成田発・大韓航空 済州島直行便がいよいよ再開

直行便でゆく秋の済州島の旅【4日間】

  • 集合場所:成田空港
  • 出発日: 10月13日(日) 、 10月20日(日)
  • 旅行代金:¥238,000

ツアーコード: KR001T

パンフレットダウンロード

旅のポイント

Point 1
長年運行のなかった成田、済州の直行便がいよいよ復活。効率的に済州島を巡ります。
Point 2
済州島の中心済州市、自然豊かな南部の西帰浦に宿泊し、済州島を満喫。
Point 3
各地で韓国絶品グルメ30選にも選ばれた済州グルメを味わいます。

ツアープランナーより

韓国の南に浮かぶ小さな島、済州島。火山島の特色である荒々しくも風光明媚な景観が広がり、2008年には「済州火山島と溶岩洞窟群」として韓国唯一の世界自然遺産に登録されています。数多の韓国ドラマや映画にも登場し、観光地としても世界的な人気を誇る済州島ですが、長きにわたり東京からの直行便が運休状態にあり、直行ならばわずか2時間程度のフライトと気軽な訪問地ながらなかなかご案内が難しい地域でもありました。このたび、2024年7月に大韓航空済州島直行便がいよいよ復活。これにより4日間という短い日程ながら、済州島の魅力をじっくりとお楽しみいただける行程ができるようになりました。北部の中心都市済州市から、自然豊かな南部の西帰浦へ。宿泊地も二か所とし、済州島の自然・文化を効率的に巡ります。島ならではの豊富な食材も魅力の一つ。各地で済州グルメをご用意しておりますので、食にもご注目ください。

見どころのご紹介

韓国初の世界遺産、済州島の景勝を連泊してめぐります

東シナ海に浮かぶ済州島は100万年前に火山活動によって生まれ、島内のいたるところに火山活動の跡が残されています。自然の芸術のような火山が生んだ景勝、海と山が織り成す景観が済州島の大きな魅力です。ツアーでは南部に2連泊、北部に1泊して済州島の景勝地をめぐっていきます。済州島各地の見どころをじっくりとお楽しみください。

【山の景色】城山日出峰(ソンサンイルチュルポン)

済州島の最東端に位置する城山日出峰。済州島にはオルムと呼ばれる寄生火山、火山のすぐ側で噴火した火山が300以上あり、城山日出峰もそのひとつ。寄生火山のなかでは珍しく浅い海辺で噴火して生まれました。高さはおよそ180メートル、周囲は1.5キロ。噴火口を岩峰が取り囲み断崖を形成していて、遠くから眺めると王冠のような形をしています。済州島を代表する絶景です。

世界遺産の構成資産のひとつ城山日出峰(イメージ)

【海の景色】ウェドルゲと龍頭(ヨンモリ)岩

火山噴火でできた岩盤が波に洗われて柱のようになりました。周囲は約10メートル、高さは20メートルあり、ウェドルゲとは「孤高に立つ岩」を意味します。韓流ドラマ『チャングムの誓い』のロケ地としても知られ、済州島の絵になる風景のひとつです。また龍頭(ヨンモリ)岩は、島の中央にそびえる漢拏山(ハルラサン)の溶岩が噴出して形成されました。海上から龍が頭を上げ海に飛び込むように見えることからその名がつけられました。

海中から屹立するウェドルゲ(イメージ)
龍の頭のように見える龍頭岩(イメージ)

【滝の景色】済州三大滝(正房瀑布・天地淵瀑布・天帝淵瀑布)

済州島中央に位置する漢拏山(ハルラサン)の溶岩地形が広がる済州島には、落差の大きい迫力のある滝が多くあります。中でも南部にある三大滝(正房瀑布・天地淵瀑布・天帝淵瀑布)は見ごたえ抜群。中でも正房瀑布は済州島中央に位置する高さ20メートル超、幅約8メートルの滝。海に直接流れ落ちる韓国で唯一の滝ともいわれ、見応えがあります。

