日本航空デリー直行便利用 チベットの夏を祭りと共に楽しむ

インダス上流の小チベット 下ラダック・上ラダックの旅【8日間】

  • 集合場所:羽田空港
  • 出発日: 6月14日(金) 、 7月11日(木)
  • 旅行代金:エコノミークラス利用¥398,000〜ビジネスクラス利用¥648,000

旅のポイント

Point 1
カラコルム山脈、ヒマラヤ山脈、ザンスカール河と変化に富んだ上・下ラダック天空の絶景を満喫。
Point 2
標高3500メートルのレーに到着後、陸路で3100メートルのアルチ村で、高度順応を図るために2泊します。
Point 3
出発日ごとにへミス祭、タクトク祭とチベット仏教の祭りに合わせて訪れます。

ツアープランナーより

北にカラコルム山脈、南にヒマラヤ山脈がそびえ、盆地の谷間を大河インダスが流れる地。初めてレーに降り立った方は、その地形的な迫力に圧倒されることでしょう。文化的にはチベット仏教文化が色濃く残り、中国のチベット自治区に比べて本来のチベットの姿を強く感じさせます。なかでも寺院や僧院に残る仏教芸術のレベルは高い評価を受けています。またこの地は森林限界を超えた標高のため山肌には高木が育たず、荒々しい裸山が連なります。点在する緑豊かな村々とのコントラストが美しく、小型車に分乗しての移動も旅のハイライトといえます。両出発日ともにラダック伝統の祭りに合わせた設定です。

ラダック地方の祭り(ツェチュ)もお楽しみいただけます

ラダックでは1 年を通して村々で仏教に関する祭りが開催されます。チベット暦に沿って決められるため、太陽暦では毎年日付が変動します。

「ヘミス祭」(6/14発)

ヘミス僧院は1627~38年にかけて創建されたラダック最大の僧院です。祭りは僧院の中庭で行われ、大タンカ(曼荼羅仏画)が掲げられ、チベットホルンが響き渡り、仮面舞踊・チャムが開始されます。通りにはチョウメン(焼きそば)やモモ(餃子)を売る露店などがにぎやかに並び、写真を撮りながら歩くのも楽しいひと時となります。

へミス僧院の中庭にて行われるへミス祭(イメージ)

「タクトク祭」(7/11発)

上ラダック(トゥ)のシャクティにあるタクトク・ゴンパで、タクトク・ツェチュという仮面舞踊の祭りが開催されます。祭りは、笛や太鼓、シンバルなどの楽隊による荘厳な演奏から始まります。「ツェチュ」とは「月の10日」という意味で、グル・リンポチェの誕生とさまざまな事蹟が月の10日に起きたことを記念する祭りです。タクトクでもヘミスと同様、グル・ツェンギェと呼ばれるグル・リンポチェの八変化がずらりと登場します。

仮面舞踊の祭り(イメージ)

旅の始まりは標高の低いアルチへ 下ラダックを2連泊で訪ねます

ラダックの天空都市レーに到着した後、標高の低い下ラダック地域のアルチに移動し、お身体の負担を軽減し、より高度順応が図りやすい日程としました。このアルチ近郊には、壁画の美しさで知られるアルチ僧院があり、インド内のみならず、チベット文化圏全体でも一、二を争うほど貴重な仏教美術とされます。近郊にあるラマユル僧院は「月面世界」と称えられる黄褐色の波打つ岩岩に囲まれてそびえ、雄大な景色も楽しめます。

「月面世界」と称えられるラマユル
下ラダック地域にあるアルチ村
素朴なアルチ村には、高度なチベット仏教美術を誇る古刹が残ります

印象に残るチベット芸術と朝の勤行風景

上ラダック地方のティクセ僧院では、朝の勤行の時間帯にも訪問します。早朝のひんやりした空気の中、小さな男の子たちが集まってきて、読経が始まります。神聖な空気が感じられ、厳かな雰囲気を感じます。

ティクセ僧院の朝の勤行(視察写真)
ティクセ僧院の弥勒菩薩像

荒涼とした自然と緑豊かな自然コントラストが美しい

この地は森林限界を超えるため、山肌には高木が育たず、荒々しい裸山が連なります。青空とインダス河沿いに点在する村々、緑豊かな田畑コントラストは美しく、専用車に分乗しての移動も旅のハイライトとなるでしょう。

