ドレスコード無しの気軽な船旅

ノルウェージャン・スター 白夜のスピッツベルゲン・ロフォーテン諸島・アイスランドへの船旅【16日間】

  • 集合場所:成田空港
  • 出発日: 6月8日(土)
  • 旅行代金:海側キャビン(エコノミークラス利用)¥1,180,000〜バルコニーキャビン(ビジネスクラス利用)¥1,800,000

旅のポイント

Point 1
訪れにくいロフォーテン諸島、スピッツベルゲン島、アイスランドを効率的に一度に訪問します。
Point 2
白夜の季節に輝く、極北の美しい自然景観をクルーズ船よりお楽しみいただきます。
Point 3
アイスランドで下船後は、ゴールデンサークルの見学にもご案内します。

ツアープランナーより

アイスランドやノルウェーのロフォーテン諸島、ヨーロッパ最北の岬ノールカップ、そして人類定住最北の地スヴァルバル諸島・・・いずれも僻地にあるためなかなか訪れにくい地ですが、旅好きのお客様はいつかは訪れてみたいと願う訪問地を一度に、しかも白夜の季節に訪れる大型客船ノルウェージャン・スターの船旅をご案内します。 これらの地域の魅力は、何といってもその雄大な自然景観にあります。人を寄せ付けないような極北の大自然は、旅人を圧倒します。ノルウェー北極圏最大の町トロムソ(人口約7万人)から出航。一つ目のハイライトは翌日にやってきます。この日は「海のアルプス」と称されるロフォーテン諸島の絶景ドライブ観光へ。レイネやオーなど、海から屹立する峻険な山々とそこに寄り添う町のコントラストは絵のように美しいものです。その後世界遺産アルタの岩絵、ヨーロッパ最北のノールカップ岬を経て、スピッツベルゲン島(スヴァルバル諸島)へ。アイスランドでは北部のアークレイリと北西部のイーサフィヨルズルに寄港。下船後はアイスランドで一番の見どころが集まるゴールデンサークルの観光にご案内します。 極北の短い夏と白夜の時期にあわせた、この時期だけの航路です。船上から、そして上陸観光にて存分に極北の景観をお楽しみください。

見どころのご紹介

訪ねる機会の少ないアイスランド北部の大自然を満喫

宿泊施設が少なく、また人口の集中する南西部からは遠いため、屈指の大自然があるにも関わらず、訪れる機会が少ないのがアイスランド北部です。深く切れ込んだ美しいフィヨルドの海岸線や、数千万年前からの火山活動によって積み重ねられた溶岩による断層など、長い年月を経て造られた景観があります。アイスランド一の美しさを誇ると言われる「神の滝」ゴーザフォスの滝は必見です。

ゴーザフォスの滝 幅30メートルを超える湾曲した崖の上から12メートル下の滝壺に水が流れ落ちます
2300年前の火山の噴火活動によって形成されたミーヴァトン湖(イメージ)
幅100メートル、落差44メートル 大迫力のデティフォスの滝

海のアルプスと称される絶景のロフォーテン諸島をドライブ

ロフォーテン諸島寄港の際には、諸島最西端の町オーへと至る絶景のドライブルートをご案内します。途中に立ち寄る「ヨーロッパの美しい村30選」にも選ばれたレイネは、「海のアルプス」と表現される海上に突き出た山岳風景とカラフルな家屋のコントラストが印象的な町。そしてレイネを離れて20分ほど進むと、ロフォーテン諸島の最西端の町オーに到着です。氷河とフィヨルドが作り出した果ての絶景に人々の生活が溶け込む様をご覧ください。

海のアルプスと称されるロフォーテン諸島。切り立った山々と人々の暮らしが織り成す絶景を求めてドライブします(イメージ)
ロフォーテン諸島最西端の港町オー 果てに来た実感を味わってください
絵のように美しいレイネの町(イメージ)

ヨーロッパ最北の岬ノールカップ 最果ての地で出会う風景

ヨーロッパ最北の岬ノールカップ(北緯71度10分21秒)。高さ300mもの急峻な崖の先端には地球をモチーフにしたモニュメントが建ちます。この場所から望む、果てしなく広がる大海原の風景には言葉にしがたいロマンが溢れます。夜でも沈まぬ太陽、白夜の季節ならではの地の果てでの時間をお楽しみください。

ヨーロッパ最北端の地、ノールカップ岬 白夜の季節は太陽が沈みません

人類定住最北の地スヴァルバル諸島のスピッツベルゲン島に寄港

スピッツベルゲン島では島最大の町ロングイヤービエンに寄港します。イースフィヨルドの奥、氷河に削られたU字谷に人口2000人前後が住んでいる行政の中心地です。ロングイヤービエン周辺の自然景観に加え、最果ての地で暮らす人の町を体感してみてください。

