京の歳時記 特別編

京都三大祭り 時代祭りと京都再訪の旅【4日間】

  • 集合場所:京都駅
  • 出発日: 10月21日(金)
  • 旅行代金:¥168,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
京都三大祭りのひとつ「時代祭り」の有料観覧席を確保してご覧いただきます。
Point 2
落ち着いた京の風情を残す哲学の道周辺をじっくりと巡ります。
Point 3
2022年7月開業の「京都東急ホテル東山」に3連泊。

ツアープランナーより

明治維新から平安京が造営された延暦時代まで、1000年間にわたる時代ごとのスタイルに市民約2000人が扮して、京都のまちを練り歩く「時代祭り」。平安神宮の大祭ですが、京都の伝統工芸技術を内外に披露することを主眼としているため、使用する衣裳や祭具の一つ一つが、厳密な時代考証をもとに作製された本物であることが特徴です。この度は平安神宮まで徒歩圏内のホテル「THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel」(2022年7月開業)に3連泊し、京都の秋を代表する祭りを楽しみます。ただ行列を参観するだけではなく、より印象深く祭りをお楽しみいただけるよう、事前に平安神宮の神職より祭りの解説もいただく機会も設けました。
あわせて「南禅寺菊水」や「料理旅館 吉田山荘」でのお食事や、日本画家・橋本関雪の理想郷ともいえる「白沙村荘 橋本関雪記念館」など、南禅寺や岡崎、銀閣寺周辺を探訪いたします。

見どころのご紹介

京都三大祭りのひとつ「時代祭り」を有料観覧席でご案内

 平安遷都1100年を記念して明治28(1895)年に始まった時代祭は、平安神宮の大祭です。明治維新時代から平安京の造営された延暦時代まで、約2000人の市民が、時代時代のスタイルに扮して、京都のまちを練り歩く時代風俗行列がみどころです。鳴り物入りで登場する維新勤王隊から延暦時代まで、1000年を約2時間で見ることができる時代風俗行列。総勢およそ2000人の市民が、桂小五郎、西郷隆盛、織田信長といった京で活躍した歴史上の人物に扮して次々と京の町に現れます。このたびは、有料の観覧席を確保して、着席でゆったりと時代行列をお楽しみいただける行程といたしました。雨天順延時も予備日を設けておりますのでご安心ください。時代祭りの前日には平安神宮を訪問し、神職の方より時代祭りについての解説とともに正式参拝する機会も設けました。

平安時代婦人列(巴御前)
織田信長上洛行列

風情ある哲学の道を中心に、京都再訪の方もお楽しみいただける行程に

 銀閣寺と南禅寺の間を結ぶ、約2kmに渡る散歩道が哲学の道です。京都大学教授 西田幾多郎が、毎朝この道を歩いて思想に耽っていたことにちなんで名付けられたこの道は、琵琶湖疎水の流れと日本画家橋本関雪が寄贈した関雪桜が四季折々で風情豊かな姿を見せてくれます。東山や嵐山といった京都観光の中心とはまた違った落ち着いた風情が残っています。沿道には京都五山でも別格とされる南禅寺をはじめ、「みかえり阿弥陀」で知られる永観堂(禅林寺)など見逃せない名刹も並びます。

南禅寺の「水路閣」
緑豊かな永観堂

京都画壇の文人画家が半生をかけてつくり出した「文人の理想郷」白沙村荘

 哲学の道を訪ねるうえで、忘れてはならないのがこの地を愛した橋本関雪です。銀閣寺の参道にひっそりと佇む緑深い庭園。ここは、大正から昭和にかけて京都画壇で活躍した日本画家、橋本関雪が半生をかけて作り上げた「文人の理想郷」白沙村荘です。敷地内には大正〜昭和初期に建築された居宅、日本画の制作を行っていた3つの画室、茶室、持仏堂などの建造物が散在しており、庭園には平安から鎌倉時代にかけての石像美術品が多く置かれています。庭園そして建造物の設計も橋本関雪の手によるもので、彼の美意識が随所に反映されています。

