貸切り渡し船なども利用し、隠岐の四島を効率よく巡ります。

隠岐の島 四島周遊の旅【4日間】

  • 集合場所:羽田空港、伊丹空港
  • 出発日: 8月30日(火) 、 9月14日(水) 、 10月11日(火) 、 10月31日(月)
  • 旅行代金:¥208,000~¥228,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
ツアーのメリットを生かし、独自の文化を持つ隠岐の四島を効率よく訪問
Point 2
隠岐の島で2泊。西ノ島で1泊し、隠岐の魅力をご紹介します。
Point 3
西ノ島から知夫里島へは、船を貸し切り、知夫里島の景勝「赤壁」を見学しながら渡ります。

ツアープランナーより

 島根半島の北方、60キロの沖合いに浮かぶ隠岐の島。4つの大きな島と約180の小島からなり、日本書紀には、淡路島、四国に次いで、3番目に生まれた島と書かれています。また神聖な島でもあり、古代から重要な神社が集まり、隠岐十六社として祀られており、現在でも大小合わせると100社以上が存在していると言われています。中世は流刑の地、近世は北前船の風待ちの港として栄え、独自の文化が発展。そして、大自然の美しさでも知られ「世界ジオパーク」として登録されています。この魅力的な隠岐の4島を訪ねます。
 通常の交通機関で訪ねると、船、バスなどの本数が極めて少ないことから、なかなか訪問が出来ない4島を、貸切船などを利用して効率よく訪問します。日本海の荒波が刻みこんだ神秘的な造形がみごとなローソク岩へは、夕暮れの時間に合わせて訪問。島の伝統文化の一つ牛の角突きや、赤壁といった自然景観、隠岐の民俗を学ぶことのできる隠岐郷土館なども含めご案内します。ツアーで行くメリットを生かした、4島めぐりをお楽しみください。

見どころのご紹介

隠岐の中心となる島後(どうご)「隠岐の島町」に2泊

隠岐諸島の中で最大の島た隠岐の島。島唯一の空港もこの島に置かれています。本土から見ると4島のうち最も遠い場所に位置することから「島後」とも呼ばれます。隠岐で最古の神社である玉若酢命(たまわかすみこと)神社や、水若酢神社、隠岐自然館などが見どころも豊富です。また、島の北部には景勝ローソク岩が。海から約20メートルの高さでそびえ立つ奇岩の景勝地ローソク岩。岩の先端に夕日が重なる瞬間はまるで、一本のローソクに火が灯されたかのように輝きます。今回は、遊覧船に乗り、船上からこの感動的な瞬間を臨みます。(天候によりご覧いただけない場合があります。)

隠岐の島のシンボル、ローソク岩の夕日は遊覧で観賞(イメージ)
隠岐様式で造られた玉若酢神社 ©島根観光連盟
荒々しい地形を望める白島展望台
平安時代には隠岐第一位の地位をしめた水若酢神社
有形文化財にも指定される「隠岐郷土館」

隠岐を代表する伝統文化「隠岐牛突き」を観戦

 隠岐を代表する伝統文化、芸能とされるのが3つあります。1つは神事として行われる「隠岐古典相撲」、2つ目が独特な舞楽と仮面で知られる「隠岐国分寺蓮華会舞」。そして、もう一つが隠岐を代表する伝統文化の闘牛「隠岐牛突き」です。今回は「隠岐牛突き」の一部をご覧いただける機会を造りました。思わず見ているだけで力がはいってしまう牛突きをお楽しみください。

日本最古といわれる隠岐伝統の「牛突き」(イメージ)

島前(どうぜん)には3つの島が。隠岐神社が置かれる「中ノ島」へ

 隠岐の島を楽しんだ後は、残る3つの島を巡ります。この3島は「島前」とよばれ、それぞれ独特の文化と自然を見せてくれます。中ノ島でぜひ訪れたいのが、後鳥羽上皇を祭神とし、没後700年祭を記念して建てられたという、隠岐神社です。隠岐造りとも言われる独特な社殿で知られる歴史ある神社です。また、後鳥羽上皇などの資料を展示する後鳥羽院資料館へもご案内します。

後鳥羽上皇からの歴史を持つ隠岐神社
島から島への移動も絶景

隠岐を代表する絶景、摩天崖(まてんがい)のある「西ノ島」

 次に訪れるのは、4島の中で2番目に大きい西ノ島です。西ノ島で楽しみたいのが、隠岐の美しい大自然の絶景。ユネスコの世界ジオパークに認定されている自然の美しさをお楽しみください。国賀海岸にある代表的な断崖絶壁が摩天崖(まてんがい)。島前カルデラの外輪山外壁にある257mの大絶壁が摩天崖です。

