14名様限定 海と森の北海道遺産と謎の遺跡を訪ねて

積丹半島 神秘の旅【4日間】 

  • 集合場所:羽田空港、伊丹空港、中部空港※新千歳空港合流/新千歳空港離団可能
  • 出発日: 8月21日(日) 、 8月28日(日) 、 9月11日(日) 、 9月18日(日)
  • 旅行代金:¥218,000

ツアーコード: JP1290

パンフレットダウンロード

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
国の天然記念物に指定される黒松内の「北限のブナ林」を2日間かけてウォーキング
Point 2
積丹には連泊し、クルーズやドライブで「積丹ブルー」を堪能します
Point 3
余市や小樽に残された謎の遺跡、フゴッペ洞窟や手宮洞窟にご案内します

ツアープランナーより

小樽の西、日本海に突き出た積丹(しゃこたん)半島。アイヌ語でシャク・コタン(夏の村)を意味します。急峻な崖と周囲の透明度の高い日本海は、夏場に「積丹ブルー」と呼ばれる神秘的な青の絶景を作り出すことで知られています。積丹半島周辺にも神秘的な訪問地が豊富です。積丹半島の南、黒松内にある「歌才ブナ林」は日本北限のブナ林といわれ、国の天然記念物に指定されている貴重な自然が広がり、積丹ブルーの「青」に対して、「緑」の絶景を見せてくれます。ともに北海道遺産に登録される積丹と黒松内、海と森、ふたつの北海道遺産をお楽しみください。積丹半島の付根、余市や小樽には神秘的な史跡も残ります。余市郊外に残る「フゴッペ洞窟」にはアルタミラ洞窟に見られるような先史時代の岩壁刻画が残ります。一般的には日帰り観光の多い積丹半島に連泊し、美しい自然と文化をじっくりと堪能する、夏ならではの企画です。

ツアーの見どころ

黒松内(くろまつない)にて「北限のブナ林」ウォーク

 温帯を代表する樹木「ブナ」。ブナ林の豊富な保水力が活かされた豊かな生態系は東日本の自然の礎であり、東北地方の原生林である白神山地は世界自然遺産にも登録されています。そのブナ林の日本の北限が渡島(おしま)半島の黒松内にある「歌才ブナ林」です。道南の原生の森をそのままに残す歌才ブナ林は北海道の貴重な自然遺産として昭和3年には国の天然記念物に指定され、北海道遺産のひとつにもなっています。旅の第一歩は、緑豊かな北限のブナ林へ。宿は背後にブナ林が広がる小さな宿「歌才自然の家」を確保いたしました。2日間にわたり、ネイチャーガイドと共にブナ林の散策をお楽しみください。(各日4キロメートル、1時間半程度)

緑の濃い北限のブナ林をウォーキング(イメージ)
両日ともネイチャーガイドが案内しながら巡ります

「積丹ブルー」を満喫。北海道随一の景勝地 積丹に連泊

日本海に突き出した積丹半島。周辺の海は北海道で唯一、海中公園に指定された北海道遺産でもあります。宿も少ないため、通常は日帰りで訪れることの多い積丹半島にじっくりと2泊。「積丹ブルー」で知られるその海の美しさをご堪能いただきます。東海岸では積丹の中心美国漁港から出航する水中展望船「ニューしゃこたん号」でクルーズ。西海岸では日本の渚百選にも選ばれ、あざやかな青い海と奇岩が織りなす絶景の島武意(しまむい)海岸、かつて女人禁制とされた地、日本海に切り立つダイナミックな景観が楽しめる神威(かむい)岬の絶景もお楽しみいたきます。

積丹ブルー(イメージ)
大海原へとダイナミックにせり出した神威(かむい)岬

ニシン漁で栄えた積丹の栄華を伝える訪問地へ

江戸から昭和初期にかけて、積丹半島一帯は北海道有数のニシンの漁場として、多くの番屋が置かれ、賑わいを見せました。積丹で獲れたニシンは北前船によって遠く京の都まで運ばれ、この地に莫大な富をもたらしました。昭和以降、急激に衰退したニシン漁ですが、現在も鰊御殿と呼ばれる建築が積丹各地に残り、その栄華を垣間見ることができます。余市の福原漁場や道内有数の規模を誇った泊村の鰊御殿とまりにご案内します。

