こだわりの宿 人吉あゆの里とラビスタ霧島ヒルズでゆったり寛ぐ

1月、2月の限定企画 冬の風物詩 日本一と謳われる「出水のツル」と人吉温泉の旅 【5日間】

  • 集合場所:羽田空港、伊丹空港、中部空港、博多駅※熊本空港合流/鹿児島空港離団可能
  • 出発日: 1月15日(日) 、 1月22日(日) 、 1月29日(日) 、 2月12日(日) 、 2月26日(日)
  • 旅行代金:¥198,000~¥228,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
早朝にツルの群れが飛来する圧巻の風景を見学します。
Point 2
人吉ではリニューアルした老舗温泉旅館に連泊滞在いたします。
Point 3
霧島温泉では南欧風リゾートホテルに宿泊いたします。

ツアープランナーより

南九州の冬の風物詩、鹿児島県出水のツルの飛来を朝日の時間帯に鑑賞します。あわせて歴史薫る城下町・人吉に滞在。約1年間の休業・改装を経てリニューアルオープンした老舗「清流山水花 あゆの里」での上質なひと時をお楽しみください。人吉では城下町の散策だけでなく、郊外の知られざる見所にも足を延ばします。また、霧島温泉では南欧風リゾートホテルに宿泊。露天風呂が備え付けられた客室でお寛ぎいただきます。

日本一と謳われるツル飛来地・出水 冬の早朝に圧巻の風景を

鹿児島の出水には、秋になると越冬のためにシベリアから1万羽を超えるツルが飛来し、早春まで滞留します。飛来数とその種類では日本一。早朝、ねぐらである干拓地からその数一万羽ともいわれるツルがいっせいに飛び立つ光景は圧巻のひとことです。

朝日を背景に一斉に飛び立つツルの群れ(イメージ)
常時5種類ほどのツルが観測できるといわれます 🄫K.P.V.B
(イメージ)
朝日が昇った後はさらにその圧巻の羽数に驚きます (イメージ)

城下町・人吉 リニューアルオープンした温泉旅館で寛ぎのひとときを

清流山水花 あゆの里は、球磨川河畔に佇む昭和20年創業の人吉を代表する老舗旅館です。約1年間の休業・改装工事を経て昨年、リニューアルグランドオープンを果たしました。リニューアルによって「球磨焼酎ラウンジ」や人吉を一望する「天空のテラスKUMAGAWA」など館内設備が一新。伝統とモダンが程よく織り交ぜられたデザインに上品なセンスを感じることができます。この度は窓から球磨川の眺望を楽しめるお部屋をご用意しました。

球磨川沿いに佇む旅館「清流山水花 あゆの里」
球磨川と人吉城址を一望する天空のテラスKUMAGAWA
球磨焼酎ラウンジ
ラウンジ
客室 大きな窓の外には球磨川が流れています(イメージ)

人吉・球磨地方の旬の味覚、温泉をお楽しみください

清流山水花 あゆの里は和洋二人の料理長が作り出すお料理にも定評があります。朝晩の寒暖差が大きい球磨地方の味の濃い野菜や、日本一の水質を誇る川辺川(球磨川の支流)の魚など地元食材をふんだんにつかったお料理をお楽しみください。(食材は季節によって異なります。)
また、館内には自家源泉を引き入れた2か所の大浴場と足湯、さらには飲泉まで備え、温泉好きにはたまりません。連泊滞在いたしますので、どうぞゆっくりと湯浴みをお楽しみください。

鮎のお造り(6月視察時に撮影。季節によってメニューは異なります)(イメージ)
センスの良い空間に仕立てられた足湯

城下町 人吉で歴史散策

 九州山地に囲まれた人吉は、鎌倉時代から明治維新までの約700年間、相良氏が治めてきた城下町です。806年創建の国宝・青井阿蘇神社や石畳が敷き詰められた鍛冶屋通り、武家屋敷などにその名残があり、日本遺産にも選定されています。昼食は明治31年創業の老舗「丸一そば」がおすすめです。有名グルメガイドブックにも掲載された地元で長く愛される名店です。

国宝 青井阿蘇神社
武家屋敷 ©熊本県観光連盟
城下町の職人街近くに店を構える丸一そばがおすすめです
香り豊かな蕎麦と九州らしい甘めのつゆがよく合います(イメージ)