ロングイヤービエンの町の風景
ロングイヤービエン周辺の自然景観(イメージ)

下船後も充実の観光・迫力の大自然ゴールデンサークル

アイスランドの地殻変動を象徴するのが、溶岩台地が広がる内陸部です。レイキャビック近郊の「ゴールデンサークル」では、氷河から流れ出る水が豪快に渓谷へと流れ落ちるグトルフォスの滝や、時に 30 メートルもの高さまで温水を噴き上げるゲイシール間欠泉など、大地の鼓動が間近に感じられます。クルーズ下船後も充実した大自然の景観をお楽しみいただきます。

最大幅は約70メートル、南部を代表するグトルフォスの滝
地球の息吹を感じるゲイシール間欠泉(イメージ)

 
ノルウェージャン・スター
お洒落不要の気軽で陽気な客船でクルーズを楽しみます

ノルウェージャン・スター

SHIP DATA
■就航:2001年(2021年改装) ■総トン数:91,740トン ■乗客数:2348名 ■乗組員:1031名

フリースタイルクルーズを業界にいち早く取り入れたのがノルウェージャンクルーズです。外洋船特有のドレスコード(服装規定)がなく、どなたでも気軽にクルーズライフを楽しんでいただける船として人気です。”お好きな時に、お好きな場所で、お好きな方と”をコンセプトにしたフリースタイルダイニングは、メインダイニングも含め13ものレストラン・カフェからお選びいただけます(一部レストランは有料)。ノルウェージャンクルーズの大きな魅力のひとつが船内エンターテインメント。落ち着いたピアノバーからディスコミュージックまで、夜には船内のいたるところで生演奏が聞こえてきます。特に足を運んでいただきたいのが劇場です。毎晩、ミュージカルやマジックショーなどワールドクラスのエンターテインメントが上演され、楽しいクルーズライフをお過ごしいただけます。

 スペシャル特典  
❶ スペシャリティーレストランを4回ご利用いただけます(通常別料金)
船内クレジット(おこづかい)75ドル分をプレゼント
船内インターネット(WIFI)サービス150分間プレゼント

通常は別料金となるスペシャリティレストランを追加料金なしで4回ご利用いただけます

数々の受賞歴を誇る、ノルウェージャン・クルーズライン。6つもある無料で楽しめるレストランに加え、我々日本にはうれしい「寿司」や「鉄板焼き」を含むスペシャリティレストラン(有料・予約制)もあります。このたびはそのスペシャリティレストランを追加料金なしで4回ご利用いただけます。

服装もお食事も、過ごし方も自由に!
「フリースタイルクルージング」は気軽な船旅です

ハワイクルーズで人気を博したこのクルーズスタイルは、まず、服装が自由。ドレスアップとドレスダウンがなんと自由です。いままでのクルーズの常識を覆し、瞬く間に世界で人気を博しています。おしゃれして夕食を楽しむもよし、カジュアルなスタイルで軽く食事をすませる日もあり、毎日違ったレストランでお好きな時間にお好きな方と食事を楽しめます。

お食事も楽しみです(イメージ)

ノルウェージャン・スター 客室のご案内

海側キャビン
角窓・シャワー・約14㎡

海側キャビン(イメージ)
(イメージ)

バルコニーキャビン
バルコニー・シャワー・約18㎡

バルコニーキャビン(イメージ)
(イメージ)

ツアー日程

16日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
成田空港23:05発

■成田空港より、航空機にてヘルシンキへ。

(機中泊)

2日目
ヘルシンキ05:55着 ヘルシンキ16:15発 トロムソ17:05着

■ヘルシンキ着後、空港ホテルで休憩。

■夕刻、航空機にてトロムソへ。

■着後、ホテルにチェックイン。

(トロムソ泊)

3日目
トロムソ20:00発

■午前、トロムソの市内観光へ。●トロムソ博物館●北極教会などを訪ねます。

■その後、ノルウェージャン・スター号へ乗船します。

■夜、ロフォーテン諸島に向け出港します。

【11連泊】(船中泊)

4日目
レクネス10:00着 レイネ オー レクネス19:00発

■午前、レクネス入港後、テンダーボートにて上陸。ロフォーテン諸島のドライブ観光へご案内します。景色の美しい漁村の○レイネ○オーを訪れます。

(船中泊)