かつてニシン漁で栄えた余市の福原漁場 Ⓒ余市観光協会

神秘の岩壁刻画「フゴッペ洞窟」と「手宮洞窟」

 積丹半島の余市と小樽の間には今だに解明されていない神秘的な遺跡が集中しています。小樽の近くにある手宮洞窟は慶応2年に発見され、アルタミラ洞窟やカカドゥ国立公園にあるアボリジニの古代壁画によく似た刻画が世に発表され、明治のはじめにイギリスの考古学者も研究に訪れ世界に報告されていますが、今だに解明されていません。そして昭和25年に余市の近くにあるフゴッペ洞窟が発見され、手宮洞窟と同様の大規模な岩壁刻画が見つかりました。フゴッペ洞窟は奥まで7m、入り口幅7ⅿ、高さ5mの大きさで、ここの南壁、北壁、奥壁に全部で約800の刻画を見ることが出来ます。それは有翼人物像、角や尻っぽのある人物像、動物、舟に乗る人々などです。翼のある人物は飛ぶシャーマンであり、角のある人物は動物に仮装したシャーマンではないかといわれています。楽器を持つ人物もおり、多彩な儀礼がこの地でされていたことがうかがえます。

槍を持つ人々や狩りの様子が描かれた岩壁刻画
当時の人々の暮らしが生き生きと描かれています。

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港08:20発 新千歳09:55着 黒松内14:00着 ブナ林ウォーク

■朝、羽田空港より航空機にて新千歳空港へ。

■到着後、日本北限のブナ林の地、黒松内へ。

■午後、国の天然記念物であり、北海道遺産にも登録された黒松内のブナ林のハイキングへ。自然ガイドと共に「四季のブナ林ウォーク」へご案内します。(約4km、約1時間半)

■お泊りは、ブナ林に包まれた滞在を楽しめる「歌才自然の家」です。

(黒松内泊)

2日目
(歌才ブナ林散策) 黒松内13:00発 岩内14:00着 積丹16:30着

■午前、自然ガイドと共に周遊フットパス「歌才自然コース」(約4km、約1時間半)の散策をお楽しみください。

■昼食は、黒松内名産のそばをお召し上がりください。

■午後、積丹半島の西海岸ドライブし、積丹の宿へ。

■途中、岩内にて、国内で最大規模のピカソ版画コレクションを誇る●荒井記念美術館と、泊村では道内でも有数の規模を誇った●鰊御殿とまりへご案内します。

(積丹泊)

3日目
積丹 ( 積丹ブルー遊覧) (島武意海岸、神威岬)

■午前、美国漁港からの積丹水中展望船ニューしゃこたん号での遊覧(※)へご案内します。

■昼食は、積丹産の具材を使用した海鮮丼です。

■午後、積丹半島の景勝地巡りにて、○島武意海岸と○神威岬へご案内します。

(積丹泊)

4日目
積丹09:00発 余市 新千歳空港16:00発 羽田空港17:35着

■午前、余市へ。北海道内に唯一現存する●旧下ヨイチ運上家、ニシン漁最盛期の繁栄を今に伝える○旧余市福原漁場へご案内します。

■午後、プリミティブな線刻画の残る●フゴッペ洞窟、●手宮洞窟に立ち寄ります。

■午後、新千歳空港へ。航空機にて羽田空港へ。到着後、解散。

ご自宅までお荷物を託送します。

※悪天候などにより遊覧できない場合は乗船代を返金します。

※上記は羽田空港発着の時刻となります。

■各地からの発着時間のご案内


【伊丹空港】往路:伊丹空港08:00発新千歳空港09:50着 復路:新千歳空港16:20発伊丹空港18:15着


【中部空港】往路:中部空港08:35発新千歳空港10:15着 復路:新千歳空港14:25発中部空港16:10着


パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
8月21日(日)発

旅行代金:¥218,000

※羽田空港発着

8月28日(日)発

旅行代金:¥218,000

※伊丹空港発着

9月11日(日)発

旅行代金:¥218,000

※中部空港発着

9月18日(日)発

旅行代金:¥218,000

※羽田空港発着

※1名室利用追加料:¥25,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。お一人部屋利用の場合は洋室シングルルームまたは和室となります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111