その道を究めたエキスパート 地域名士を訪ねて

関空発 韓国文化と歴史を楽しむ 百済の都と古都全州【4日間】

  • 集合場所:関西空港
  • 出発日: 4月2日(火) 、 5月14日(火)
  • 旅行代金:¥258,000

ツアーコード: KR053Q

パンフレットダウンロード

旅のポイント

Point 1
韓国の伝統を引き継ぐ地域名士を訪ねます。
Point 2
百済ゆかりの世界遺産へご案内します。
Point 3
関西空港より清州空港への直行便を利用します。
Point 4
韓国絶品グルメ30選にも選ばれた地元の名物料理をご用意しました。

ツアープランナーより

自国の伝統文化や技術に価値を見出す“匠”や“職人”。韓国にもその道を究めてきた人々がいます。名士たちは世間の既成概念にとらわれず他人が行かない道を歩み、パイオニアとして新しい道を切り開いてきました。決して簡単な道のりではなかったと思います。そんなの彼らの歩んできた人生を辿ると、究めた道だからこそ、そこから見えてくれる韓国の深い歴史・文化があります。ツアーでは地域名士との交流を交わしながら、韓国の歴史と文化を振り返る特別な時間をお楽しみください。きっと今までにない特別な体験や新しい価値観に触れることができることでしょう。また、百済の古都、扶余を始めとする百済ゆかりの見どころの数々へご案内します。日本の歴史にもつながる古代ロマン溢れる旅をお楽しみくだい。

見どころのご紹介

日本とのゆかりが深い、百済の歴史を辿ります

日本との関わりが深く、飛鳥文化の影響も色濃く受けたと言われている百済。かつて約700年にわたり朝鮮半島の南西部を占めた古代国家です。発掘された遺跡からも日本のみならず東アジア周辺にある小国との交流があったことを知ることができます。その功績と文化水準の高さが評価され、百済時代の古都に残された史跡が「百済歴史地区」として世界遺産に登録されています。そんな歴史地区の史跡をはじめとする数々の百済ゆかりの地へご案内しながら、日本の歴史にもつながる百済の歴史を辿ります。

123年間、百済の都として栄えた扶蘇山城の白馬江を望む百花亭。宮女たちが身を投げたといわれます
宋山里古墳群を構成するひとつ、武寧王陵。王と王妃が合葬されています

地域名士と出会い、新しい価値観に触れていただきます

世界には自国の伝統文化や技術に価値を見出す”匠”や”職人”が居るものです。彼らが歩んできた道を辿ると、名士ならではの特別な体験や価値観に触れることができます。韓国にもその道を究めてきた人々がいます。そんな韓国各地の地域名士を訪ね、交流を交わしながら韓国の歴史・文化を体験していただきます。

地域名士①【全州】:朝鮮王朝時代最後の皇孫・李錫

全州・韓屋村に「承光斎」と書かれた韓屋があり、そこには朝鮮王朝の最後の皇孫が住んでいます。亡国の皇孫だった彼は生まれた瞬間から映画のような波瀾万丈な人生を歩んできました。このドラマのような話が現実であることを裏付ける人物が皇室文化財団の総裁・李錫さん。自分の体験談をもとに、忘れ去られた大韓帝国の皇室の歴史、伝統、文化を維持・継承していくべく様々な活動をしながら東奔西走している李錫さんにお会いします。

地域名士:李錫さん

地域名士②【南原】:漆塗りの伝統を受け継いでいく朴康龍

伝統技法である漆塗りは、その作業工程の難しさと漆への認識により、あまり大衆的なものと思われていません。しかし、主に祭器に用いられてきた漆塗りを日常で使う食器の製作に導入し、新しいカラーや様々な技法を開発して漆工芸の花を咲かせている人がいます。南原木器の華やかな復活の礎を築いた漆匠・朴康龍さん(全羅北道無形文化財第13号漆匠保持者)です。南原は青銅器時代から漆塗りの痕跡が発見されるほど、漆塗りの木工芸が発達した地域で、本来は僧侶が用いる食器である鉢盂を作る技術が受け継がれたことで発展していきました。しかし時代の変化とともに漆の食器は衰退の一途をたどっていくこととなります。そんな中、漆塗りの故郷という名声を取り戻し、漆工芸を発展させることに成功した朴さんの「漆塗り人生」を辿ります。

