乗鞍山麓の秘境の森を楽しむ

五色ヶ原ウォーキングと奥飛騨 風景街道の旅 【4日間】

  • 集合場所:新宿駅、新大阪駅、名古屋駅
  • 出発日: 7月28日(木) 、 7月31日(日) 、 8月3日(水) 、 8月23日(火) 、 8月31日(水) 、 9月4日(日)
  • 旅行代金:¥198,000~¥208,000

ツアーコード: JP1285

パンフレットダウンロード

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
僅か五カ月間しか立ち入れない乗鞍山麓の秘境の森ハイキングへ。
Point 2
乗鞍岳ドライブルート、飛騨高山風景街道の2つの絶景ルートをドライブします。
Point 3
飛騨の木材にこだわった「HOTEL WOOD高山」に宿泊します。

ツアープランナーより

ワールド航空初登場の秘境の森と夏の奥飛騨を満喫

岐阜県、富山県、新潟県、長野県の4県に跨って連なるのが通称「北アルプス」と呼ばれる飛騨山脈です。3000m級の穂高連峰などを有し、その大部分が中部国立公園に登録されています。このたびはその飛騨山脈の中でも1年にわずか5カ月間のみしか立ち入ることができないワールド航空初登場の「秘境・五色ヶ原の森」のハイキングにご案内します。乗鞍岳からの恵みを受けた手つかずの自然を残すまさに「秘境」と呼ばれるのにふさわしい森で、五色ヶ原の全エリアはガイド同行の入山が義務付けられた特別な山域です。「森の案内人」と呼ばれる自然ガイドの案内と共に大自然の絶景ハイキングを楽しみます。奥飛騨の名湯や穂高連峰の絶景展望台、そして古都高山での滞在など奥飛騨の魅力をたっぷりとお楽しみください。

見どころのご紹介

秘境・五色ヶ原の森のコース最後に登場する苔生した岩肌を縫うように流れる「布引滝」。神秘的な美しさに感動です。

わずか五カ月しか入ることができない乗鞍山麓の秘境、五色ヶ原の森を歩く

「秘境・五色ヶ原の森」は飛騨山脈・乗鞍岳北西側の山麓に広がる広大な森です。乗鞍岳の噴火により流れた溶岩台地の上にできた森には約3,000ヘクタールにもおよぶ手つかずの原生林や滝、池塘が残りダイナミックな自然景観が楽しめます。乗鞍岳に降った雪や雨の一部分が地下に浸透し、それが伏流水となって各所に湧出しており、このたびはそんな水辺の美しい景観が楽しめる、高低差の少ないシラビソショートコース(高低差:約230m、距離:4.5km)のハイキングにご案内します。冬期には入ることができないため、5月中旬から10月末までの僅か5か月間のみにしか入ることができないうえ、全エリアガイドとの入山が義務付けられている貴重な森の散策をお楽しみください。

今回のコースの紹介:シラビソショートコース (高低差:約210m、距離:4.5km)

スタート地点の岩魚見小屋(標高1,620m)から出会い小屋(1,410m)までの約4.5kmの下り道中心のハイキングコースです。湧き水、小川のせせらぎなど乗鞍岳の恵みが織りなす変化に富んだ水風景が印象的です。約1時間半ほど歩いたシラビソ小屋にてお弁当で昼食休憩をとります。
終盤には轟音を響かせ流れ落ちる横手滝と、伏流水が苔生した岩場を流れ落ちる姿が圧巻の「布引滝」をご覧いただきます。
※往路スタート地点、復路ゴール地点からは共に五色ヶ原の森案内センターからの車で移動します。 

段になって豪快に流れる横手滝。水しぶきが反射し虹が見えることも。
シラベ沢は乗鞍山麓に湧き上がる伏流水で、何とも美しい光景です。
中間地点のシラビソ小屋には温水洗浄便座付きの水洗トイレもあります。
森ではアサギマダラなど貴重な森の生態系を観察することが出来ます。(イメージ)

日本最高所を走る乗鞍高原ドライブと飛騨高山風景街道の2つの絶景ルートをドライブします。

乗鞍岳中腹のドライブルートを走り、乗鞍畳平(2,702m)へ

日本百名山に数えられる乗鞍岳は、飛騨山脈(北アルプス)の南端に位置し、剣ヶ峰(3,026m)を最高峰に、23の峰と7つの湖、8つの平原からなる中部エリアを代表する名山です。乗鞍岳中腹には日本最高所を通るドライブルートがあり、乗鞍高原から乗鞍畳平(2,702m)までを「乗鞍エコーライン」、乗鞍畳平から平湯峠(1,684m)までが「乗鞍スカイライン」と呼ばれています。ともにマイカー規制がかけられており、限られた車両しか通行ができません。長野県と岐阜県の県境は標高2,716mあり、車両が通行できる日本一高地の県道として知られています。
乗鞍畳平には花畑を周遊する木道が設けられており、ゆっくりと高山植物を愛でながらの散策をお楽しみいただけます。

岐阜県側のスカイライン、長野県側のエコーラインの中間地点にあたる畳平 ©飛騨乗鞍観光協会
畳平には植物を観察しながら気軽に歩くことができる木道が整備されています ©飛騨乗鞍観光協会
ハクサンイチゲ(見頃:7-8月)  ©飛騨乗鞍観光協会
クロユリ(見頃:7-8月)  ©飛騨乗鞍観光協会
コマクサ(見頃:7-9月)  ©飛騨乗鞍観光協会

