日本古代史の舞台で新鮮な海の幸を食す

古代ロマンの架け橋 壱岐・対馬の旅【5日間】

  • 集合場所:羽田空港、伊丹空港
  • 出発日: 3月12日(日) 、 4月10日(月) 、 5月15日(月)
  • 旅行代金:¥255,000~¥265,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
壱岐では、神職が舞う「壱岐神楽」鑑賞の特別プログラムをご用意しました。
Point 2
対馬に2泊し、2022年4月開館の対馬博物館をはじめ、上対馬、下対馬の両方の見どころにご案内します。
Point 3
玄界灘でとれた豊富な海の幸をいかしたお食事をお楽しみください。

ツアープランナーより

九州と朝鮮半島の間に位置する神話と伝説の島、壱岐と対馬。「魏志倭人伝」の時代から日本と大陸の架け橋として重要な役割を担ってきた2つの島の、歴史ある神社や、古代一支国の遺跡を訪れます。壱岐では2連泊し、島の神職のみ舞うことができる神事芸能「壱岐神楽」の上演をご鑑賞ください。壱岐の伝統文化をより深くお楽しみいただくため、ツアーのために特別に組み込みました。対馬では韓国展望所から日本海を一望する上対馬、島の歴史や文化を感じられる下対馬のどちらにも足を延ばします。対馬でも2連泊し、2022年4月にオープンを迎えた対馬博物館など新しい見どころにもご案内。お食事は、玄界灘でとれた豊富な海の恵みをご堪能ください。

見どころのご紹介

島の人々に愛される「壱岐神楽」を鑑賞

国生み神話では5番目に誕生した島とされる壱岐。島内には150を超える神社が点在し、「一支国」の歴史を伝える古墳や史跡も数多く残る、歴史深い島です。今も信仰が暮らしに根差している壱岐の文化にふれる特別プログラムとして、約700年にわたり受け継がれてきた「壱岐神楽」の鑑賞をお楽しみいただきます。島の神職のみが舞い演奏することを許されている神事芸能で、国の重要無形民俗文化財にも指定されています。

壱岐神楽の特別上演を鑑賞します(イメージ) ©壱岐市観光連盟

壱岐では日本古代史の舞台にご案内

縄文時代から集落があったとされる壱岐では、島内から多数の古代日本を物語る資料が出土しています。日本と中国・朝鮮半島の歴史を比較した展示で壱岐の歴史を知る一支国(いきこく)博物館や、弥生時代の環濠集落である原の辻(はるのつじ)遺跡(王都復元公園)を訪ねて、「魏志」倭人伝にも出てくる一支国の王都をじっくりご覧いただきます。

一支国博物館は黒川紀章氏のデザインです ©長崎県観光連盟
「壱岐」の歴史を東アジア・日本の歴史と見比べながら観覧する「魅せる収蔵庫」
「魏志倭人伝」に登場する一支国の姿を再現する王都復元公園
巨木の森の中に鎮座する月讀神社 ©長崎県観光連盟

対馬に2泊滞在。上対馬、下対馬の見どころを巡ります

遣唐使から朝鮮通信使へ、大陸との懸け橋として栄えた歴史や文化が色濃く残る対馬。上対馬と下対馬にそれぞれ宿泊し、島全体をじっくり巡ります。下対馬の城下町・厳原では、2022年4月に待望の開館を迎えた対馬博物館も含め見学をお楽しみいただきます。

烏帽子岳展望台ではリアス式海岸の浅茅湾の景観を一望
上対馬の韓国展望台
対馬の歴史や文化を紹介する対馬博物館

玄界灘の豊富な海の幸と島の食をご賞味ください

玄界灘の洋上に浮かぶ壱岐・対馬は、海の幸が豊富です。長崎県離島の港町ならではの海鮮料理をご堪能ください。また、壱岐は長崎でも随一の広大な平野を有し、壱岐で獲れた食材を使ったお食事も楽しみです。

玄界灘の海の幸(イメージ)

