日本遺産を旅する

若狭街道と御食国・若狭の美しい仏たち【4日間】

  • 集合場所:京都駅
  • 出発日: 10月3日(月) 、 10月17日(月)
  • 旅行代金:¥175,000

ツアーコード: JP1365

パンフレットダウンロード

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
京都に最も近い日本海屈指の湊町、小浜をゆっくり見学。超絶技法の仏像の数々をご覧いただきます。
Point 2
京の食文化を支えた日本海の海の幸、三方五湖のウナギなど、各地の食もお楽しみいただきます。
Point 3
小浜から京都に至る「若狭街道」を走り、重伝建の熊川宿のほか、琵琶湖畔にも立ち寄ります。

ツアープランナーより

 若狭湾は平安時代の海上交通の要衝として中国・朝鮮半島と京都・奈良を繋ぐ重要な役割を果たしてきました。また、異国との玄関口的な港であり、海を渡ってきた渡来の人々により仏教の公伝以前から仏教や仏像がこの地にもたらされていたともいわれています。以来300を超える寺が建てられ、そこに置かれた個性豊かな仏像とともに人々の生活と密接に関わってきました。
 奈良時代以降、日本海の海の幸を天皇家に送る「御食国」(みけつくに)として都の食文化を支えてきました。その食材を運ぶ道が「若狭街道」であり、小浜から熊川宿を通り、琵琶湖畔の今津へ。ここから舟運で大津へ、そして都へと向かう街道でした。都との往来が多いことから都の文化人や技術者・職人も小浜に流入し、表情豊かな超絶技法の木造彫刻を作り上げました。それ故、この地は「海の奈良」とも称される日本海随一の美仏の郷となったのです。
海と都を繋ぐ若狭の往来文化は「御食国若狭と鯖街道」として文化庁が制定した日本遺産の認定第一号のひとつに選ばれました。

 日本遺産認定は文化庁が平成27年から始めたもので、初年度に18カ所が認定されました。
従来の文化庁の認定事業は、文化財保護法として国宝・重要文化財などの有形文化財、無形文化財、民俗文化財、文化的景観、伝統的建造物群(重伝建)などに分けて日本の宝を保護することにありました。いわば、点として、そのものの保存を目的としていましたが、日本遺産認定に関しては点としてではなく、一つの面として、各地の歴史的価値や魅力をストーリーとして着目していることに特長があり、現在は104のストーリーが認定されています。文化財を単体としてではなく、そのエリアとして再評価することによって注目を促し、地域の活性化につなげて、日本の歴史的な価値ある文化を再発見してもらうという趣旨ですが、この日本遺産の認定を文化庁が行っていくことで、改めて日本各地に息づいている日本固有の価値を再認識する大いなるきっかけになっています。

 日本遺産を旅することは、日本各地で、今もそこに住む人々の誇りと共に継承されてきた歴史と文化を楽しみながら、地域の魅力を再発見、再認識するものです。

 文化庁は、単に日本各地の価値ある文化的遺産を紹介することにとどまらず、その物語を語れる人々の育成プログラムにも取り組んでいます。その地の日本遺産の番人ともいうべき語り部の存在は必要不可欠なものであり、大人だけでなく、子どもたちにも広げ、未来の語り部を育もうとしています。

 「日本遺産紀行」シリーズでは、各地の自治体や観光協会などのご協力をいただき、うわべだけのものでなく、しっかりと、日本遺産たる価値を楽しんでいただける内容に仕立てています。

 世界遺産は「卓越した人類共通の価値」を重視して登録されますが、日本遺産は「文化の多様性を大切に、その文化財が擁するストーリー」が重要視されています。海外のツアーがストップしている現状にあって、ぜひ日本各地の歴史、文化をお楽しみください。

見どころのご紹介

京都・宮津から「丹後街道」を走り三方五湖へ

 京都北部の宮津から越前国の敦賀に至る道が「丹後街道」です。このツアーでは宮津から舞鶴、小浜を経由、若狭の三方五湖まで丹後街道を走り、三方五湖のドライブと共に名物の三方ウナギをお召し上がりいただきます。この「丹後街道」のルート上には西舞鶴があり、田辺城とその城下町として栄えた高野川沿いの土蔵の建ち並ぶ地域を散策します。

 小浜から京都への帰路は「若狭街道」を走ります。

西舞鶴・田辺城 展示室では細川幽斎を中心とした歴代城主や、城下町・田辺の歴史を紹介しています。
風光明媚な三方五胡は海の幸でも有名です

若狭の小京都・小浜をじっくりと見学します。

 小浜は古くから若狭の中心地であり、日本海の暖流と寒流が合流する若狭湾は豊富な海産物を育む天然の良港でした。平安時代以降、京に最も近い日本海屈指の湊町として繁栄しました。後に、江戸時代には京極家が小浜城と城下町を整備し、小浜の町人の町は東・中・西の3組に分けられ、小浜西組には町家、土蔵、社寺建築、西洋建築などが建設されました。それらの建物が現在でも大変良く保存され、平成20年には重伝建に選定されました。また、小浜には国宝や重文級の寺社や仏像も数多く残っています。

