迫力の手筒花火をプライベート鑑賞

迫力の豊橋手筒花火特別鑑賞と中山道・木曽路の旅【4日間】

  • 集合場所:博多駅
  • 出発日: 9月25日(日)
  • 旅行代金:¥238,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
東三河伝統の手筒花火をワールド航空サービスだけでプライベート鑑賞。
Point 2
絶景の秘境鉄道として人気の高い飯田線に乗車。天竜峡の景観を車窓から楽しみます。
Point 3
駒ヶ根に宿泊し、中央アルプス、南アルプスを見渡す千畳敷カールを訪れます。

ツアープランナーより

愛知県三河地方を中心に伝わる「手筒花火」。徳川家康が三河衆に火薬の製造を任せたことでこの地に花火の文化が発展し、五穀豊穣、無病息災、家運隆盛などを祈願する神事として行われています。手筒を抱え、火の粉を浴びながら放揚する勇壮な姿は、近年多くのメディアにも取り上げられています。この度、三河伝統手筒花火連合会の協力のもと、この手筒花火をワールド航空サービスのお客様だけで鑑賞いただける機会を設けることが出来ました。ご覧いただくのは脇に抱えて持つ「手筒花火」と手で持つ「ヨウカン」の2種類。点火されると高さ10メートルにもなる迫力の火柱、最後には「ハネ」と呼ばれる炎が轟音と共に足元に噴き出す迫力の煙火を間近に鑑賞いただける貴重な機会です。

ツアーのみどころ

迫力の火柱と噴き出す火の粉が夜空を染める、東三河伝統の手筒花火をプライベート鑑賞

愛知県東三河地方に受け継がれる手筒花火は、実に450年以上の歴史を誇ります。火薬を詰めた竹筒を抱え、巨大な火柱が噴出。夜空に立ち上る炎と降り注ぐ火の粉は、見る者を圧倒します。その原型は、情報の伝達手段「狼煙」と伝えられ、豊橋が発祥の地と言われています。今回は、豊橋の東田神明宮にてワールド航空サービスのお客様だけの手筒花火をお楽しみいただきます。間近に感じていただける手筒花火は圧巻です。

安土桃山時代から記録に残る由緒ある東田神明宮
迫力の手筒花火(ヨーカンと呼ばれる手持ち花火)
火柱は10メートルにもなる手筒花火

絶景の秘境鉄道「飯田線」を楽しむ

鉄道愛好家が選ぶ「日本の秘境駅ランキング」トップ100に、常に10駅程度がノミネートされる秘境駅の多い鉄道、飯田線。天竜川の渓谷を背景に、ポツンポツンと昔ながらの小さな駅舎が現れる様子は、昭和の時代のノスタルジックな鉄道風景を思い出させてくれます。緑豊かな天竜川の渓谷も美しく、乗車中、カメラから手を離すことができないほどです。今回はより車窓から美しい風景がご覧いただけるよう、天竜渓谷側の風景が順光となる午前中の乗車といたしました。流れる車窓から絶景をお楽しみください。天竜峡駅で下車し、天竜峡くだりもお楽しみいただきます。

秘境鉄道飯田線は、1日に2本の特急伊那路に乗車します
車窓から天竜川を眺めます
天竜峡のラインくだりも楽しみます(イメージ)

木曽路を代表する3つの宿場町へ

伊那路沿いに天竜峡を訪れたあとは、中山道、木曽路へ。日本の伝統的な街並みを保存する重伝建制度の第一号登録となった妻籠宿や、島崎藤村の『夜明け前』のゆかりの地である馬籠宿、宿場町の規模としては日本有数の大きさを誇る奈良井宿を訪れます。街並みへ一歩足を踏み入れると、そこは江戸の街道風情がそのままに残る宿場町。何度訪れても楽しい宿場町の白眉です。

山間の宿場町の風情を残す妻籠宿
島崎藤村ゆかりの宿場町、馬籠宿
1キロにわたり宿場の街道が続く奈良井宿

中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイで、紅葉の千畳敷カールへ

標高2612メートル。中央アルプス駒ヶ岳ロープウェイの終着駅は中央アルプスの絶景の地、千畳敷カールです。駒ケ根のしらび平駅からロープウェイで僅か7分。高度を上げるにつれ、南アルプスの峰々や中央アルプスの荒々しい頂が間近に迫ります。天候によっては雲海が出ることも。千畳敷駅からは南アルプスや千畳敷カールの絶景を望むことができます。

大絶景の千畳敷カール
9月下旬は千畳敷が紅葉に包まれます(イメージ)
天気に恵まれると千畳敷駅からは南アルプスと富士山が眺望できます(イメージ)

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
博多駅09:15発 名古屋12:34着 岡崎 豊橋16:30着 (手筒花火)

■新幹線にて、名古屋へ。

■名古屋からバスにて岡崎へ。

■宮内庁御用達の●カクキュー八丁味噌蔵へ。

■その後、徳川家康生誕の地●岡崎城を訪れます。

■夕刻、ワールド航空サービスのお客様だけの手筒花火特別鑑賞(※1)を楽しみます。

■夕食は創業140余年の老舗「丸よ」にて。

(豊橋泊)

2日目
豊橋10:08発 (飯田線乗車) 天竜峡12:24着 飯田16:30着

■午前、天竜川沿いに延びる秘境鉄道飯田線を特急伊那路にて天竜峡へ。

■午後、「天竜ライン下り」(約40分)を楽しみます(※2)。

■その後、飯田のホテルにチェックイン。

(飯田泊)

3日目
飯田09:00発 馬籠宿、妻籠宿 奈良井宿 駒ヶ根17:30着

■終日、中山道(木曽路)の宿場町を巡ります。

■午前中、まずは馬籠宿へ。島崎藤村の「夜明け前」の舞台となった地で、●藤村記念館を見学。

■その後、重伝建第1号に登録された妻籠宿へ。街並みの散策と昼食を楽しみます。

■午後、木曽路一番の賑わいを見せた奈良井宿へ。「奈良井千軒」と謳われた江戸時代の賑わいを彷彿とさせる街並みを散策します。

■夕方、駒ヶ根へ。

(駒ヶ根泊)

4日目
駒ヶ根08:00発 千畳敷カール 諏訪湖 松本空港17:30発 福岡空港19:10着

■午前、路線バスと駒ケ岳ロープウェイを乗り継ぎ、千畳敷カールを訪れます。

■その後、バスにて諏訪湖へ。

■諏訪湖畔のレストランにて昼食。

■午後、○諏訪大社を訪れ、松本空港へ。

■夕方、松本空港より航空機にて福岡空港へ。

※1:手筒花火のプライベート鑑賞は、ワールド航空サービス主催の複数の団体合同での鑑賞となります。荒天などの理由により中止となった場合は、実費10,000円をご返金いたします。

※2:天竜ライン下りは増水などの理由により欠航となる事がございます。その場合は実費をご返金いたします。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
9月25日(日)発

旅行代金:¥238,000

※1名室利用追加料:¥18,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームとなります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111