人吉近郊の見所へも足をのばします

ひみつ基地ミュージアムは太平洋戦争末期につくられた人吉海軍航空基地の様々な施設を保存・展示している新しいミュージアムです。終戦から現在にいたるまで風景が大きく変わっていないのが特徴で、当時の海軍兵が見ていたままの風景を体感することができます。また、九州本土最大級の鍾乳洞・球泉洞では鍾乳石が作り出す神秘的な光景をお楽しみください。

ひみつ基地ミュージアム 九三式中間練習機(通称:赤とんぼ)の実物大模型が展示されています
多数の地下施設など、当時の海軍兵が見ていたままの風景を体感することができます
球泉洞 ©熊本県観光連盟

霧島温泉では南欧風リゾートホテルに宿泊

霧島では温泉郷のなかでも錦江湾と桜島を望む一等地に佇むリゾートホテルに宿泊です。すべてのお部屋に天然温泉露天風呂が備え付けられています。夕食は地元食材をつかったイタリアンのコースをご用意しました。人吉・あゆの里とはまた一味違う寛ぎの空間をお楽しみください。

錦江湾と桜島を望む高台に建つ「ラビスタ霧島ヒルズ」
露天風呂を備えた客室(イメージ)
外観
食事(イメージ)
地図はこちらをご覧ください。

ツアー日程

5日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
各地 午前または午後発 熊本空港 午後着 熊本 出水18:00着

■午前または午後、各地より航空機にて熊本空港へ。(1/29発は博多駅より新幹線にて熊本駅へ)

■着後、専用バスにて熊本市内へ。修復が進む●熊本城の見学。

■夕刻、出水市内のホテル「泉國邸(せんごくてい)」にチェックイン。

(出水泊)

2日目
出水(ツル観測センター、武家屋敷)06:00発 球泉洞 人吉温泉16:00着

■朝、数万羽というツルの群れが飛来する圧巻の眺めを参観(※)。その後、宿に戻り朝食の後にチェックアウトします。

■午前、重伝建の町出水の古い町並を散策。○上級武士の屋敷などを訪ねます。

■午後、バスにて球泉洞へ。45分ほど洞窟内の見学を楽しみます。

■夕刻、人吉温泉のこだわりの宿「清流山水花 あゆの里」へ。球磨川ビューの客室でゆっくり2連泊です。

【2連泊】(人吉温泉泊)

3日目
人吉温泉(ひみつ基地ミュージアム、青井阿蘇神社、武家屋敷)

■午前、近郊のひみつ基地ミュージアムへ。昭和18年、山中の球磨盆地に建設された日本海軍の「人吉基地」が、平成25年に発見されました。専門ガイドがご案内します。

■午後、国宝の○青井阿蘇神社を参拝。○武家屋敷などを見学して宿に戻ります。夕食までは、ゆっくりとお寛ぎください。

(人吉温泉泊)

4日目
人吉温泉09:00発 曽木の滝 霧島アートの森 霧島神宮 霧島温泉16:00着

■バスにて曽木の滝へ。

■その後、草間彌生のオブジェが迎える霧島アートの森ミュージアムへ。国内外のアーティスト23人のユニークな作品を楽しみます。

■午後、○霧島神宮を参観。

■夕刻、落ち着いた雰囲気の南欧風ホテル「ラビスタ霧島ヒルズ」にチェックイン。

(霧島温泉泊)

5日目
鹿児島空港 午後発 各地 午後着

■午前、和気清麻呂を祀る○和氣神社を参拝します。

■午後、航空機にて各地空港へ。(1/29発は鹿児島中央駅より新幹線にて博多駅へ)

ご自宅までお荷物を託送します。

※野生動物のため、ご覧いただけない場合がございます。

※各地からの移動スケジュールは以下です

【羽田空港発着】往路)羽田空港11:45発熊本空港13:40着 復路)鹿児島空港14:20発羽田空港15:55着

【中部空港発着】往路)中部空港13:25発熊本空港14:55着 復路)鹿児島空港16:45発中部空港18:00着

【伊丹空港発着】往路)伊丹空港11:35発熊本空港12:45着 復路)鹿児島空港13:05発伊丹空港15:05着

【博多駅発着】 往路)博多駅12:44発熊本駅13:23着 復路)鹿児島中央駅12:35発博多駅14:10着

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは5日間のコースです。

出発日 旅行代金
1月15日(日)発

旅行代金:¥228,000

※名古屋発着

1月22日(日)発

旅行代金:¥228,000

※羽田空港発着

1月29日(日)発

旅行代金:¥198,000

※博多駅発着

2月12日(日)発

旅行代金:¥228,000

※伊丹空港発着

2月26日(日)発

旅行代金:¥228,000

※羽田空港発着

おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金¥50,000にて承ります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111