地域名士:朴康龍さん

地域名士③【高敞】:千年陶磁器の伝統を引き継ぐ柳春逢

全羅北道高敞で千年陶磁器の伝統を引き継いでいる東谷窯3代目窯長の柳春逢職人。高敞は初期の青磁が発見されるほど、朝鮮から現代にいたるまで陶磁器を作ってきた代表的な陶磁器の街。陶磁器の伝統が千年にわたって受け継がれている場所です。その陶磁器の町、高敞で伝統を引き継ぐ東谷窯の柳春逢さんを訪ねます。

地域名士:柳春逢さん

「韓国絶品グルメ30選」地元の名物料理をお楽しみください。

各地に様々な郷土料理が受け継がれている韓国では、その魅力を伝える「韓国絶品グルメ30選」(JATAアウトバウンド促進協議会選定)を選定しています。そこで選ばれた扶余の蓮の葉包みご飯や全州ビビンバなど、各地の名物料理をご用意しております。是非、韓国グルメもお楽しみください。

全州ビビンバ(イメージ)

ツアー日程

4日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
関西空港11:00発 清州空港12:45着 扶余17:30着

■午前、関西空港よりエアロKにて清州空港へ。

■清州空港着後、バスにて百済最後の都・扶余へ。

■世界遺産●扶蘇山城、白馬江遊覧●王宮跡にご案内します

■夕食は、名物料理「蓮の葉包みご飯」をご用意しました。

(扶余泊)

2日目
扶余09:00発 全州13:00着(地域名士①全州)

■午前、●扶余博物館にご案内します。

■バスにて百済武王の王宮跡、益山の世界遺産●王宮里遺跡を見学。

■昼食は、名物料理「全州ビビンバ」をご用意しました。

■午後、全州韓屋村の散策へ。

■地域名士①全州:朝鮮王朝最後の皇孫宅●承光斎を訪ねます。

【2連泊】(全州泊)

3日目
全州08:30発 南原(地域名士②南原、地域名士③高敞) 全州

■午前、バスにて南原へ。韓国を代表する庭園●広寒楼苑にご案内します。

■地域名士②南原:漆工芸の名士を訪ねます。

■バスにて高敞へ。昼食は名物料理「高敞風川チャンオ」をご用意しました。

■午後、地域名士③高敞:千年陶磁器の伝統を引き継ぐ名士を訪ねます。

■世界遺産〇高敞支石墓、〇高敞邑城を見学します。

■その後バスにて全州へ戻ります。

(全州泊)

4日目
全州09:00発 公州(公山城) 清州空港16:40発 関空空港18:30着

ご希望の方は、街の素顔に出会う朝のぶらぶら散歩にご案内します。

■午前、バスにて公州へ。世界遺産●武寧王陵、百済の王都を守った城塞、世界遺産●公山城へご案内します。

■夕刻、清州空港より航空機にて関西空港へ。

■着後、解散。

※名士に関しましては、体調や都合により代理の方になることもありますのでご了承ください。

※エアロKは無料受託手荷物が15kgまでとなります。また、機内食、ドリンク等のサービスはございませんのでご了承ください。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは4日間のコースです。

出発日 旅行代金
4月2日(火)発

旅行代金:¥258,000

5月14日(火)発

旅行代金:¥258,000

■1名室利用追加代金:¥38,000
お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。
■燃油サーチャージ別途目安:¥11,800:12月1日現在

■ビジネスクラスの設定はございません。エコノミークラスのみとなります。

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、関西空港の旅客取扱施設使用料3,100円ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111