国内線で巡る 連泊滞在トルコ周遊の旅【9日間】

  • 集合場所:成田空港
  • 出発日: 5月9日(木)
  • 旅行代金:エコノミークラス利用¥458,000〜ビジネスクラス利用¥938,000

旅のポイント

Point 1
国内線を3回利用し、9日間でトルコの主な見所を移動の負担少なく、効率よく周遊。
Point 2
世界遺産カッパドキアでは洞窟風ホテルに連泊し、夕景の絶景ポイントへご案内。
Point 3
イスタンブールでは、ブルーモスクまで徒歩5分程の絶好の立地のホテルで3連泊。

ツアープランナーより

日本の約2倍と広大な国土を誇るトルコ。ヨーロッパとアジアに跨る世界遺産の古都イスタンブールはよく知られていますが、魅力はそれだけではありません。地中海やエーゲ海に面した温暖な地中海性気候の地には古代ギリシャや古代ローマ文明によって栄えた歴史が刻まれ、中央部から東部の山岳地帯では独特な気候と風土が作り上げる絶景が広がるなど、多様な魅力にふれることができます。しかし国土が広い分だけ、移動するにもそれなりの時間を要します。このコースでは国内線を3回利用し移動時間を通常のバスのツアーに比べて大幅に減らして各地に連泊。9日間でトルコの主要な見所を巡る周遊コースに仕立てました。イスタンブール3連泊からスタートし、奇岩の景観カッパドキア、綿の城の意味を持つパムッカレ、エーゲ海沿いの古代遺跡の町エフェソスなど、ゆったりとお楽しみください。

見どころのご紹介

旧市街の中心に3連泊。イスタンブールの見所をじっくりとご案内

ローマ帝国、ビザンティン帝国、そしてオスマン帝国の都と繁栄の時を過ごした悠久の都イスタンブール。ブルーモスクの愛称で知られるスルタン・アフメット・モスクが改修工事を終えて昨年より公開されたり、オスマン帝国の都を象徴する建築トプカプ宮殿では開放されていなかったエリアが新たに公開されるようになったり、観光地としての魅力をますます高めています。ツアーでは3連泊して、これらの見どころを訪ねるとともに、ボスポラス海峡を遊覧し、絵はがきなどやテレビなどで目にしたイスタンブールの美しい姿をご覧いただきます。旧市街の中心(ブルーモスクまで徒歩5分程です)に位置するホテルを確保しましたので、自由時間も含めて古都イスタンブールを満喫いただけます。

大規模な修復作業を終えたトプカプ宮殿、初公開の箇所をご案内

ハレム
17世紀に建てられたハレム(側室女性たちの住居区域)には、洗濯場、ハマム、大部屋などの生活空間、そして病院までもがあり、高度の教育を受けていました。これまで知らなかった生活を垣間見ることができます。

きらびやかなハレム

宝物館
2014年から進めていた修復がようやく完了。2023年からは展示も新たになり、歴代スルタンの宝飾品などをはじめ、オスマン帝国の栄華を誇る貴重な品々が陳列されています。

宝物館のエントランス
再びモスクとして利用されているアヤ・ソフィア寺院

洞窟風ホテルに宿泊。カッパドキアの奇岩群を満喫

カッパドキアはトルコを代表する文化遺産であり、自然遺産でもある数少ない世界複合遺産。洞窟風ホテルに宿泊し、この2つの側面からカッパドキアの魅力に迫ります。火山灰と溶岩の台地が風雨に浸食されできた奇岩が立ち並ぶそこに、迫害から逃れてきたキリスト教徒が逃げ込み地下都市を形成しました。ギョレメ谷の洞窟に残る「暗闇の教会」は、約1500年前に住み着いた修道士が作ったものです。光が深くまで射し込むことがなかったので、保存状態の良い色鮮やかなフレスコ画が今も見られます。またツアーでは通常観光に加え、ローズバレーから絶景の夕日を眺めます。

キノコのような形をした奇岩が立ち並ぶ自然遺産のカッパドキア
ギョレメの暗闇の教会には色鮮やかなフレスコ画が
夕日に赤く染まるローズバレー

大自然が生んだ芸術 白のパムッカレを観賞

もうひとつのトルコの代表的な自然遺産がパムッカレです。真っ白な棚田のような風景が目の前に広がると、その美しさに多くの訪問客が感嘆の声を思わず上げてしまいます。トルコ語で「綿の城」を表すこの白い岩棚は、地中から染み出た温泉に含まれるカルシウムと炭酸が化学反応を起こし、石化したことにより形成されてきました。気の遠くなるような長い年月の末にでき上がった、まさに自然の芸術作品です。陽光に煌めく白い石灰棚は、まぶしくて直視できないほどの輝きを放ちます。

温泉保養地として知られる一面に白い石灰棚が広がるパムッカレ(イメージ)

