最北の城下町の老舗旅館に宿泊 北海道に一早く訪れる桜を愛でる

桜咲く春の松前の旅【3日間】

  • 集合場所:札幌駅
  • 出発日: 4月29日(木)
  • 旅行代金:¥128,000

ツアーコード: JP720T

パンフレットダウンロード

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
松前を代表する老舗「矢野旅館」に、桜の季節に連泊します。
Point 2
250種1万本の桜が咲く松前の桜をゆったり楽しみます。
Point 3
道南が誇る春の風物詩、北斗桜回廊を巡ります。

ツアープランナーより

北海道の最南端、日本最北の城郭を有する松前。交易の恩恵を受け、華やかな松前文化を育んだ町では、今も江戸風情を感じることができます。また、春の松前は北海道で桜前線が一早く到達し、屈指の規模を誇りさらにその魅力を増しています。その人気の季節に松前で一番の老舗「矢野旅館」に2連泊。松前の旬の味覚と若女将のおもてなしで注目されており、松前ではぜひ泊まってみたい宿です。この度は、松前に宿泊するからこそご覧いただける夜桜や、松前藩屋敷の一棟を特別手配し、花見と桜もちのお茶会もお楽しみいただきます。最北の藩が有した文化や歴史を感じ、趣ある松前の町を桜色に染まるシーズンに訪ねます。

見どころのご紹介

1万本の桜が華を添える 北海道随一の桜の町

藩政時代に植えられ、花守によって大切に育てられてきた松前の桜。春になると今も花を咲かせ、北海道内で有数の桜スポットとなっています。現在は松前生まれの100種を含む250種、数にして1万本以上の桜が咲き誇ります。光善寺の血脈桜等、名木の言い伝え等を地元ガイドに聞きながら松前公園を散策し、古地図に描かれた堀廻水路も訪れ、桜並木の遊歩道へご案内します。松前に宿泊するからこそご覧いただける、夜のライトアップされた松前城と夜桜も楽しみです。

桜咲く松前城で春をご満喫ください
光善寺の血脈桜は推定樹齢300年以上の古木です
夜桜の散策にもご案内します

特別プログラム 松前藩屋敷での花見とお茶会

江戸時代より、北前船交易で栄えた松前の町。松前藩の栄華を物語る松前藩屋敷では藩士が暮らした武家屋敷やニシン漁の番屋が並び、当時の様子を物語ります。この度は、北前船で昆布などの蝦夷地の産物を交易した「廻船問屋」の2階を貸し切り、美しいシダレ桜を前に花見と桜もちのお茶会のひと時をご用意しました。

江戸時代の松前を見事に再現した松前藩屋敷
廻船問屋の2階を貸し切り、お茶会を開催します ©松前観光協会
藩屋敷の見事なシダレ桜
松前の栄華を物語る十四棟の屋敷が並びます

人気のシダレ桜と桜トンネル 北斗桜回廊へ

旅の最後は北斗市へ。法亀寺の樹齢300年を超え、高さ12mで北海道内で最大級と言われるシダレ桜は一見の価値があります。また、道道96号線沿いには桜の名所が続き、清川千本桜の並木道、国指定史跡の松前藩戸切地陣屋跡へ続く桜トンネル等、遠方からも見物客を多く呼ぶ、道南屈指の春の風物詩をお楽しみください。

垂れ下がった枝いっぱいに咲く法亀寺のシダレ桜 ©2019一社)北斗市観光協会
ソメイヨシノが咲き誇る大野川沿いの桜並木
松前藩戸切地陣屋跡の桜並木のトンネルを訪れます ©2019一社)北斗市観光協会
松前の郷土と歴史が詰まった「藩主料理」がユニーク(イメージ)

城下町の老舗 矢野旅館を拠点に松前を楽しむ

昭和26年創業、松前で一番の老舗「矢野旅館」。地元の食材を生かした料理が自慢で、副菜や出汁には松前昆布にこだわり使用しています。この度は、矢野旅館特製の藩主料理をご用意しました。松前藩主の婚礼の祝膳を参考にし、現代の人の口に合うように仕上げたもので、鮑ごはん、クジラ汁等を、女将手作りの松前漬けと共にお召し上がりください。

ゆったりとした客室(イメージ)
源泉100%の茶褐色の温泉旅館でもあります
地図はこちらをご覧ください

桜を楽しむ春紀行シリーズ 全11コース掲載の地図はこちら

ツアー日程

3日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
札幌09:28発 新函館北斗13:23着 松前16:00着

■午前、札幌駅より、JR特急北斗にて新函館北斗駅へ。
■到着後、バスにて松前へ。
■到着後、北海道でいち早く訪れる桜前線、桜咲く松前公園の散策へご案内します。
■お泊りは、松前の老舗、矢野旅館です。
夜、ライトアップした松前城と夜桜の見学へご案内します。

(松前泊)

2日目
松前

■午前、桜咲く松前城を、歴史ガイドの案内と共にお楽しみください。また、松前藩屋敷にて、花見とお茶会のひと時もご用意しました。
■午後、自由行動。250種1万本の桜咲く松前公園の散策や、江戸風情を感じる城下通りにて老舗のお菓子屋巡り等をお楽しみください。
■夕食は、松前の郷土の味と歴史が詰まった、矢野旅館特製の「藩主料理」です。

(松前泊)

3日目
松前09:00発 北斗11:00着 新函館北斗14:54発 札幌18:47着

■朝、ご希望の方は、江戸後期の古地図にも描かれた松前城西側の堀廻水路の遊歩道へご案内します。
■午前、北斗桜回廊へ。法亀寺シダレ桜陣屋跡の桜トンネル大野川沿いの桜並木などへご案内します。
■午後、新函館北斗駅より、JR特急北斗にて札幌駅へ。
■到着後、解散。

※例年の桜の一般的な見頃に合わせてツアーを設定しておりますが、その年の気候に左右されるため、必ずしも「見頃」をご覧いただけるわけではございません。予めお含みおきください。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは3日間のコースです。

出発日 旅行代金
4月29日(木)発

旅行代金:¥128,000

※1名室利用追加料金:¥10,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

※現地合流離団:松前合流/松前離団 旅行代金から¥10,000引きとなります。

 

[東京駅からの参考交通機関]
【往路】
東京駅 09:36発(はやぶさ13号 新函館北斗行)-新函館北斗駅 13:33着

(東京からのご参加は、新幹線のご移動が便利です。上記新幹線をご利用予定の方は、事前にツアー担当にお知らせください)

 

【復路】
新函館北斗駅 14:48発(はやぶさ34号 東京行)-東京駅 19:04着

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111