断崖から海に落ちる正房瀑布(イメージ) ⓒPhoto Korea – Lee Beomsu

韓国絶品グルメ30選に選ばれた済州グルメもお楽しみください

日本でも浸透している韓国料理ですが、2019年に日本旅行業協会で「韓国絶品グルメ30選」が選定されました。韓国各地からその地方でしか味わえない魅力ある料理が選ばれています。このたびはそこで選ばれた2つの済州島グルメを組み込みました。
1つは「黒豚のサムギョプサル」。済州の黒豚は天候によるストレスを受けにくく肉質が柔らかいことで知られており人気です。2つ目は「アワビ・ビビンバ」。牛骨スープで炊いた石釜ご飯の上にアワビをのせて炊いた石焼ビビンバです。海女さんが採るアワビは済州を代表する味覚の一つでもあります。
食材が豊富な済州島の山の幸、海の幸両方のグルメをお楽しみください。

黒豚サムギョプサル(イメージ) ©Korea Tourism Organization-Lee Beomsu
アワビ・ビビンバ(イメージ) ⓒKorea Tourism Organization-Lee Beomsu

北部と南部にそれぞれ宿泊し、効率的な観光を。

済州での宿泊は2カ所のホテルを選びました。済州市内の中心部に位置するメゾングラッドと、西帰浦ビーチ沿いに建つスモラムホテル。それぞれ異なる雰囲気での宿泊をお楽しみください。


メゾングラッド済州
済州市の中心部に位置する宿泊施設。

朝食は韓国料理から洋食まで種類豊富です
客室(イメージ)

グランド・スモラムホテル
西帰浦地区の西帰浦ビーチ沿いに建つホテル。海沿いの散策道(オルレ)の散策も楽しめます。野外テラスからは夕日をご覧いただけます。

ホテルにはプールと大浴場があります。海も目の前です
広々とした客室です(イメージ)

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
成田空港16:35発 済州19:25着

■午後、成田空港より航空機にて済州島へ。

■着後、ホテルへ。

(済州市:メゾングラッド済州泊)

2日目
済州市 (絶品グルメ:アワビ・ビビンバ) (城山日出峰) 西帰浦

■午前、○三姓穴、○龍頭岩を訪れます。

■昼食は韓国グルメ30選「アワビビビンバ」をお召し上がりください。

午後、○城山日出峰にご案内します。

夕刻、済州島南部、西帰浦地区へ。

■夕食は韓国グルメ30選「黒豚サムギョプサル」をお召し上がりください。

【2連泊】(西帰浦:グランド・スモラムホテル泊)

3日目
済州三大瀑布巡り (天帝淵瀑布・正房瀑布・天地淵瀑布) (ウェドルゲ) (アワビ&牛カルビチムの夕食)

■午前、済州三大瀑布である○天帝淵瀑布、○正房瀑布、○天地淵瀑布を巡ります。

■午後、数々の映画やドラマにも登場する奇観○ウェドルゲにご案内します。

(西帰浦市:グランド・スモラムホテル泊)

4日目
西帰浦(アワビ粥の朝食) 済州13:05発 成田空港15:35着

■朝、市内レストランにてアワビ粥の朝食。

■その後、東出門市場へ。

■午後、航空機にて帰国の途へ。

■成田空港着後、解散。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
10月13日(日)発

旅行代金:¥238,000

エコノミークラス利用


ビジネスクラス利用はお問い合わせください。

10月20日(日)発

旅行代金:¥238,000

エコノミークラス利用


ビジネスクラス利用はお問い合わせください。

■1名室利用追加代金:¥36,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

■燃油サーチャージ別途目安:¥7,400:2024年5月1日付

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、成田空港の旅客取扱施設利用料3,010円ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

■この度は3泊4日の短期間の旅のため、往復の託送サービスはございません。予めご了承ください。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111