圧巻の世界遺産エフェソス遺跡をゆっくりご案内

エーゲ海沿岸の町クシャダスに連泊するのも、ツアーのポイントです。ここから訪ねるのが、世界遺産のエフェソス。エーゲ海や地中海に点在する数々の古代遺跡の中でも、屈指の規模と美しさを誇る都市遺跡です。ギリシャ時代からヘレニズム時代、そしてビザンチン帝国時代に重要な交易都市として発展しました。古代に世界三大図書館のひとつに数えられた図書館、半円形劇場、アルテミス神殿など、必見の遺跡が点在しています。

ケルスス図書館 1万2000巻ものパピルス図書を所蔵していたとも
2万4000人を収容し半円形劇場

「ヒッタイト」の歴史にふれるアナトリア文明博物館

アンカラはアナトリア高原の中央部に位置するトルコの首都。ここでは、アナトリア高原各地の遺跡から出土した、貴重なコレクションを集めたアナトリア文明博物館を訪問します。なかでも注目したいのは、製鉄技術を産んだヒッタイトの陳列室。貴重なコレクションも多く、「ヒッタイト博物館」とも呼ばれています。王墓から出土したスタンダードと呼ばれる青銅器や鉄製品など、貴重な歴史遺産です。

アナトリア文明博物館 庭園にも発掘品が展示されています
スタンダードの工芸品

ツアー日程

9日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
成田11:20発 イスタンブール17:35着

午前、成田空港よりターキッシュエアラインズ直行便にてイスタンブールへ。

■着後、バスにてホテルへ。

【3連泊】(イスタンブール泊)

2日目
イスタンブール

午前、世界遺産イスタンブール歴史地区にあるトプカプ宮殿とハーレム、宝物殿の見学。

■午後、●地下宮殿の見学。その後、ボスポラス海峡クルーズ海上から眺める町並みをお楽しみください。

 

 

イスタンブール泊)

3日目
イスタンブール

午前、●グランドバザール、○アヤ・ソフィア寺院(外観)ブルーモスクなど、旧市街の歴史地区にご案内します。(注1)

■午後、自由行動。

イスタンブール泊)

4日目
イスタンブール06:30発 デニズリ07:35着 パムッカレ (世界遺産パムッカレ) クシャダス17:30着

■早朝、イスタンブールより航空機にてデニズリへ。(注2)

■着後、世界遺産○石灰棚パムッカレにご案内いたします。丘の上にはヒエラポリスの古代遺跡都市があります。円形劇場や浴場跡が残ります。

■その後、エーゲ海沿岸のクシャダスへ。

                   【2連泊】(クシャダス泊)

5日目
クシャダス (世界遺産エフェソス遺跡)

午前、世界遺産エフェソス遺跡の観光壮麗なケルスス図書館、2万4000人を収容できた半円形劇場、神殿、浴場など、都市遺跡が保存状態よく残っています。考古学博物館、●聖母マリアの家、●聖ヨハネ教会などもご案内します。

(クシャダス泊)

6日目
クシャダス07:00発 イズミール10:05発 アンカラ11:15着 (アナトリア古代文明 博物館) カッパドキア17:00着

■朝、イズミール空港へ。そして、航空機にてアンカラへ。

■午後、ヒッタイト遺跡も展示しているアナトリア文明博物館、○アタチュルク廟へご案内し、カッパドキアへ。

カッパドキアでは、洞窟風ホテルに宿泊します

  (カッパドキア泊)

7日目
カッパドキア

終日、カッパドキア地方の観光。ギョレメ谷には岩窟教会が集まり、壁画の保存状態がよい暗闇の教会を訪れます。ゼルベの谷、○ウチヒサル、○鳩の谷、●伝統的な洞窟スタイルの民家訪問などへご案内します。

■夕方、夕陽によって赤く染められるローズバレーの散策へご案内します。(注3)

カッパドキア泊)

8日目
カッパドキア ネヴシェヒル10:40発 イスタンブール12:05着/15:50発

■午前、ネヴシェヒル空港へ。そして、航空機にてイスタンブールへ。

■着後、航空機を乗り換え、帰国の途へ。

(機中泊)

9日目
成田09:25着

■午前、成田空港に到着。着後、解散。

(注1)ブルーモスクは宗教施設であり、入場者の制限をしているため、大変混みあう場合があります。状況によっては早朝を含め、観光時間を入れ替えてご案内する場合があります。

(注2)朝食はデニズリ空港到着後のご案内となります。

(注3)天候により、ご覧いただけない場合もございます。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは9日間のコースです。

出発日 旅行代金
5月9日(木)発

旅行代金:¥458,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥938,000

ビジネスクラス利用


※ 新千歳空港から、添乗員が同行します。上記旅行代金に加え、下記に記載の往復の国内線追加代金が必要となります。

■1名室利用追加代金:¥100,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

■ビジネスクラス利用区間:日本発着の国際線区間に適用(成田〜イスタンブール間の往復)

■燃油サーチャージ別途目安:¥102,500 (12月1日現在)

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、成田空港の旅客取扱施設使用料3,010円ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

地方発着追加代金
大阪・名古屋〜東京 片道・・・¥5,000
福岡・札幌〜東京 片道・・・¥10,000
但し付帯条件がございますので最寄りの支店へお問い合わせください。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111