私たちのつくる旅

優雅なひとときを楽しむ 金沢・加賀・七尾の旅【4日間】

  • 集合場所:東京駅※金沢駅合流/金沢駅離団可能
  • 出発日: 11月9日(水) 、 11月16日(水)
  • 旅行代金:¥199,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
女性社員の目線からご案内する、お一人様でもご参加いただきやすい金沢3連泊の旅をご提案。
Point 2
個人では訪れにくい金沢近郊の風情ある町、七尾や加賀を紅葉の時期に訪ねます。
Point 3
国内外から評価の高いフレンチ「ラ・クロシェット」のディナーや加賀料理など、お食事にもご注目ください。

ツアープランナーより

国内旅行を本格的に開始して2年。国内旅行でお客様と接することで見えてきた「お客様にお楽しみいただける旅」を目指して、ワールド航空の女性社員がお届けする新企画「私たちのつくる旅」。京都、宝塚の旅に続く第二弾となる今回は、日本を代表する伝統息づく町、金沢を舞台に華やかで優雅なひとときをお楽しみいただける行程といたしました。金沢では移動に便利な、香林坊の中心に位置する金沢東急ホテルに3連泊。個室をご利用いただき、気ままにのんびりと旅をお楽しみいただきたいとの思いからお一人様でもご参加いただきやすい設定としております。金沢を拠点にご案内するのは、個人では訪れにくい訪問地ながら、深く見ていくと魅力の深い訪問地、七尾と加賀の2つの町。2つの町を視察し、地元の方々との打ち合わせを経てぜひ皆様にご案内したい旅が出来上がりました。可愛らしいお食事で北陸きっての女性に人気のフレンチ「ラ・クロシェット」でのディナーや地元の加賀料理など、ちょっと欲張り?なお食事にもご注目ください。 東京支店 渋江恭子 田澤桃菜 萩原洋子

見どころのご紹介

私たちのおすすめ①:羽咋の一つ星レストラン「ラ・クロシェット」でのディナー

橋田シェフと弊社渋江、田澤。フランスの旅担当ということもあり、話が弾みました。

 世界的レストランガイドブックでも評価の高い羽咋(はくい)市のフレンチレストラン「ラ・クロシェット」。味はもちろん、その可愛らしい見た目も相まって女性に人気のレストランです。オーナーシェフの橋田祐亮さんは、東京で料理を学んだ後渡仏、ロット=エ=ガロンヌの三つ星『ミシェル・トラマ』に始まり、オーヴェルニュ、ブルターニュ、バスク、ブルゴーニュなど各地の星付きレストランで腕を磨いた実力派。3年間働いたカンヌの二つ星『ヴィラ・アルカンジュ』では、スーシェフに。カンヌ国際映画祭でVIPの料理も手がけたそうです。11月はこの時期限定の香箱蟹が仕入れられる時期ということで、香箱蟹をアレンジしたメニューをお願いしてきました。

見た目も可愛いラ・クロシェットの料理(イメージ)
時期限定の香箱蟹をアレンジしたメニューをお願いしました。(イメージ)

私たちのおすすめ②七尾と和倉のアート空間を巡る

 2日目は金沢から北へ足を延ばします。和倉温泉といえば温泉地として有名ですが、そこにある町「七尾」をご存知でしょうか。古くから能登統治の中心として栄えた城下町で、明治期には北前船の寄港地として栄えた港町です。中心となる一本杉通りには醤油や昆布、造り酒屋、和ろうそく、仏壇店など昔ながら名店が軒を連ねます。中でも私たちが注目したのは、周辺のアート空間です。和倉温泉郊外の青林寺にある客殿は庭の景観が鏡のように机に映る絶景が話題を呼び、近年参拝者が増えている訪問地です。他にも加賀友禅で作られた婚礼道具「花嫁のれん」を展示する「花嫁のれん館」や、ガラス芸術が日本海に映える「能登島ガラス美術館」、七尾出身の世界的パティシエ辻口博啓氏のパティスリー兼美術館「ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ」へもご案内。アートの街金沢に負けず劣らずの七尾アートを心ゆくまでお楽しみください。