小浜三丁目
重伝建・小浜西組
小浜・明通寺 本堂・三重塔が国宝に指定されています。

小浜には数多くの国宝・重要文化財クラス寺院や仏像があります。

●明通寺:大同元年(806)征夷大将軍・坂上田村麻呂創建。「文化財の宝庫」と称されるこの若狭地方において、国宝指定の本堂・三重塔をはじめ、重文の仏像など数多くの寺宝を擁する古刹です。

●妙楽寺:養老3年(719)僧行基が本尊を彫り、延暦16年(797)空海が諸国を廻っていたときに本尊を拝して堂舎を建立したと伝えられています。 鎌倉時代初期の建築である本堂や、本尊の木造千手観音菩薩立像は国指定重要文化財です。

●多田寺:天平勝宝元年(749)孝謙天皇の勅命によって勝行上人が創建したと伝えられています。厨子に安置されている本尊薬師如来、十一面観音、菩薩立像の3体は、いずれも平安時代初期に若狭で作られた桧材の一木造で重要文化財の指定を受けています。

●羽賀寺:平安前期の国指定史跡・木造十一面観音立像で知られています。

羽賀寺 十一面観音菩薩像 ©福井観光連盟
妙楽寺 木造千手観音像 重文 ©福井観光連盟

若狭街道の宿場町「熊川宿」を訪問

 若狭街道は「鯖街道」とも呼ばれ、若狭湾の鯖をはじめとする海の幸を京都に運ぶ重要なルートでした。それ故人々の往来も多く、宿場町が発達しました。中でも熊川宿は、谷間を流れる北川に沿った集落で、馬や船が荷運び込める荷次場として発展しました。現在でも江戸時代の町並みが残り、平成8年に重伝建に指定されました。建ち並ぶ家屋をよく見ると、街道に対して棟が平行な平入りの建物と、棟が垂直に建つ妻入りの建物が違和感なく混在しているのが不思議です。当時からほとんど変わらない町並みや熊川番所跡などをご覧いただきます。

熊川宿番所跡
熊川宿

琵琶湖畔では生水の郷を訪ねます

 若桜街道は熊川宿を経由、その後内陸部を南下するルートと琵琶湖畔に出て琵琶湖の舟運で大津を経由し京都に入るルートの2つの街道に分かれました。今回は風景も変化に富む琵琶湖経由で「生水の郷」を経由しながら京都へと向かいます。生水の郷は水の文化、美しい景色、地域の人との触れあいなどを求めて今ではたくさんの人が見学に見えるようになりました。

清らかな水の流れる「 生水の郷」 (イメージ)
地域の綺麗な湧き水を、地域住民は生水(しょうず)と呼び、昔から大切に利用してきました。集落の中を巡る水路やその水を生活用水に利用したシステムを”かばた”(川端)と呼んでいます。琵琶湖から鯉が遡上することもあります。(イメージ)

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
京都駅12:00集合 天橋立 宮津16:00着

■京都駅に集合。

■京都駅より専用バスで○天橋立へ。

■天橋立を見学の後、○宮津の町並みの散策をお楽しみください。

(宮津泊)

2日目
宮津08:30発 西舞鶴 三方五湖 小浜16:00着

■午前、西舞鶴にて●田辺城資料館や高野川沿いに建ち並ぶ土蔵群の周辺を散策します。

■昼食は若狭町の「徳右ェ門」にて三方ウナギをお召し上がりください。

■午後、三方五湖のドライブを楽しみいただきます。

■その後、平安前期の十一面観音像のある●羽賀寺を見学後、小浜のホテルへ。

(小浜泊)

3日目
小浜 (明通寺) (神宮寺) (妙楽寺)

■午前、重伝建の○小浜西組をゆっくりと散策します。

■その後、専用バスで●若狭歴史博物館へ。ここには有名な世界&日本図・八曲屏風や杉田玄白の「解体新書」とその原書である「ターヘル・アナトミア」が展示されています。

■昼食は名物のサバ寿司をお召し上がりください。

■午後、国宝の本堂と薬師如来像が見られ、1200年の歴史を持つ●明通寺へ。

■ホテルに戻る途中、●神宮寺。若狭屈指の古い仏像のある●多田寺を見学。また、●妙楽寺の千手観音もご覧いただきます。

■夕食は、料亭まつ治で懐石料理をお召し上がりください。

(小浜泊)

4日目
小浜08:30発 熊川宿09:00着 琵琶湖畔11:30着 針江生水12:30着 京都駅16:00着

■早朝、専用バスで小浜より「若狭街道」の宿場町「○熊川宿」へ。重伝建の熊川宿を散策します。

■その後、琵琶湖畔の高島へ。昼食をお召し上がりください。

■午後、○針江生水地区(生水の郷)観光。

■その後、京都駅へ。京都駅到着後、解散。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
10月3日(月)発

旅行代金:¥175,000

10月17日(月)発

旅行代金:¥175,000

※1名室利用追加料:¥20.000

おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111