「びわ湖テラス」からの絶景も楽しみ

ロテル・ド・比叡で寛ぐ延暦寺と大原の里【3日間】

  • 集合場所:京都駅
  • 出発日: 4月20日(火) 、 4月27日(火) 、 5月11日(火)
  • 旅行代金:¥118,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
ロープウェイや坂本ケーブルなどを利用して比叡山を巡ります。
Point 2
延暦寺では朝のお勤めをご体験いただきます。
Point 3
大原エリアでは三千院、宝泉院に加え、寂光院も見学。

ツアープランナーより

京都から滋賀にまたがる比叡山一帯は日帰りで訪れることも多くありますが、山中にあるホテルにのんびり2連泊して広大な延暦寺をゆっくりと見学します。せっかく宿泊するので、荘厳な雰囲気を味わえる朝の勤行体験も組み込みました。京の里山、大原も合わせて訪問し、比叡山までは叡山ケーブル、叡山ロープウェイを利用してまいります。下りは日本一の長さを誇るケーブル坂本ケーブルを利用し、バスで通り過ぎるのではなく、乗り物にもこだわりました。キャリーケースなどのお荷物はバスで運びますのでご安心ください。

見どころのご紹介

山頂に連泊をしてのんびり延暦寺を楽しむ

1200年を超える延暦寺はその規模の大きさもさることながら、宿泊施設も多くないために京都と合わせて訪れ、日帰り観光になることがほとんどです。この度は比叡山延暦寺近くのホテル「ロテル・ド・比叡」に連泊をして、広大な延暦寺をのんびり観光します。また宿泊することで朝の勤行体験もしていただく行程としました。東塔エリアを中心にご覧いただきますが、自由時間も設けておりますので、ご希望の方は西塔エリアもご案内します。

延暦寺の大講堂 ©びわ湖大津観光協会
大講堂前の開運の鐘
比叡山山中にあるホテル ロテル・ド・比叡
ロテル・ド・比叡のロビー
大原 寂光院 ©寂光院

京都の原風景が残る大原を散策

京都市街地から外れたのどかな風景が広がる比叡山山麓にある大原。平安時代に大原寺(だいげんじ)が建てられたことから始まり、延暦寺俗化を嫌う僧が僧房や草庵を建てていったところで、長閑な風景と歴史ある寺院群の風格が漂う里山です。延暦寺と共に訪れることでその歴史を辿ります。

自然に囲まれた三千院
可愛らしい三千院のわらべ地蔵

延暦寺へのアクセスもこだわりました

バスでも京都から1時間足らずで訪れることはできますが、叡山詣での雰囲気を味わうために、叡山ケーブル、叡山ロープウェイを利用して山頂駅を目指します。下りは日本最長のケーブルカーである坂本ケーブルにて滋賀側へ降りていく行程としました。山道をバスでくねくね行くのではなく、公共交通機関での移動も楽しみます。※キャリーケースなどの大きな荷物は専用バスが運びます。

日本一の長さの坂本ケーブル
明智光秀ゆかりの西教寺 ©びわ湖大津観光協会

明智光秀ゆかりの西教寺も訪れます

大河ドラマ「麒麟がくる」の主人公、明智光秀ゆかりの寺で天台真盛宗の総本山が西教寺です。信長の比叡山焼き討ちで焼失した後、光秀によって復興され、明智一族の墓が祀られてます。西教寺の総門は坂本城の城門を移築したものです。

地図はこちらをご覧ください

ツアー日程

3日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
京都10:00 大原 八瀬比叡山口 比叡山17:30着

■京都駅ご集合。
■午前、バスにて京の里山・大原へ向かい、三千院宝泉院寂光院などを訪れます。
■午後、八瀬比叡山口より、ケーブルカーとロープウェイを乗り継ぎ山頂のガーデンミュージアムへ。
■夕刻、比叡山近くのホテルに到着。

【2連泊】(ロテル・ド・比叡泊)

2日目
比叡山(延暦寺)

■早朝、延暦寺にて朝の勤行体験。朝食後、比叡山延暦寺東塔エリの観光へ。
■午後、自由行動。

(ロテル・ド・比叡山泊)

3日目
比叡山09:00発 坂本 京都16:00着

■午前、日本一の長さを誇るケーブルカーにて下山します。その後、西教寺を訪れます。
■午後、びわ湖テラスからの絶景・延暦寺横川エリアを訪れてから京都駅へ。
■夕刻、京都駅に到着。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは3日間のコースです。

出発日 旅行代金
4月20日(火)発

旅行代金:¥118,000

4月27日(火)発

旅行代金:¥118,000

5月11日(火)発

旅行代金:¥118,000

※1名室利用追加料:¥15,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111