ロマンチック海道  さんふらわあ号でゆく

夏の道南 ウィンザーホテル洞爺と函館、松前の旅【5日間】

  • 集合場所:東京駅
  • 出発日: 8月30日(火)
  • 旅行代金:¥248,000

ここにご注目。旅のポイント

Point 1
人気のフェリー「さんふらわあ」でのんびり船の旅を楽しみます。
Point 2
ザ・ウィンザーホテル洞爺での宿泊や「うに尽くし」の夕食など、ホテルや食を吟味しました。
Point 3
「松前三湊」として栄えた、松前・江差・函館を訪ねます。

ツアープランナーより

夏の北海道シリーズの「道南」の旅。人気の高速フェリー「さんふらわあ号」で、太平洋を北上。水平線からのぼる朝日。スーぺリアキャビンや展望浴場で快適にのんびりと船の旅を満喫しながら、昼過ぎには、北海道、苫小牧港に到着します。話題のウポポイの参観。洞爺湖サミットで一躍名を馳せた「ザ・ウィンザーホテル洞爺」での宿泊とフレンチのコース料理に舌鼓。ニセコでは羊蹄山やニセコアンヌプリを望む高級ホテル、リッツカールトンでの上質なランチをご用意しました。
函館には連泊。北海道唯一の城下町で、江戸風情を残す松前と、幕末から北前船の交易で栄え、「江差の五月は江戸にもない」と謳われた商業と文化の町、江差を一日バスの旅で楽しみます。フィナーレは函館の名店「むらかみ」の夏の旬「うに尽くし」コースで締めくくります。
帰路は伊丹、中部、羽田の各空港へ。フライトで直接お帰り頂ける無駄のないスマートな行程といたしました。ホテルや食を吟味してお届けする夏の道南の旅。ご期待ください。

見どころのご紹介

人気のフェリー「さんふらわあ」でロマンチック海道をクルージング

大洗港から苫小牧港までを結ぶ商船三井フェリーの『さんふらわあ』は、就航から50周年を迎え、これまでの単なる移動手段としてのフェリー客船ではなく、キャビンの快適性や船内のパブリックスペースを充実させるなど、のんびりと船の旅を満喫できるフェリーとして人気を博しています。サウナ付きの展望浴場や開放的なレストランなども特徴で、ゆったりとした船旅を楽しみながら太平洋を北上し、北海道を目指します。

フェリーさんふらわあ号
海を眺めながらのお風呂もご堪能ください。
スーペリアオーシャンビュー和洋室(イメージ)
船内レストランでのお食事もお楽しみください。
船内ショップ。さんふらわあ号オリジナルグッズも揃っています。

湖畔に佇む憧れの「ザ・ウィンザーホテル洞爺」に宿泊

洞爺湖サミット(2008年)で、全国的に知名度が上がった憧れのホテル「ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ」。洞爺湖を望む尾根の上にその威容がドンとそびえています。お天気の良い日には洞爺湖だけでなく、内浦湾(噴火湾)や羊蹄山までも眺望できます。ロープウェイで展望台へ登り、山頂からの景色をご覧いただくお時間もご用意しました。緑豊かな森の中、国内外のVIPを受け入れてきたホテルでゆったりとお寛ぎください。

大自然の中に佇むザ・ウィンザーホテル洞爺
ロープウェイで大自然の空中散歩も。
ロビー上からの景色。北海道の大自然が目の前です。

函館に連泊し、江戸風情を残す松前と北前船の町・江差へ

北海道が蝦夷と呼ばれていた時代から「松前三湊」として栄えた、松前・江差・函館を訪ねます。横浜、長崎とともに洋館や教会が建ち並ぶ異国情緒豊かな港の町並みが魅力の函館では、駅前の好立地なホテルを確保しましたので、函館朝市での朝食や自由散策のお時間も確保しました。また、北海道唯一の城下町の松前町や北前船の交易で栄えた江差町にもご案内します。個人では訪れにくい二つの町の歴史さんぽをお楽しみください。

