

「山菜料理」発祥の店 出羽屋

霊峰月山の麓、出羽三山を訪れる行者の宿として始まった出羽屋。転機は今から60年ほど前、2代目当主の佐藤邦治さんが、全国を行脚し様々な料理にふれた結果、当時は人様に出すものではないと言われた山の料理こそ一番美味しいのでは?と気づき、出羽屋で山の料理を出すようになったそうです。すると、徐々にその美味しさが全国に伝わり、「月山参詣は出羽屋の山菜料理」と呼ばれるまでに。山菜料理の発祥のお宿として全国に知られるようになりました。現在宿を切り盛りするのは四代目の佐藤治樹さん。「山と生きる 山に生きる」を合言葉に、四季折々の「山の恵み」を人々に届けています。季節ごとに山菜はありますが、ご案内する5月はまさに山菜の旬のシーズン。素朴な山の素材を美しい料理に昇華させる出羽屋の真髄をお楽しみください。

出羽屋の四代目 佐藤さんご夫妻
月山山麓の新鮮な野菜を素材に(イメージ)
山菜を使った繊細な料理の数々(イメージ)
山菜料理(イメージ)

世界最高峰のレストラン「エル・ブジ」に在籍した高橋シェフの営む「ゆきむら」

「世界一予約のとれないレストラン」として料理界を席巻したスペインの「エル・ブジ」。スペイン料理を世界最高峰の水準まで押し上げ、「ローカルガストロノミー」という概念の基礎を作った世界的名店です。その「エル・ブジ」で腕を振るった数少ない日本人のひとりが、高橋幸輝シェフ。日本料理出身ながら、スペインに渡りスペイン日本大使館の料理長に。その腕が評判となり「エル・ブジ」のラボに招かれました。2005年に帰国してからは、地元の宮城県亘理町で一日一組限定の料理店「ゆきむら」を開業しますが、2011年の東日本大震災で被災。2016年に仙台で和食の域を超えたイノヴェイティブな食を提供するあらたな「ゆきむら」をオープン。食通が通う名店として知られています。この度は、土曜のみオープンしているランチタイムを平日に貸切り、特別にランチをご用意しました。世界最高峰「エル・ブジ」のエッセンスが薫る名店の目にも美しい料理をお楽しみください。

見た目にも美しいゆきむらの料理(イメージ)
和と洋を融合した料理の数々(イメージ)

山形市でいただくクラシックフレンチの名店「パ・マル」

もう1軒の名店ランチは山形市で唯一の本格フレンチレストラン「パ・マル」にてご用意しました。シェフの村山優輔さんは東京で修業を積んだのち故郷の天童でビストロを開業しましたが、山形市にフレンチレストランが一軒もなかったことから、山形食材を利用した本格フレンチレストランを作りたい、と山形市にレストランを開業。地元産の山菜をはじめ、河北地方でイタリア野菜を研究・栽培する「かほくイタリア野菜研究会」からホワイトアスパラなどの洋野菜、魚は酒田から入手するサワラやサクラマスなどを利用。フルーツ栽培の盛んな山形のワイナリー産のワインとのペアリングも好評です。

 

パ・マルのオーナーシェフ 村山優輔さんとサービス担当で弟の竜章さん
フレンチの真髄 ソースを大事にしたパ・マルの料理(イメージ)

山形市内では明治大正洋風建築など、充実の観光でご案内

山形県には近代化産業遺産群が数多く残ります。ツアーでは山形市に残る明治時代の擬洋風建築の傑作、旧済生館本館(山形市郷土館)、迎賓館建築の文翔館(山形県郷土館)をご覧いただきます。山形県立博物館では2012年に国宝認定された「縄文の女神」もお楽しみください。寒河江では江戸時代に東北随一の慈恩寺へ。建築や仏像の多くが国の重文に指定される仏教芸術の世界にご案内いたします。

迎賓館建築の文翔館
旧済生館本館(山形市郷土館)
慈恩寺 三重塔

ツアー日程

3日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
東京駅09:24発 山形駅11:50着 山形

■午前、東京駅より山形新幹線にて山形へ。

■山形駅着後、昼食はパ・マルにて山形フレンチをご用意しました。

■午後、山形市内の観光へ。

■国宝の埴輪「縄文の女神」を有する●山形県立博物館、明治時代の疑洋風建築・●旧済生館本館山形市郷土館○文翔(山形県郷土館)にご案内します。

【2連泊】(山形泊)

2日目
山形 寒河江 出羽屋 月山トラヤワイナリー 山形

午前、山形より寒河江へ。

■国指定の重要文化財に指定される鎌倉時代の仏像が多く残る●慈恩寺、2021年オープンの●慈恩寺テラスにご案内します。

■その後、料理旅館「出羽屋」にて月山山麓の恵みをお召し上がりください。

■午後、●月山トラヤワイナリーに立ち寄り、山形に戻ります。

(山形泊)

3日目
山形08:00発 村田 仙台 仙台駅15:32発 東京駅17:04着

■午前、バスにて重伝建○村田に立ち寄り、仙台へ。

■伊達政宗の霊廟●瑞鳳殿にご案内します。

■スペインの世界で最も予約のとれないレストラン「エル・ブジ」に在籍した高橋幸輝シェフの「ゆきむら」にて昼食

■午後、仙台駅より新幹線にて東京駅へ。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは3日間のコースです。

出発日 旅行代金
5月21日(火)発

旅行代金:¥168,000

5月28日(火)発

旅行代金:¥168,000

1名室利用追加代金:¥12,000にて承ります。

現地合流離団:山形駅合流(出発)/仙台駅離団(帰着) 旅行代金から¥21,000引き

 

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111