「レヴォ」と「金城樓」 北陸の美食を楽しむ

「金沢の年越し」ゆく年くる年(Cコース)【4日間】

  • 集合場所:東京駅、大阪駅、名古屋駅※金沢駅合流/金沢駅離団可能
  • 出発日: 12月30日(金)
  • 旅行代金:¥268,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
大晦日は富山食材にこだわる谷口シェフの「レヴォ」で昼食を。
Point 2
加賀料理の老舗「金城樓」にて新年懐石を楽しみます。
Point 3
世界遺産・五箇山の冬景色の他、雪吊りの兼六園など古都金沢の年末年始を楽しみます。

ツアープランナーより

唯一無二のローカルガストロミー「レヴォ」でのフレンチと、金沢の加賀料理の老舗「金城樓」の新年懐石を味わい、古都金沢のお正月を楽しむ旅といたしました。富山県利賀村に2020年12月にオープンした「レヴォ」は、オープン以来、様々なグルメ誌に取り上げられ、国内からではなく、海外からも注目されるオーベルジュです。2021年には、2週連続でTBSのテレビ番組「バース・デイ」に真の地産地消に挑戦するフレンチシェフとして、オーナーシェフ谷口英司さんが紹介され、利賀村に移転したその思いや、地域の人々とのつながりから作る、ここでしか食べられない究極のメニューに取り組むシェフの姿が放送されました。連日予約でいっぱいですが、大晦日のランチでのツアー設定が叶いました。そして元旦には加賀料理の老舗「金城樓」の新年懐石で2023年の幕開けを飾ります。五箇山の冬景色、兼六園の雪吊り、活気溢れる近江町市場、注目の美術館巡りなど、金沢滞在もたっぷりとお楽しみください。

見どころのご紹介

「レヴォ」 富山ガストロノミーを牽引する谷口シェフのフレンチ

有名レストランガイドブックで「今年のシェフ賞」にも輝いた経歴を持つ谷口英司シェフ。大阪出身ながら富山の食材と文化に惚れ込み、漁港や畑に足を運んでは生産者と会話し、器なども富山の工房で作られたものを使用しています。地元の魅力を珠玉のひと皿へと昇華させる谷口シェフのフレンチは、多くの食通を唸らせてきました。2020年10月、秘境ともいうべき山奥にある富山県利賀村(とがむら)にオーベルジュとして移転オープンした「レヴォ」。谷口シェフが作り上げる美食の世界をご堪能ください。

レヴォの谷口英司シェフ
富山の秘境、利賀村にレヴォはあります
お料理(イメージ)
お料理(イメージ)

お料理(イメージ)

加賀料理の料亭「金城樓」での新年懐石を

明治23年(1890年)創業、金沢を代表する老舗料亭「金城樓」。加賀百万石文化が息づいた見事な建築と庭園を受け継ぐその空間は、加賀の華麗な伝統をもっとも感じられる場の一つです。加賀の伝統料理を守り、加賀野菜をはじめとする地元の新鮮な食材を大切にしたお料理のお味はもちろんのこと、代々継承してきた貴重な器類を用いた懐石は目にも美しく、ぜひ五感で心ゆくまでお愉しみください。このたびは、新年を祝う「新年懐石」を元旦にご用意しました。

料亭「金城樓」の新春懐石は地元の方にも評判です
金沢を代表する加賀料理の料亭「金城樓」にて新春懐石を(イメージ)

もう一つの味覚の殿堂「近江町市場」へ

もう一つの味覚の楽しみは、金沢市民の台所と言われる、近江町市場です。新年に向けて活気あふれる市場の様子は、金沢の冬の風物詩の一つ。旬のカニやお節料理の食材が並ぶこの季節の近江町市場は、まさに食材の宝庫です。

カニを代表として旬の味覚とおせちの食材が並ぶ近江町市場
冬の風物詩雪吊りの風景が見られる兼六園(イメージ)