松前藩が治めていた城下町・松前。江戸の面影が残ります。©函館国際観光コンベンション協会
北海道の中で最初に開港した港のひとつ江差。歴史的な建物が立ち並びます。©函館国際観光コンベンション協会

吟味した道南の食にもご期待ください

新鮮な海産物が並ぶ函館の朝市

フェリーやホテル、観光にとどまらず、道南の「食」にもこだわりました。ニセコでは大自然に囲まれた高級ホテル「リッツカールトン」で絶景を望みながらの上質なランチを。函館では、ホテルの立地を活かして、函館朝市で新鮮な海鮮の朝食をお楽しみいただき、旅の締めくくりは、うに専門店の「むらかみ」にて、旬を迎える「うに尽くしコース」の夕食をご用意しました。

6月~9月が旬のうに(イメージ)
うに専門店「むらかみ」のうにのせ茶碗蒸し (イメージ)
最後までうに尽くしのコースです(イメージ)

ツアー日程

5日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
(新大阪・名古屋)東京駅10:00集合 10:23発 水戸駅11:47着 大洗フェリーターミナル17:00

(新大阪駅・名古屋駅より東京駅へ)

■東京駅集合。

■特急にて水戸へ。(約80分)

■●弘道館、●徳川ミュージアム、●県立歴史館を参観。

■大洗の町さんぽ。

■夕刻、フェリーターミナルにて、「さんふらわあ」に乗船。

■フェリー出港。

(さんふらわあ号泊)

2日目
船上から朝日を 苫小牧13:30着 ウポポイ ザ・ウィンザーホテル洞爺18:00

■さんふらわあ号の船旅をお楽しみください。

■展望浴場、展望ラウンジ、レストランなどでお寛ぎください。

■苫小牧港に到着。

■バスにて、●ウポポイへ。ウポポイの参観の後、洞爺湖畔へ。「ザ・ウィンザーホテル洞爺」の滞在をお楽しみください。

(ザ・ウィンザーホテル洞爺泊)

3日目
ザ・ウィンザーホテル洞爺09:00 ニセコリッツカールトン 大沼 函館17:00着

有珠山ロープウェイで○展望台へ。昭和新山も目の前です。

■バスにて、ニセコリッツカールトンへ。こちらで羊蹄山やニセコアンヌプリの眺望を楽しみ、ランチをご用意。○大沼公園に立ち寄り、夕刻、函館に到着。

(函館 ラジェントステイ函館駅前泊)

4日目
松前 江差 うにの名店「むらかみ」

■バスにて松前へ。北海道唯一の城下町、松前の観光。●郷土資料館、●松前城、●藩屋敷など。

■午後は、北前船の交易で栄えた江差の歴史さんぽ。

■夕刻、函館に戻ります。

■夕食はうにと海鮮の名店「むらかみ」にて北海道の海の幸をお召し上がりください。

(函館 ラジャントステイ函館駅前泊)

5日目
函館13:05発 羽田16:30着

■朝市で朝食。

■チェックアウトまで自由散策。

■昼頃、空港へ。国内線で、中部、伊丹、羽田へ。

ご自宅までお荷物を託送します。

※朝日は天候によりご覧いただけない場合があります。

 

※上記は羽田空港着の時刻です。各地からの発着時間は下記をご参照ください。

 

各地からの発着時間のご案内


往路:新幹線普通車指定席(ご旅行代金に含まれております) ※列車の出発時刻は出発30日前に確定いたします。

新大阪駅07:30発名古屋駅08:23発東京駅10:03着


【伊丹空港】復路:函館空港14:05発伊丹空港15:45着


【中部空港】復路:函館空港13:05発中部空港14:40着


 

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは5日間のコースです。

出発日 旅行代金
8月30日(火)発

旅行代金:¥248,000

※羽田空港着

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111