驚嘆すら覚える 非日常の極み

驚きの劇的金箔空間と三重の話題リゾートVISONの旅【4日間】

  • 集合場所:新神戸駅
  • 出発日: 11月15日(火) 、 11月29日(火)
  • 旅行代金:¥198,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
金箔表面積世界ナンバーワンとしてギネス世界記録®に認証登録のエントランスホールに驚かされる、ホテル川久のカワキュウスイートで贅沢な一夜を。
Point 2
2021年9月にグランドオープンした、話題のリゾートVISON(ヴィソン)では、バル巡りはいかがでしょう。
Point 3
人気の大塚国際美術館(鳴門)では、ゆっくり3時間、十分にお時間をおとりしました。

ツアープランナーより

「ちょっと驚きの空間」が南紀白浜の「ホテル川久(カワキュウ)」。1993年には優れた建築として村野藤吾賞を受賞。また2020年には、エントランスホールの金箔天井が表面積世界ナンバー1として、ギネス世界記録🄬に認定登録されています。
一度泊まるとリピートされるお客様が多いこの「驚きの空間」は、「非日常の極み」と言ってよいでしょう。
では「論より証拠」。視察画像を多めにして、ビジュアルにご紹介しましょう。

見どころのご紹介

驚嘆すら覚える 非日常の極み 驚きの劇的金箔空間に泊まる南紀白浜 ホテル川久(カワキュウ)

「ホテル川久」の金箔天井とローマンモザイクのエントランスに度肝を抜かれて、客室へ。ところが、室内は至ってオーソドックスなオーシャンビュースイートで、家具、内装は上質。そして、大きな窓からの田辺湾の眺め、と申し分ありません(和室タイプと洋室タイプ有り)。洗面も広く、優雅な気分になること請け合いです。

2階のミュージアムスペースには、絵画が、そして、ロビーの一角には中国の工芸作品がズラリと展示されていて、また古い木製むくのピアノ(スタンウェイ)は、初めてお目にかかるレアな作品ですが、もちろん現役で、時々コンサートも催すとのこと。総工費400億という巨額を投じた「ホテル川久」。何から何まで非日常の極みです。

金箔天井のエントランスホール
スタンウェイアンドサンズ社のグランドピアノ
(1F)
カワキュウスイートは、約100㎡と広々
ローマンモザイクの床はイタリア人職人が手作業で埋め込んだもの(ロビーラウンジ「ミュゼ」)
ご覧の通り、豪壮な外観です
(横山大観)

2020年に川久ミュージアムとして一般公開がスタートした2Fの美術館スペース。宿泊客は平山郁夫、ダリなどの作品も、自由に楽しめます

(レオナールビュッフェ)

自慢の「王様のブッフェ」。セットメニューより断然人気というだけに、流石のバリエーションとお味でした。素敵な器には「小柱とエビのフラン」(フレンチ)が
夜景も幻想的です

大塚国際美術館では、ゆっくり3時間

人気の巨大美術館では、世界の名作を存分に。かつて当地でご覧いただいた原作を思い出いしたり、初めて出会う作品もあったり、と、あっという間に時間が過ぎてゆきます。ゆっくりと3時間おとりしました。

「システィーナホール」は、このミュージアムのシンボル
「モナリザの微笑」ルーブルを思い出します
「ポンペイ遺跡」のベンガラ色の見事なこと
ミュージアムショップも立派です

「醤油の始まり」。和歌山唯一の重伝建「紀州湯浅」

宿場町でもあった「紀州湯浅」。白壁の土蔵、格子の美しい町家が並ぶ町並みを歩けば今に息づく伝統と文化が感じられます。

「角長(かどちょう)」は天保12年(1841年)の創業。店主、「加納長兵衛」の名は初代からの世襲名で、本店舗のほか別棟の資料館、別店舗の国道店などがこの湯浅のシンボルのような存在になっています。

本店の女将さんオススメが「粉末醤油」で、これは海外旅行にはもってこいの逸品、思わず購入。

角長本店
角長本店
角長の女将さん 如才ない方で、おすすめ上手
「粉末醤油」は外国旅行にぴったり

昔の銭湯「戎湯(えびすゆ)」は、今は郷土資料館となり、往時の暮らしの様子を知る貴重な存在です。

話題のリゾートVISON

2021年9月グランドオープンしたばかり。今、話題の日本最大級の商業施設VISON(ヴィソン)。バスク地方サンセバスチャンと友好的なここ三重県多気町に、約70店の「食と文化」が集結。「サンセバスチャン通り」でスペインバル巡りはいかがでしょう(客室は40平米、広々です)。

VISONのホテル棟全景
客室と同等の広いテラスからは多気の大自然を望みます(イメージ)

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
新神戸駅 10:30発 淡路島 大塚国際美術館 鳴門リゾート 17:00着

■新神戸駅、集合。バスにて、淡路島へ。淡路島にて軽い昼食にご案内。

■午後は、人気の巨大美術館へ。●大塚美術館では、3時間しっかりとゆとりをもっての参観です。

■ホテルは海を望むアオアヲナルトリゾートです。

(鳴門:アオアヲナルトリゾート泊)

2日目
県立文学書道館(瀬戸内寂聴記念館) 徳島港 11:00発 和歌山港 13:05着 紀州湯浅 白浜(ホテル川久 カワキュウスイート) 16:30着

■朝、●瀬戸内寂聴記念室を参観。

■徳島港から南海フェリーにて和歌山港へ。

■和歌山唯一の重伝建「○紀州湯浅」を散策。江戸、明治の風情がよく残ります。

■白浜のホテル川久へ。ギネス世界記録®に「世界一の金箔天井」として登録された驚きのロビーホールの空間には、ちょっと狂気すら覚えます。2階は「川久ミュージアム」として大観、ダリ、シャガール、平山郁夫などの作品30点ほどが並び、こちらも一般公開されています。

■夕食は、自慢の「王様のブッフェ」をお楽しみください。

(白浜:ホテル川久 カワキュウスイート泊)

3日目
白浜 10:00発 串本 潮岬 トルコ記念館 VISON(ヴィソン)16:30着 (バル巡りなど)

■本州最南端○潮岬と島めぐりドライブ。トルコ皇帝の特使を乗せたエルトゥールル号遭難(1890年)の○慰霊記念碑と●トルコ記念館を訪ねます。

■北上して、2021年秋にグランドオープンした三重県多気(サンセバスチャンと友好関係)のVISON(ヴィソン)リゾートへ。「サンセバスチャン通り」には、カフェやショップ、そしてレストランが並んでいます。バル巡りで、ピンチョスとワインの食べ歩きなどでお楽しみください。

(多気:ホテルヴィソン泊)

4日目
VISON(ヴィソン)10:00発 関宿 名古屋駅 15:00着

■チェックアウトまで、ゆっくりとお過ごしください。

関宿(重伝建)で休憩、ランチ。

■名古屋駅にて解散。

ご自宅までお荷物を託送します。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
11月15日(火)発

旅行代金:¥198,000

11月29日(火)発

旅行代金:¥198,000

※1名室利用追加料:¥40,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111