新年のお食事を北陸の名料亭で

老舗料亭「松月」での新春懐石 富山滞在の旅【4日間】

  • 集合場所:富山駅※/富山駅離団可能
  • 出発日: 12月31日(土)
  • 旅行代金:¥165,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
北前船の港町・岩瀬では、老舗料亭「松月」にて新年懐石をご用意しました。
Point 2
「立山あおぐ特等席」と呼ばれる富山の街に3連泊。
Point 3
日本のベニスと称される「内川」や、高岡では国宝「瑞龍寺」へご案内。

ツアープランナーより

 年末年始の富山に3連泊しながら、旬の味覚や立山連峰の冬景色など楽しむ旅をご用意しました。北前船の寄港地として栄えた岩瀬の老舗料亭「松月」では新年の夕食を。そして、日本のベニスと称される内川の散策や、高岡にある国宝・瑞龍寺の初詣にご案内します。

ツアーの見どころ

日本のベニス「内川」をご案内します

 日本海に面した富山県射水市の内川周辺は、北前船の中継地として栄えてきた町です。川べりには民家が立ち並び、川の両岸に漁船が連なって係留されている風景は、どこか懐かしさを感じさせ「日本のベニス」と称されています。内川にかかる橋はそれぞれに特徴があり、城をイメージした橋、赤い切妻屋根の端など様々です。

内川の散策をお楽しみください  ©(公社)とやま観光推進機構

北前船の港町・岩瀬 老舗料亭「松月」にて新年懐石をご用意しました

 江戸から明治にかけ、廻船問屋が軒を連ね、北国街道の要衝として栄えた岩瀬地区。歴史ある古民家には現在酒屋、蕎麦屋や菓子店に陶芸やガラスの工房などが入り、新たな文化の発信地として賑わっています。
 1911年創業の老舗料亭「松月」は、粋な“浜の旦那衆”に引き立てられ、高級料亭としての風格を育んできました。土塀と黒瓦が格式と格調を感じさせる重厚な建物が印象的です。新年1/1の夕食はこの松月にてご用意しました。

富山湾でとれた新鮮な魚介類を使ったお料理が新年を彩ります(イメージ)

1911年創業の老舗料亭・松月でのご夕食をお楽しみください

新年は国宝・瑞龍寺、風光明媚な雨晴海岸を訪れます

 高岡の瑞龍寺は、加賀藩百二十万石の財力を示す壮大な建造物です。加賀前田家2代当主前田利長の菩提寺でもあります。1997年に山門、仏殿、法堂が国宝に指定され、江戸初期の寺院建築として高く評価されています。初詣でにぎわう瑞龍寺に参拝します。

国宝・瑞龍寺 山門
高岡大仏

 そして、富山県屈指の景勝地・雨晴海岸へ。富山湾の背後に3000メートル級の立山連峰がそびえる雄大な眺めが楽しめるポイントですが、冬は立山連峰に雪が積もり、さらに美しく見えます。

立山連峰をのぞむ雨晴海岸(イメージ)
地図はこちらをご覧ください。

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
富山駅14:15集合

■富山駅に集合。

■集合後、徒歩にてホテルへ。

■荷物を置いた後、ライトレールにて富山市内へ。富山城址公園などへご案内します。

【3連泊】(富山:ホテルJALシティ富山泊)

2日目
富山09:00発 (新湊) 富山16:00着

■午前、自由行動。ご希望の方は初詣にご案内します。

■午後、新湊へ。「日本のベニス」と称される、内川の町の散策と、○新湊きっときと市場に立ち寄ります。

■夕刻、富山へ戻ります。

■夕食は、1911年創業の老舗料亭「松月」にて新年懐石をご用意しました。

(富山:ホテルJALシティ富山泊)

3日目
富山12:00頃発 (高岡) (雨晴海岸) 富山16:00着

■午前、バスにて高岡へ。瑞龍寺高岡大仏の見学へご案内します

■その後、氷見へ。昼食は氷見にて。

■午後、○雨晴海岸に立ち寄り、富山に戻ります。

(富山:ホテルJALシティ富山泊)

4日目
富山11:00発

■午前、自由行動。

■チェックアウト後、解散。

ご自宅までお荷物を託送します。

 

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
12月31日(土)発

旅行代金:¥165,000

※1名室利用追加料:¥30,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。

 

※富山駅集合 各地から集合の目安

【東京から】北陸新幹線はくたか561号 東京駅11:24発大宮駅11:49発富山駅13:56着

【名古屋から】高山本線ひだ3号 名古屋駅08:43発富山駅12:31着

【大阪から】北陸本線サンダーバード17号 大阪駅10:42発金沢駅13:20着 北陸新幹線つるぎ712号 金沢駅13:28発富山駅13:51着

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111