乗鞍岳を仰ぐ乗鞍高原では広大な草原、一ノ瀬園地のミニ・ハイキングを。

乗鞍岳の中腹の乗鞍高原には60万平方メートルにも及ぶ広大な草原の一ノ瀬園地があります。山からの伏流水が流れ、様々な草花が生い茂っています。遊歩道が整備され、白樺やミズナラの木立の中、季節ごとの山野草を愛でながらのハイキングを楽しむことができます。

草地と木立の中を歩く一ノ瀬園地のハイキング。乗鞍岳を仰ぎながらの気持ちの良いハイキングです。(イメージ)

飛騨高山風景街道ドライブと新穂高ロープウェー

2020年7月にリニューアルした新穂高ロープウェイを利用し穂高連峰を最も間近に展望できる西穂高口駅の展望台へご案内します。4面ガラス張りの2階建てのゴンドラは、これまでより外の景色を見られるよう工夫されており、移動中も眼下に広がる絶景をお楽しみいただけます。到着した 西穂高口駅の展望台から見る、360度のパノラマは圧巻です。新穂高温泉郷から古都高山までは飛騨高山風景街道をドライブ。奥飛騨の原風景を楽しみながらが進みます。

全面がガラスの2階建てロープウェーからは迫力ある穂高連峰が臨めます。
西穂高口駅の展望台からは富士山、北岳に次ぐ日本第3位の高峰奥穂高岳(3,190 m)が目の前に。(添乗員撮影)

飛騨高山では全て飛騨の材木を使った「ホテルWOOD高山」に宿泊し、古都の散策を楽しみます。

高山では2019年にできた「HOTEL WOOD 高山」にご宿泊いただきます。住宅メーカーが運営するホテルで、無駄なもの省き、ロビーや居室の家具は全て地元飛騨の木材を使用するというこだわりぶり。
江戸時代の趣きを残す古い町並みにも隣接しており、赤い中橋、高山陣屋などへも便利な立地です。

三町エリアにできたHOTEL WOOD高山。飛騨産木材を使った外観も印象的です。
シンプルですが木のぬくもりが感じられる客室です。
ロビーラウンジにも飛騨木材の家具が使用されています。
古い町並み残る三町エリアまでも僅か数分です。©高山市公式観光サイト

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
新宿駅 10:00発 松本駅 12:36着 乗鞍畳平 福地温泉 16:45着

■新宿駅にご集合。特急あずさにて松本へ。

■松本より専用バスで奥飛騨温泉郷・福地温泉へ。

■途中、日本一の標高を走る乗鞍エコーライン、乗鞍スカイラインのドライブへ。最高地点乗鞍山麓の峠、○乗鞍畳平(2702m)では花畑ウォーキングを楽しみます(高山植物の咲く花畑※の中の木道散策1周40分程)。

■その後、福地温泉へ。

【2連泊】(奥飛騨温泉郷・福地温泉泊)

2日目
福地温泉 (五色ヶ原の森)

■午前、バスにて岐阜の宝もの」に認定されている秘境・五色ヶ原の森へ。

■着後、専門の自然ガイドと共に乗鞍山麓の秘境・○五色ヶ原のハイキングにご案内いたします。コースは行程差の少ないシラビソショートコース(高低差:約210m、距離:4.5km)です。

■午後、福地温泉に戻ります。

(福地温泉 湯元長座泊)

3日目
福地温泉 新穂高温泉郷 高山

■午前、飛騨高山風景街道をドライブし奥飛騨温泉郷へ。

■着後、新穂高ロープウェーにて飛騨山脈・穂高連峰の絶景を臨む○西穂高口駅(2,156m)へ。

■その後、引き続き飛騨高山風景街道を通り、高山へ。

■午後、古都高山の散策を楽しみます。

(高山 ホテルWOOD高山泊)

4日目
高山08:30発 乗鞍高原 松本駅 14:50発 新宿駅 17:23着

■午前、高山を出発し、乗鞍高原へ。

乗鞍岳を仰ぐ広大な草原、○一ノ瀬園地のミニ・ハイキングにご案内します(2時間強)

■その後、松本駅へ。

■松本駅より特急あずさにて新宿へ。新宿着後、解散

ご自宅までお荷物を託送します。

※その年の天候により花の見頃は変動します。

※上記は新宿駅発着の時刻です。

 

■各地からの発着時間のご案内


【新大阪駅】往路:新大阪駅08:57発名古屋駅09:47着
復路:名古屋駅17:17発 新大阪駅18:06着 ※往復の名古屋・松本間は名古屋駅発と同時刻です。


【名古屋駅】往路:名古屋駅10:00発松本駅12:04着 復路:松本駅 14:54発 名古屋駅17:07着


パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
7月28日(木)発

旅行代金:¥198,000

※新宿駅発

7月31日(日)発

旅行代金:¥198,000

※新宿駅発[追加設定]

8月3日(水)発

旅行代金:¥208,000

※新大阪駅発

8月23日(火)発

旅行代金:¥198,000

※新宿駅発[追加設定]

8月31日(水)発

旅行代金:¥198,000

※名古屋駅発

9月4日(日)発

旅行代金:¥198,000

※新宿駅発

※1名室利用追加料:¥25,000
おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。

 

※現地合流解散:松本駅合流/松本駅解散 旅行代金から¥10,000引きとなります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111