春を楽しむ

春めく道南 桜咲く函館・松前といさりび鉄道の旅【4日間】

  • 集合場所:羽田空港※函館空港合流/函館空港解散可能
  • 出発日: 5月5日(水)
  • 旅行代金:¥198,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
春の函館に3連泊。五稜郭タワーから桜並木をご覧いただきます。
Point 2
250種、1万本以上の桜が咲く道内屈指の名所・松前町を訪れます。
Point 3
いさりび鉄道に体験乗車。北斗市、森町の桜の名所へご案内します。  

ツアープランナーより

例年5月上旬ごろに桜の見ごろを迎える道南。このたびは春の桜景色が自慢の町々にスポットを当て、函館に3連泊しながらご案内いたします。北海道唯一の城郭が残る松前町では、約250種、数にして1万本以上の桜が咲き誇る松前城と城下町の散策を楽しみ、いさりび鉄道が走る北斗市では、国内でも珍しい大木が圧巻の法亀寺のシダレ桜をご覧いただきます。また道南の名峰・駒ヶ岳の眺望が見事な森町では、森町でしか見ることのできない自慢の固有種の桜たちが咲き誇っています。函館市内では、街歩きのしやすい「函館国際ホテル」に3連泊。レトロな街並みが可愛い元町の街歩きも組み込み、函館市内も満喫できる4日間に仕上げています。

見どころのご紹介

幕末・明治薫る 春の函館に3連泊

安政6年(1859年)、国内初の対外貿易港として開港した函館。欧米列強の領事が滞在した旧市街には、明治期以降に建てられた教会や洋館が残り、ロシアやイギリスの影響を受けた異国情緒な雰囲気が魅力です。この度は、桜色に染まる特別な季節を迎えた五稜郭へも訪れ、展望台からのパノラマもご覧いただきます。ベイエリアよりほど近い「函館国際ホテル」での3連泊を確保。赤レンガ倉庫の散策や函館名物の食べ歩きにも最適な立地です。

五稜郭タワーの上から見た桜の景色は圧巻です。 ©Goryoukaku Tower
元町のカトリック教会。かつての貿易港の名残が町に点在しています。
現在はギャラリーやお土産屋が連なる金森倉庫。ツアー中一度は訪れたいところです。
百年の歴史を持つ公会堂。函館を代表する建物です。

江戸時代より慈しまれた、250種の桜を愛でる

美しき北の小京都、松前町。蝦夷地の交易を独占することで繁栄した松前氏が築いた、北海道唯一の城下町です。最北の城郭や藩屋敷へご案内し、石畳の路に入ると和の風情を感じることができます。また、北海道でも有数の桜の町としても知られ、春には松前城を取り囲む1万本の桜が順に開花時期を迎え、約一か月間桜を楽しむことができます。

桜景色とともに訪れる松前城。
藩屋敷を象徴するシダレ桜も必見です。

道南の田舎風景に映える桜並木と名峰駒ヶ岳を眺める

海岸沿いを走るいさりび鉄道に乗車し、北海道新幹線のスタート地点でもある北斗市を訪れます。かつて松前藩の陣屋が置かれた戸切地陣屋跡や見事なシダレ桜の法亀寺、清川の桜並木を巡ります。また道南の名峰・駒ヶ岳の麓にある自然豊かな海辺の森町へも立ち寄り、世界でも森町でしか見られない桜の固有種が咲くオニウシ公園などへご案内します。

遠方からも観光客が訪れる法亀寺の見事なシダレ桜。 ©2019一社)北斗市観光協会
北斗桜回廊の桜トンネルも人気です ©2019一社)北斗市観光協会

兜のようなユニークな姿の駒ヶ岳と桜の景色が美しい森町。

立地の良い「函館国際ホテル」に3連泊

JR函館駅まで徒歩約10分、ベイエリアまでは5分程度と、観光に適した立地の函館国際ホテルに3連泊。本館13階には天然温泉展望大浴場が完備されており、夜にはベイエリアの夜景を温泉に浸かりながらご覧いただけます。周辺の朝市や横丁等、函館の食を楽しむにも便利で、市内の循環バスや市電に乗車しての散策もお勧めです。

JR函館駅まで徒歩約10分の便利な立地です。
函館国際ホテルのツインルーム(イメージ)

 

港町函館を象徴するとも言える八幡坂。石畳の坂道が絵になります。
レトロでかわいい市電に乗って町の散策へ。
赤レンガの内部にはガラス小物のお土産屋さんやスイーツ店が軒を連ねます。
五稜郭公園。春はお花見に訪れる観光客でにぎわいます。
森町の固有種、稀有な「森小町」の桜の花びら。
地図はこちらをご覧ください

桜を楽しむ春紀行シリーズ 全11コース掲載の地図はこちら

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港13:00発 函館空港14:20着 (五稜郭公園)

■羽田空港より航空機にて函館空港へ。
■着後、函館の人々に愛される、五稜郭公園の桜を鑑賞。
その後、ホテルへ。

【3連泊】(函館泊)

2日目
函館
(松前城)

■終日、北海道を代表する桜の町として知られる、松前へ。

松前城の桜を楽しみます。

(函館泊)

3日目
函館駅09:53発 上磯駅10:15着 (北斗市) (森町) 函館

■午前、道南いさりび鉄道にて上磯駅へ。
■その後、バスにて北斗桜回廊へ。法亀寺しだれ桜、松前藩戸切地陣屋跡の桜並木にご案内します。
■午後、バスにて森町へ。森町固有種の桜と駒ケ岳の眺めを楽しみます。

(函館泊)

4日目
函館
函館空港15:00発 羽田空港16:25着

■午前、路面電車と徒歩にて函館の元町エリアの散策にご案内します。
■午後、航空機にて羽田空港へ。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
5月5日(水)発

旅行代金:¥198,000

※1名室利用追加料:¥20,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

※現地合流離団:函館空港合流/函館空港離団 旅行代金から¥30,000引きとなります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111