青林寺客殿は大正天皇の休憩所として設えられたもの。庭の景観が美しく机に反射します(6月の視察時に撮影)
一本杉通りには老舗の名店や風情ある商店が並びます
能登島ガラス美術館では日本海とガラス彫刻作品が織りなす風景が楽しめます

私たちのおすすめ③:北陸随一の古刹、白山信仰の地 紅葉の那谷寺へ

 3日目は金沢から南へ。加賀の地を訪れます。この地を語るうえで外せないのが那谷寺(なたでら)です。創建は奈良時代の717年と言われ、今年で1,300年を数える古刹です。この地では白山が自然の神として信仰を集め、那谷寺はその信仰の中心となってきました。自然信仰の寺院らしく、境内には小堀遠州作庭の苔の庭や奇岩が連なる独特の庭園が広がり、古くから景勝地としても知られてきました。今回は那谷寺の庭園が色づく紅葉の時期にあわせての訪問といたしました。重要文化財の書院や庭園、三尊石などを含んだ特別拝観でご案内します。

奇岩と紅葉の調和した那谷寺(イメージ)

私たちのおすすめ④:北大路魯山人ゆかりの加賀へ

 美食家、篆刻家、書道家、文筆家など、各方面において優れた才能を発揮した北大路魯山人。その陶芸の才能を開花させたのが加賀、山代温泉でした。若き日の魯山人は、山代温泉の地で看板を彫るなどの仕事をしながら陶芸を学び、その才能を開花させました。魯山人が最初に陶芸を学んだ「須田菁華」や、魯山人が滞在し、山代の旦那衆が集まってサロンを開いた寓居跡「いろは草庵」などゆかりの地を訪れます。石川県立九谷焼美術館では、北前船を通じて日本全国へ、そして世界へと広がった九谷焼の世界をお楽しみください。

魯山人が陶芸を学んだ名窯、須田菁華
店内には魯山人ゆかりの展示も

より詳しい生の情報をお届け!視察レポートはこちらをご覧ください。

地図はこちらをご覧ください。

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
東京駅 09:20発 金沢駅 11:53着 ひがし茶屋街 工芸ギャラリー巡り

■午前、東京駅より北陸新幹線にて金沢へ。

■金沢着後、「山乃尾」にてのどぐろ御膳の昼食。

■午後、ひがし茶屋街へ。注目のギャラリー&工芸セレクトショップで、店主から若手工芸作家たちの思いや個性が詰まった作品の奥深さに迫ります。

【3連泊】(金沢泊)

2日目
金沢 09:00発 七尾 能登島 羽咋 金沢 20:00着

■午前、バスにて金沢より七尾へ。●花嫁のれん館、○一本杉通りの散策へ。

■その後、○能登食祭市場にて自由食。

■午後、能登島へ渡り、●石川県立能登島ガラス美術館へ。

■その後、●青林寺を訪れ、和倉温泉へ。

■七尾出身のパティシエ辻口博啓氏の手がける○ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュにも立ち寄ります。

■夕刻、羽咋へ。夕食は海外のレストランガイドブックでも評価の高いフレンチ「ラ・クロシェット」にてお召し上がりください。

■食後、金沢に戻ります。

(金沢泊)

3日目
金沢 09:00発 那谷寺 九谷焼美術館 ばん亭での加賀料理 丸八製茶場 金沢

■午前、金沢よりバスにて加賀温泉郷へ。庭園の美しい那谷寺、魯山人の寓居跡●いろは草庵●石川県九谷焼美術館を訪れます。

■午後、昼食はばん亭にて加賀料理をお召し上がりください。
■その後、焙じ茶を好まれた昭和天皇に献上した献上加賀棒茶で知られる○丸八製茶場を訪ねます。

(金沢泊)

4日目
金沢 金沢駅 12:57発 東京駅 15:52着

■午前、自由行動です。金沢の滞在をお楽しみください。

■午後、金沢駅より北陸新幹線にて東京駅へ。

■東京駅着後、解散。

ご自宅までお荷物を託送します。

※例年の紅葉の見頃にあわせて設定しておりますが、その年によって見頃は前後します。あらかじめご了承ください。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
11月9日(水)発

旅行代金:¥199,000

11月16日(水)発

旅行代金:¥199,000

※おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金¥20,000にて承ります。
(シングルルーム 19㎡のご利用となります。)

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111