雪吊りの兼六園や、注目の美術館へ

雪吊りを施した兼六園の風景を見られるのは冬の時期ならではの楽しみです。4日目には金沢注目の2つの美術館へ。一つは2004年の開館以来、アートのまち金沢としての人気を牽引する存在である金沢21世紀美術館。そして二つ目は、2020年10月に東京・北の丸から移転したばかりの国立工芸館(旧・東京国立近代美術館工芸館)です。日本の工芸文化の素晴らしさを紹介する展示を、工芸のまち金沢でお楽しみください。

21世紀美術館のレアンドロ・エルリッヒ作「スイミング・プール」
2020年10月に移転オープンした国立工芸館

冬の五箇山 合掌造り集落(イメージ)

合掌造りの民家が残る世界遺産五箇山の冬景色

日本の農村の原風景の一つともいえる、茅葺の合掌造りの民家が数多く残る、五箇山。金沢の旅から富山県に足を延ばし、世界遺産の里を訪ねます。白川郷と共に合掌造りの里として世界遺産に登録されましたが、その地理的要因から訪れる人は白川郷ほど多くはありません。その分、より素朴さを感じさせてくれます。集落にはのどかで懐かしい景色が広がり、農村の文化や暮らしを深く感じることができます。冬ならではの里山の風景をお楽しみください。

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
東京駅、大阪駅、名古屋駅 金沢駅

■午前、東京駅、大阪駅、名古屋駅より金沢駅へ。

■金沢駅着後、冬の風物詩である雪吊りが見られる●兼六園、○金沢城を見学。

■年末の支度で活気溢れる、○近江町市場を見学し、ホテルへ。

■夕食は北陸の寿司をお召し上がりください。

【3連泊】(金沢泊)

2日目
金沢 (五箇山・相倉集落) (利賀村・レヴォ) 金沢

■午前、世界遺産●五箇山へ。相倉集落を訪れます。風情ある冬の五箇山をお楽しみください。

昼食は、世界が注目する谷口英司シェフが利賀村で追究する究極のローカルガストロノミー「レヴォ」にて。

■午後、ホテルに戻ります。

■夕食はホテルにて。

(金沢泊)

3日目
金沢 金城楼の新年懐石

■午前、○ひがし茶屋街や○主計町の散策にご案内します。

■昼食は、加賀料理の老舗「金城樓」の新年懐石をお楽しみください。

■午後、自由行動です。

(金沢泊)

4日目
金沢 (国立工芸館) (金沢21世紀美術館) 金沢駅 東京駅、大阪駅、名古屋駅

■午前、国立工芸館金沢21世紀美術館にご案内します。その後、金沢駅へ。

■午後、金沢駅より東京駅、大阪駅、名古屋駅へ。

ご自宅までお荷物を託送します。

各地からの発着時刻

往路:東京駅09:32~10:24発(北陸新幹線)金沢駅12:28~12:51着  復路:金沢駅13:57~14:47発(北陸新幹線)東京駅16:52~17:52着

往路:大阪駅10:12発(JR特急サンダーバード)金沢駅12:56着  復路:金沢駅13:54発(JR特急サンダーバード)大阪駅16:37着

往路:名古屋発09:48発(JR特急しらさぎ)金沢駅12:48着  復路:金沢駅13:48発(JR特急しらさぎ)名古屋駅16:49着

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
12月30日(金)発

旅行代金:¥268,000

東京駅発着


旅行代金:¥258,000

大阪駅・名古屋駅発着

※1名室利用追加料:¥20,000 おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。客室を2名で利用される場合はツインルームをお取りしておりますが、お一人部屋利用の場合はダブルルームとなります。
※金沢駅合流・離団可能:東京駅集合の料金から¥24,000引き 大阪・名古屋集合の料金から¥14,000引きとなります。

 

ワクチン・検査パッケージ適用ツアー(詳細はこちら)
「お荷物らくらくサービス」実施中です。(詳細はこちら)

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111