高さ257mの絶壁「摩天崖」
馬も放牧される国賀海岸 (イメージ)
国賀海岸の景勝 通天橋

貸切船で絶景「赤壁」を訪ねる。「知夫里(ちぶり)島」

 そして4島めが、知夫里島です。この島も隠岐の自然の美しさを見せてくれる島です。交通不便なこの島へのアプローチは、西ノ島から船をチャーターします。単に島へ渡るのではなく、途中、知夫里島を代表する絶景「赤壁」の船上からの見学も兼ねて渡ります。個人ではなかなか訪問出来ない絶景も、船をチャーターすることによりご覧いただけるようにいたしました。ツアーの大きなメリットでしょう。
 知夫里島の見学を終えたら、隠岐4島に別れを告げ、フェリーにて境港に渡ります。

知夫里島の景勝「赤壁」をチャーター船から観賞
地図はこちらをご覧ください。

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港10:30発 伊丹空港11:35着 伊丹空港12:25発 隠岐空港13:15着

■羽田空港より、航空機にて伊丹空港へ。

■伊丹空港より、航空機を乗り換え、隠岐直行便にて隠岐空港へ向かいます。

■着後、隠岐の島の中心、西郷集落周辺の見学を楽しみます。●隠岐自然館、○浄土ヶ浦海岸などを見学。

【2連泊】 (隠岐の島泊)

2日目
隠岐の島 (牛突き見学) (ローソク岩夕暮れ遊覧)

■終日、隠岐の島の見どころを訪ねます。

■午前、隠岐の伝統文化の一つ、隠岐牛突きを見学します。

■その後、玉若酢命神社、八百杉、●億岐家宝物殿を見学。

■昼食後、白島展望台、●隠岐郷土館水若酢神社にご案内します。

■夕刻、遊覧船にてローソク岩の夕暮れを観賞します(※1)。(天候によりご覧いただけない場合があります)。

(隠岐の島泊)

3日目
隠岐島 08:30発 中ノ島09:50着 (隠岐神社) 中ノ島15:15発 西ノ島15:45着 (国賀海岸、摩天崖)

■午前、西郷港よりフェリーにて島前、中ノ島の菱浦港へ。

■菱浦着後、隠岐神社後鳥羽院資料館へご案内。

■昼食後、再びフェリーにて西ノ島の別府港へ向かいます。

■別府港着後、隠岐を代表する絶景、○国賀海岸、○摩天崖へ向かいます。(道路事情により、マイクロバス利用となります。)

■見学後、西ノ島のホテルへ。

(西ノ島泊)

4日目
西ノ島 08:00発 (知夫里島・赤壁) 知夫里島着 知夫里島・来居港 10:55発 境港13:20着 出雲空港16:15発 羽田空港17:45着

■午前、西ノ島より、貸切渡し船にて知夫里島を代表する絶景、○赤壁を迫力ある海上からお楽しみいただきます。

■島の中心となっている来居港よりフェリーにて、境港に戻ります。

■着後、○境港の町を簡単に見学し、バスにて出雲空港へ。

■午後、出雲空港より、航空機にて羽田空港へ。

お荷物託送サービスがあります。

 

※島内での移動は小型車に分乗となる場合があります。

 

※1:悪天候などにより遊覧できない場合は乗船代を返金します。

 

■各地からの発着時間のご案内 ※日程表は、8/30発羽田空港発着のスケジュールです。9/14発及び10/31発の時間は以下の通りです。


【9/14発羽田空港発】

往路:羽田空港11:35発伊丹空港12:40着、13:30発隠岐空港14:20着
復路:出雲空港16:15発羽田空港17:45着


【10/31発伊丹空港】

往路:伊丹空港13:35発隠岐空港14:25着
復路:出雲空港15:40発伊丹空港16:25着


【10/11発福岡空港】

往路:福岡空港07:15発出雲空港08:25着、09:00発隠岐空港09:30着
復路:出雲空港19:10発福岡空港20:20着
(隠岐から境港へフェリーで移動し、足立美術館の観光後、出雲空港に向かいます)

 

 

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
8月30日(火)発

旅行代金:¥228,000

※羽田空港発着

9月14日(水)発

旅行代金:¥228,000

※羽田空港発着

10月11日(火)発

旅行代金:¥218,000

※追加設定

10月31日(月)発

旅行代金:¥208,000

※伊丹空港発着

※1名室利用追加料:¥15,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111