5日目
ハンメルフェスト12:00着 ハンメルフェスト23:00発

■昼頃、ハンメルフェストに入港。午後、ハンメルフェストの市内観光へご案内します。●ハンメルフェスト教会○シュトルーヴェの測地弧○サレン展望台などにご案内します。

(船中泊)

6日目
アルタ07:00着 アルタ18:00発

■朝、アルタフィヨルドの最奥にある町、アルタに入港。●アルタ博物館へご案内します。ユネスコの世界遺産に登録された紀元前9000年からの絵が刻まれているロックアートを見学。

■午後、自由行動。

(船中泊)

7日目
ホニングスヴォーグ07:00着 ノールカップ ホニングスヴォーグ

■午前、ホニングスヴォーグに入港。

■午後、マーゲロイ島のドライブをお楽しみいただきながら漁村を巡り(イエスヴァル村など)、ヨーロッパ最北端の岬ノールカップを目指します。

■ノールカップホールにてフリータイムをお取りします。モニュメント前での記念撮影や、郵便局、シアターでのビデオ上映、歴史展示などご覧いただけます。

(船中泊)

8日目
ホニングスヴォーグ01:30発

■深夜、船はホニングスヴォーグを出港。スピッツベルゲン島ロングイヤービエンに向けて航行します。

(船中泊)

9日目
ロングイヤービエン09:00着

■午前、ロングイヤービエン入港後、スピッツベルゲン島の観光。バスにて島のドライブで大自然を肌で感じていただきます。●スバールバル博物館○スバールバル種子保存貯蔵庫○スバールバル教会などご案内します。

(船中泊)

10日目
ロングイヤービエン02:00発

■深夜、船はロングイヤービエンを出港。アイスランドに向けてのクルーズです。

(船中泊)

11日目
終日航海

終日クルーズをお楽しみください。

 

(船中泊)

12日目
アークレイリ09:00着 ゴーザフォスの滝 ミーヴァトン湖 デティフォスの滝 アークレイリ21:00発

■午前、アイスランドのアークレイリに入港。バスにて○ゴーザフォスの滝○ミーヴァトン湖○デティフォスの滝にご案内します

 

(船中泊)

13日目
イーサフィヨルズル09:00着 イーサフィヨルズル18:00発

■午前、西部アイスランドの中心の町イーサフィヨルズルに入港。テンダーボートにて上陸します。半島をなぞるように続くフィヨルドや漁港を眺めながらのドライブにご案内します。シンクエイリアルナルフィヨルズルの景色は圧巻です。ディニャンディの滝見学後、船に戻ります。

(船中泊)

14日目
レイキャビック06:00着 グトルフォスの滝 ゲイシール間欠泉 ケフラビーク17:00着

■朝、レイキャビクに入港後、ゴールデンサークルの観光へ。○グトルフォスの滝○ゲイシール間欠泉などをご案内します。

■昼食後、ホテルへ。

(ケフラビーク空港近郊泊)

15日目
ケフラビーク08:45発 ヘルシンキ15:10着 ヘルシンキ17:45発

■午前、ケフラビークより航空機にてヘルシンキへ。

■着後、航空機を乗り換え帰国の途へ。

(機中泊)

16日目
成田空港13:05着

■午後、成田空港に到着。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは16日間のコースです。

出発日 旅行代金
6月8日(土)発

旅行代金:¥1,180,000

エコノミークラス利用 海側キャビン(シャワー・約14㎡)
1名室利用追加代金:¥320,000


旅行代金:¥1,700,000
ビジネスクラス利用 海側キャビン(シャワー・約14㎡)
1名室利用追加代金:¥320,000


旅行代金:¥1,280,000
エコノミークラス利用 バルコニーキャビン(バルコニー・シャワー・約18㎡)
1名室利用追加代金:¥420,000


旅行代金:¥1,800,000
ビジネスクラス利用 バルコニーキャビン(バルコニー・シャワー・約18㎡)
1名室利用追加代金:¥4200,000


※部屋の広さはバルコニーがある場合、バルコニーを含みます。

■おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

 

■ビジネスクラス利用区間:成田~ヘルシンキ間往復

 

■燃油サーチャージ別途目安:¥103,000:12月1日現在

 

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、成田空港の旅客取扱施設利用料3,010円ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

 

■旅行代金にはクルーズ関連諸税¥120,000は含まれておりません。

 

■旅行代金には船内チップは(1泊あたり20米ドル)は含まれておりません(船内での精算となります)。また、金額は変更となる場合があります。

 

■地方発着追加代金
大阪・名古屋〜東京 片道・・・¥5,000
福岡・札幌〜東京 片道・・・¥10,000
但し付帯条件がございますので各支店へお問い合わせください。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111