フランスの中の異国 ケルトの伝統が残る郷土色豊かな地を訪ねて

ケルトの伝統が残る ブルターニュの神秘【10日間】

  • 集合場所:羽田空港
  • 出発日: 6月3日(月)
  • 旅行代金:エコノミークラス利用¥895,000〜ビジネスクラス利用¥1,415,000

ツアーコード: ET114T

パンフレットダウンロード

旅のポイント

Point 1
連泊中心の行程でフランス北西部ブルターニュ地方に残るケルト文化の足跡を巡ります。
Point 2
ゴーギャンが愛した水辺の村ポンタヴァン、モネを魅了した美しい島ベル・イルなど芸術家ゆかりの地にもご案内します。
Point 3
旅の最後はルレ・エ・シャトー加盟のホテル「ドメーヌ・ド・ラ・ブレテッシュ」での宿泊を楽しみます。

ツアープランナーより

地方色豊かなフランスにあっても特に異質な雰囲気を持つブルターニュ地方。フランスの北西端の半島を中心に広がるこの地の歴史は、古代ケルト人まで遡り、今でも独自の文化を守り続けています。大西洋に突き出た北西の辺境の地でありながら、画家ゴーギャンやモネ、文豪スタンダールなど数多くの文化人や芸術家がこの地を愛したのは、フランスにありながらフランスではないかのような異質な風土や独特な文化に惹かれてのことでしょう。このたびは、これまであまり紹介されなかった美しい村ロッシュフォール・アン・テールやル・ファウ村、モネが愛したベル・イル島などにもスポットを当て、この地方の魅力をじっくりと味わいます。

見どころのご紹介

個性ある3つの町に連泊 ブルターニュ各地をつぶさに訪ねます

英仏海峡に望むサン・マロは12世紀の城壁が旧市街を囲み、海賊の拠点でもあったその歴史を持つユニークな町。イギリスから渡ってきたケルト人が最初に降り立った「地の果て」カンペールは、中世を思わせるカラフルな木骨組みの家が並びます。小さな半島キブロンはベル・イル島への入り口となる港町です。個性の異なる3つの町での連泊を拠点に、ブルターニュ地方に点在する独特な雰囲気を持つ、美しい村を訪ねます。

サン・マロ 城壁上の散策路を歩けば海と美しい旧市街の景色を楽しめます©TPopova
絵本の世界のような木骨組みの家が建ち並ぶカンペール旧市街
伝統の陶器 カンペール焼きのお店ものぞいてみましょう
ブルターニュ地方の最西端のラ岬

巨石文明や独自の建築「聖堂囲い地」、ブルターニュの神秘に迫る

ケルト文化と巨石文明が交わる地ブルターニュでは、フランスのほかの地域にはない、独特の文化が根付いています。カルナックには紀元前5000年に起源が遡るといわれる巨石群が残っています。古来、敬虔なカトリックが多い地域でその信仰心の篤さを象徴するのが「聖堂囲い地」という宗教建築です。教会のほかに、周囲を覆う壁、凱旋門、納骨堂などが建造され、村ごとにその美しさを競っていました。今回は特に有名なギミリオーとサン・テゴネックを訪ねます。

バラ色の巨石海岸ペロス・ギレック(4日目に訪ねます)
巨石遺構が残るカルナック(6日目に訪ねます)
この地方独特の建築様式「聖堂囲い地」が見られるギミリオー(4日目に訪ねます)

ゴーギャンの愛したポンタヴァンと色彩豊かな「フランスの最も美しい村」

ゴーギャンが描いた地として有名なポンタヴァン。川のほとりには水車小屋や白い家々が建ち、得も言われぬ牧歌的な雰囲気が魅力です。一方、ブルターニュ地方の歴史ある村にはグレーの花崗岩で造られた伝統的家屋が並びます。今回はロクロナン、ロッシュフォール・アン・テールなどの「フランスの最も美しい村」に登録されている村にご案内します。赤や青のカラフルな窓枠、レースのカーテン、色鮮やかなの季節の花が彩りを添える村の散策をお楽しみください。

ル・ファウ 16世紀の家並みが残り、素朴で静かな時間が流れる美しい村
ロクロナン ケルト文化の伝統行事「パルドン祭」を毎年行うことでも知られる美しい村
ロッシュフォール・アン・テール 「ゼラニウムの村」とも呼ばれ、石造りの街並みに色鮮やかな花が映える美しい村
ポンタヴァン ゴーギャンをはじめ多くの芸術家に愛された、水辺の風景が美しい「画家の村」

「美しい島」ベル・イル 画家モネを魅了した風景を訪ねます

キブロンから船で訪ねるベル・イル島は、その名の通りの「美しい島」。透明度が高い海、迫力ある断崖、草原に灯台が建つのどかな風景など、小さいながらも変化に富んだ光景が見られます。この地に魅了されたモネは約2ヶ月ここに滞在し、絵画制作を行いました。

プーラン岬 海に突き出るような場所に現れる緑の原と小さな灯台の風景が絵になります
モネが繰り返し描いたポール・コトンの奇岩
静かな漁村ソーゾン 穏やかな時が流れます