ラダック地方の民族舞踊の観賞もお楽しみください
移動中も、どこも絶景が広がります
スリナガル道路。圧倒的迫力の自然景観がどこまでも続きます

3連泊するレーのホテルは「エッセンス・アット・ラダック」をご用意しました

コテージタイプのブティックホテル。ラダック地方の資材を用い、伝統的な建築技法と現代の建築を組み合わせた快適なロッジが13棟(26部屋)。快適にお過ごしください。

客室(イメージ。ロッジにより客室の仕様は異なります。)
近代的な設備と現地の素材が融合
客室入口のポーチ
伝統的なラダック地方の建築技法を取り入れています

ツアー日程

8日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港10:50発 デリー16:05着

■午前、羽田空港よりデリーへ。

■着後、空港近くのホテルへチェックイン。

(デリー空港近郊ホテル泊)

2日目
デリー06:30発 レー08:10着 アルチ村11:00着

■早朝、航空機にてラダックの中心都市レー(標高3,500ⅿ)へ。

■着後、絶景を眺めながら下ラダック地方のアルチ村(標高3,100m)へ。

■午後は、ホテルで小休憩をしてから村の散策へ。●アルチ僧院や民家訪問を楽しみます。

【2連泊】(アルチ泊)

3日目
アルチ村 ラマユル僧院

■午前、インダス河沿いを走り、月面世界のようなラマユルへ。着後、●ラマユル僧院、●リキール僧院を見学。

■午後、専用車にてアルチ村に戻ります。

(アルチ泊)

4日目
アルチ村09:00発 ヘミス レー14:00着

■午前、専用車にてへミスへ。ヘミス僧院を訪れます。(6/14発はヘミス祭の観賞をお楽しみください。

■午後、レーのホテル新しく完成した「エッセンス・アット・ラダック」にチェックイン。

■夕刻、ラダック地方の民族舞踊観賞をお楽しみください。

【3連泊】(レー泊)

5日目
レー

■午前、レー市内の○レー王宮○シャンティ・ストゥーパなどへご案内します。

■夕刻は、○ナムギャル・ツェモの展望台から、レー市街の景観を観賞。

(レー泊)

6日目
レー

■早朝、●ティクセ僧院へ。朝の勤行の風景をご覧いただきます。巨大な弥勒菩薩像も見ものです。

■その後、●シェー王宮を訪ねます。

■午後、自由行動です。カフェや売店の並ぶレーのバザール散策などをお楽しみください。

(レー泊)

7日目
レー12:00発 デリー13:35着 デリー19:05発

■午前、航空機にてデリーへ。

■着後、空港近くのホテルにて昼食と自由行動。

■その後、空港に戻ります。

■夜、航空機にて、帰国の途へ。

(機中泊)

8日目
羽田空港06:45着

■朝、羽田空港に到着。着後、解散。

※7月11日発はタクトク僧院にてタクトク祭ご覧いただきます。そのため6日目午後にタクトク僧院にてタクトク祭りを観賞。一部行程を入れ替えてご案内させていただきます。予めご了承ください。

※2日目レー空港到着後、7日目のレー空港出発まで、ラダック地方では小型車(1台3名様ずつ)の分乗となります。道路が狭いため大型バスは走行できませんが、道は舗装されており、大きな心配にはおよびません。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは8日間のコースです。

出発日 旅行代金
6月14日(金)発

旅行代金:¥398,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥648,000

ビジネスクラス利用

※ヘミス祭を観賞

7月11日(木)発

旅行代金:¥398,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥648,000

ビジネスクラス利用

※タクトク祭を観賞

■1名室利用追加代金:¥80,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

■ビジネスクラス利用区間:日本発着の国際線区間に適用【羽田空港~デリー/デリー~羽田空港】

■燃油サーチャージ別途目安:42,600:12月1日現在

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、羽田空港の施設使用料及び保安サービス料合計2,950円ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

 

■地方発着追加代金
日本航空にて、各地~東京(羽田・成田)の国内線を片道8,000円でご利用いただけます。

但し付帯条件がございますので支店・営業所へお問い合わせください。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111