航空機・高速船を利用し、効率よく快適に訪問

往路は航空機を利用し、対馬へアクセスすることで滞在時間をより長く確保できるようにしました。また対馬~壱岐~博多間は高速船でそれぞれ1時間ほどで結ばれています。波の上を飛ぶように走るジェットフォイルは、波の影響も受けにくく快適です。

九州郵船の高速船「ヴィーナス」(イメージ)

ツアー日程

5日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港09:35発 長崎空港11:40着 12:20発 対馬空港12:55着 対馬・比田勝16:30着

■午前、羽田空港より航空機にて長崎空港へ。

■着後、航空機を乗り継ぎ、対馬空港へ。

■着後、バスにて海中に鳥居が建つ○和多都美神社、浅芽湾の眺めが美しい○烏帽子岳展望台へご案内します(注1)。

■夕刻、対馬北部の比田勝へ到着。

(対馬・比田勝泊)

2日目
対馬・比田勝09:00発 椎根の石屋根倉庫 豆酸崎 対馬・厳原16:30着

■午前、上対馬の観光へ。○韓国展望所、ツシマヤマネコを一般公開している●対馬野生生物保護センターを訪ねます(注2)。

■午後、バスにて下対馬へ。○椎根の石屋根倉庫や最南端の○豆酘崎へご案内します。

■夕刻、城下町・厳原に到着。

(対馬・厳原泊)

3日目
対馬・厳原 対馬・厳原港13:00発 壱岐・芦辺港14:05着

■午前、城下町・厳原の観光へ。2022年4月にオープンした●対馬博物館●対馬朝鮮通信使歴史館○萬松院○厳原八幡宮神社などへご案内します。

■午後、ジェットフォイルにて壱岐・芦辺港へ。

■着後、バスにて島全体を見渡す○岳ノ辻展望台へ立ち寄り、ホテルへ。

【2連泊】(壱岐泊)

4日目
壱岐 (辰の島遊覧) (壱岐神楽)

■午前、壱岐北部の観光へご案内します。○勝本の朝市○聖母宮などを訪ねます。辰の島遊覧もお楽しみください(注3)。

■午後、壱岐中部の観光へ。○月讀神社●壱岐風土記の丘へご案内します。

■夕刻、壱岐神楽を鑑賞します。

(壱岐泊)

5日目
壱岐09:00発 壱岐・芦辺港14:25発 博多港15:30着 福岡空港17:05発 羽田空港18:50着

■午前、引き続き、壱岐の観光へ。○はらほげ地蔵○左京鼻●一支国博物館○王都復元公園などへご案内します。

■午後、ジェットフォイルにて博多港へ。

■着後、タクシーにて福岡空港へ。

■夕刻、福岡空港より航空機にて羽田空港へ。

■着後、解散。

 

ご自宅までお荷物を託送します

(注1)対馬では、道幅の関係上、中型バスを利用します。バス座席をお一人2席ご用意できない場合がございます。

(注2)出発日により観光の順番を入れ替えてご案内します。

(注3)悪天候などにより遊覧できない場合、乗船代を返金します。

 

■各地からの発着時間のご案内 上記日程は、羽田空港発着のスケジュールです。伊丹空港の往復スケジュールは下記を予定しております。(共に全日空、オリエンタルエアブリッジ利用予定です。その他の航空会社を利用した場合は時間が異なります。)


(往路)伊丹空港08:00発福岡空港09:15着 福岡空港10:05発対馬空港10:40着

(復路)福岡空港17:45発伊丹空港18:55着

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは5日間のコースです。

出発日 旅行代金
3月12日(日)発

旅行代金:¥265,000

※羽田空港発着

4月10日(月)発

旅行代金:¥265,000

※羽田空港発着

5月15日(月)発

旅行代金:¥255,000

※伊丹空港発着

※1名室利用追加代金:¥18,000(比田勝・壱岐 計3泊のみ)

おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

対馬・厳原での1泊につきましては、シングル客室でのご用意です。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111