橋本関雪のアトリエ兼邸宅を残す白沙村荘
敷地内には画室や茶室が点在しています。

南禅寺菊水や吉田山荘、岡崎周辺を代表する美食を堪能

 明治、大正期から政財界の実力者の別荘がこぞって造られた岡崎周辺は、食のレベルも非常に高く、名店が軒を連ねます。今回は、その中でも美食で名高い名店のお食事をご用意。南禅寺参道のオーベルジュ、菊水では南禅寺名物の湯豆腐をご用意、美しい庭園も見どころです。最終日にご案内する吉田山荘は、昭和天皇の義弟、東伏見宮が京都大学に通うために別邸として建てられた邸宅を改装した料理旅館。総檜造りの邸宅は格式の高さを感じさせます。邸内でゆっくりと京懐石をお楽しみください。敷地内の洋館カフェ「真古館」も風情がある建築です。

総檜造りで作られた旧伏見宮別邸「吉田山荘」
秋の会席をお楽しみください。(イメージ)

2022年7月開業の「京都東急ホテル東山」に3連泊

宿泊は今年7月開業の新ホテル「THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel(京都東急ホテル東山)」です。東海道、中山道の京の入口にあたる三条通りの粟田口に開業、和の美しさと現代的な機能性の両立を追求した客室や、3つの趣の異なるプライベートバスが特徴の快適なホテルです。時代祭りの舞台、南禅寺や2020年オープンの京セラ美術館も徒歩圏内です。ホテル内の京フレンチ、ナナノイチでのお食事もお楽しみください。

THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel
THE HOTEL HIGASHIYAMA内「ナナノイチ」の料理(イメージ)

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
京都12:30集合 THE HOTEL HIGASIYAMA 平安神宮

■京都駅に集合後、2022年7月開業の「THE HOTEL HIGASHIYAMA by Kyoto Tokyu Hotel」へ。

■その後、●平安神宮へ。神職による時代祭りの解説と正式参拝。●神苑見学もお楽しみください。

■夕食はホテル内の京フレンチ「ナナノイチ」にて。

(THE HOTEL HIGASHIYAMA by京都東急ホテル泊)

2日目
THE HOTEL HIGASHIYAMA 岡崎の散策 時代祭り鑑賞

■午前、徒歩にて岡崎周辺の散策へ。●無鄰菴、●琵琶湖疎水記念館にご案内します。

■昼食は南禅寺菊水にてご用意いたしました。

■午後、京都三大祭りに数えられる時代祭りの行列を有料観覧席にて鑑賞します。

(THE HOTEL HIGASHIYAMA by京都東急ホテル泊)

3日目
THE HOTEL HIGASHIYAMA 永観堂・南禅寺

■午前、●禅林寺(永観堂)、○南禅寺水路閣にご案内します。

■午後、自由行動です。(時代祭りが雨天順延となった場合は、この日にご案内します。)

■夕食は東伏見宮別邸として建てられた料理旅館吉田山荘にて。

(THE HOTEL HIGASHIYAMA by京都東急ホテル泊)

4日目
THE HOTEL HIGASHIYAMA 白沙村荘 京都駅14:00頃解散

■午前、●銀閣寺を訪問。

■その後、●白沙村荘橋本関雪記念館にご案内します。

■昼食は館内のイタリアン「NOANOA」にて。

■その後、京都駅へ。京都駅着後、解散。

ご自宅までお荷物を託送します。

※開催スケジュールは変更となる場合がございます。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
10月21日(金)発

旅行代金:¥168,000

※1名室利用追加料:¥40,000

おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。客室を2名で利用される場合はツインルームをお取りしておりますが、お一人部屋利用の場合はダブルルームとなる場合がございます。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111