ルレ・エ・シャトー加盟ホテル
「ドメーヌ・ド・ラ・ブレテッシュ」で上質なひとときを

おもてなし、個性、料理など厳しい審査で選び抜かれたホテル・レストランだけが加盟できるルレ・エ・シャトー。美しい田園風景が広がるミジラック周辺にある「ドメーヌ・ド・ラ・ブレテッシュ」での宿泊で、ブルターニュの旅を締めくくります。広大な緑に包まれた敷地内にある、15世紀の城と別棟を改装したゴルフ&スパホテルです。客室は一つ一つ異なり、温かみを感じる洗練されたインテリアが施されています。地元の食材をベースにした創作料理も評判です。遅めのチェックアウト予定ですので、朝食や周辺の散策などごゆっくりお過ごしください。

森と湖のある豊かな自然の中に佇むドメーヌ・ド・ラ・ブレテッシュ
この地方らしいスレート屋根と石造りの建築です

ブルターニュの郷土料理も楽しみの一つです

潮風で塩気を含んだ草を食む牛の乳で作られるブルターニュのバターは、無塩ながらほんのりと塩味がするのが特徴。おみやげには特産バターを使った焼菓子がおすすめです。また、そば粉のクレープ(ガレット)とリンゴの微炭酸酒シードルもお忘れなく。日本ではデザート感覚のクレープもフランスではハムや魚介を挟んで、メインとして食します。

そば粉のクレープ・ガレットはざっくりとした触感が魅力です。シードルとの相性も抜群です。
ブルターニュ産バター「ル・ボルディエ」は世界の一流レストランで使用されています。

ツアー日程

10日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港21:05

夜、羽田空港に集合。

(機中泊)

2日目
羽田空港00:05発 パリ07:55着/12:35発 レンヌ13:50着 サン・マロ17:30着

深夜、羽田空港よりエールフランス航空にてパリへ。

■航空機を乗り換え、レンヌへ。

■着後、レンヌ旧市街の散策後、サン・マロへ。

【2連泊】(サン・マロ泊)

3日目
サン・マロ

午前、サン・マロの市内散策へご案内します。

■午後、自由行動。

(サン・マロ泊)

4日目
サン・マロ08:30発 サン・テゴネック ギミリオー ル・ファウ カンペール17:00着

午前、バラ色の巨石海岸ペロス・ギレックへ。

■午後、敬虔なカトリック教徒の象徴たる「聖堂囲い地」で有名なサン・テゴネックとギミリオーへご案内します。

■その後、フランスの最も美しい村」ル・ファウ村に立ち寄り、カンペールへ。

【2連泊】(カンペール泊)

5日目
カンペール (ラ岬、ロクロナン)

午前、カンペールを拠点にブルターニュ最西部のラ岬「フランスの最も美しい村」に登録されるロクロナン村へご案内します。

■午後、カンペールの観光。ゴーギャンの作品を所蔵する●カンペール美術館などにご案内します。

(カンペール泊)

6日目
カンペール09:00発 ポンタヴェン カルナック キブロン16:30着

午前、ポンタヴァンへ。ゴーギャンの愛した村の散策をお楽しみください。ゴーギャンの絵「黄色いキリスト」のモデルとなった木像のあ●トレマロ教会にもご案内します。

■午後、先史時代の巨石遺構が残るカルナックへ。その後、キブロンへ。

【2連泊】(キブロン泊)

7日目
キブロン (ベル・イル島)

終日、モネが愛したベル・イル島へ。

■モネが連作を描いたポール・コトンの奇岩、ロクマリアの〇聖母マリア教会、漁村ソーゾン、プーラン岬などへご案内します。

(キブロン泊)

8日目
キブロン09:00発 ヴァンヌ ロッシュフォール・アン・テール ミジラック15:30着

午前、かつてブルターニュ公国の首都だったヴァンヌへ。城壁に囲まれる古都ヴァンヌの散策へ。

■午後、フランスの最も美しい村」ロッシュフォール・アン・テールへ。

ご宿泊はルレ・エ・シャトーの「ドメーヌ・ド・ラ・ブレテッシュ」です。

(ミジラック:「ドメーヌ・ド・ラ・ブレテッシュ」泊)

9日目
ミジラック11:00発 ナント18:50発 パリ20:00着/22:00発

午前、ホテルにてゆっくりとお過ごしください。11時頃、ナントへ向け出発。

■午後、ナントの観光。●ブルターニュ大公城へご案内します。

■夜、ナント空港より航空機にてパリへ。

■着後、航空機を乗り換え、帰国の途へ。

(機中泊)

10日目
羽田空港18:30着

■夕刻、羽田空港に到着。着後、解散。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは10日間のコースです。

出発日 旅行代金
6月3日(月)発

旅行代金:¥895,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥1,415,000

ビジネスクラス利用

■1名室利用追加料:¥170,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。

■ビジネスクラス適用区間:日本発着の国際線区間のみ適用(羽田〜パリ間往復)

■燃油サーチャージ別途目安:¥86,800:2月1日現在

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、羽田空港の旅客取扱施設利用料2,950円ならびに燃油サーチャージ(SAF:持続可能な航空燃料追加代金を含む)、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

■地方発着追加料金

大阪・名古屋〜東京 片道・・・¥5,000
福岡・札幌〜東京 片道・・・¥10,000

但し付帯条件がございますので各支店へお問い合わせ下さい。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111