山脈を越えて、アンドラ公国も訪ねる

カタルーニャ・ロマネスクの神髄と仏領ペルピニャンの旅【10日間】

  • 集合場所:羽田空港または成田空港
  • 出発日: 6月25日(火) 、 7月2日(火)
  • 旅行代金:エコノミークラス利用¥695,000〜ビジネスクラス利用¥1,215,000

旅のポイント

Point 1
アンドラ公国の首都アンドラ・ラ・ベリャに2連泊。小国独特の文化や珠玉のロマネスク教会群をご覧いただきます。
Point 2
ピレネーに佇むボイ谷の教会群や「カタルーニャ3大至宝」を訪ね、ロマネスク美術の魅力に迫ります。
Point 3
景勝列車プチトラン・ジョーヌ乗車や「フランスの美しい村」散策、フランス・カタルーニャの中心地ペルピニャン滞在など多彩に楽しみます。

ツアープランナーより

地中海にかけて山が低くなるピレネー山脈東部。幾筋もの谷が刻まれ、そこにはイスラムの侵略から生き残った美しいロマネスク教会や修道院、そして小さな村々が点在します。8世紀後半、フランク王国のシャルルマーニュはイスラム勢力からの防衛のため、ここに辺境伯を置き、それが後に「カタルーニャ王国」の起源となりました。このたびは恵まれた自然環境に抱かれたアンドラ公国やピレネーの山々に囲まれたボイ谷を舞台に、景勝列車にも乗車して様々な角度から迫力ある景観を訪ね、カタルーニャ地方の小さな町に残るロマネスクの傑作美術をご覧いただきます。フランスにありながらスペイン・カタルーニャの影響が色濃く残る旧都ペルピニャンでの滞在も是非お楽しみください。

見どころのご紹介

小さな独立国アンドラ公国と珠玉のロマネスク教会群

アンドラ公国はピレネーの雄大な自然に囲まれた人口わずか8万の小国家です。フランス大統領とスペインのウルヘル司教が国家元首として共同統治する珍しい体制を敷いています。アンドラにはイスラムの侵攻を逃れ残った数々のロマネスク教会があり、内部には福音書記官のフレスコ画や鐘楼にはロンバルディア様式の装飾などこの地方独特なものが残ります。

ピレネー山中の小国の首都アンドラ・ラ・ベリャ
アンドラのサンタ・コロマ教会
かつて法廷や議事堂を兼ねた「谷の家」

必見。ピレネーの奥座敷ボイ谷にロマネスク教会を訪ねます

山間にひっそりと佇むロマネスク教会。その代表格がボイ谷であり、里ごとに鐘楼を備えたロマネスク教会が残ります。周囲から隔絶された地理条件に守り続けられ、現在もピレネーの峰々に調和しています。

ボイ谷最奥の村タウイのサン・クレメンテ教会

リポイ、ジローナへ カタルーニャ3大至宝を堪能

バルセロナのカタルーニャ美術館に移築されたボイ谷のフレスコ画「全能のキリスト」、リポールのサンタ・マリア修道院の「石の聖書」、そしてジローナの「天地創造のタペストリー」。ロマネスクの真髄をご覧ください。

ジローナ 天地創造のタペストリー
リポイ サンタ・マリア修道院に残る「石の聖書」
川沿いの街並みが絵になるジローナ
バルセロナのカタルーニャ美術館でロマネスク・コレクションを堪能します

融合文化が花開いた仏領カタルーニャの町ペルピニャン

フランス南西部、地中海とスペイン国境に近いペルピニャン。ローマ時代に起源を持つこの町は、豊かな田園と海の資源に恵まれ、12世紀にアラゴン領に、13世紀にはマジョルカ王国の都となり、様々な交易で黄金期を築きました。長年にわたりカタルーニャとの関係が深く、食文化をはじめ様々な点でスペイン・カタルーニャの雰囲気が味わえます。融合文化が花開いた町並みは緑と花に彩られ、明るく絵になります。

ペルピニャンのカスティエ門
ペルピニャンではあちらこちらで赤と黄のカタルーニャの旗が掲げられています

「美しい村」であり世界遺産 ヴィルフランシュ・ド・コンフラン

フランスピレネーのヴィルフランシュ・ド・コンフランは、異端視されたキリスト教カタリ派が落ち延びたかつての城塞都市です。アクセスが不便ながら城壁に囲まれた往時の姿を完全に残しており、世界遺産に登録されています。また「フランスの最も美しい村」にも加盟しており、散策が楽しい村です。

ヴィルフランシュ・ド・コンフラン

ピレネー山脈を行くカナリア色の登山列車

フォン・ロム・オデイヨ・ヴィアからヴィルフランシュ・ド・コンフランまで標高1,600メートルを走る登山鉄道プチ・トラン・ジョーヌに乗車。「小さな黄色い列車」という名前のこの列車は、スペインとフランスの国境沿いを走る景勝鉄道として、100年以上の歴史を誇る人気路線です。(注)プチ・トラン・ジョーヌの発着時間は変更となる場合があります。鉄道会社側の都合で万一、運休となった場合には列車代をご返金致します。

プチ・トラン・ジョーヌ

ツアー日程

10日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
東京21:55発

■夜、羽田または成田空港より、航空機にて中東または欧州主要都市へ。

(機中泊)

2日目
中東または欧州主要都市05:15着/07:40発 バルセロナ10:15着

■着後、航空機を乗り換え、バルセロナへ。

■着後、モンジュイックの丘にある●カタルーニャ美術館を訪ね、ピレネー山麓各地のロマネスク聖堂から移された壁画の数々をご覧ください。

■午後、ホテルにチェックイン。

 

(バルセロナ泊)

3日目
バルセロナ09:00発 ビック リポイ セオ・デ・ウルヘル17:30着

■午前、ビックへ。着後、有数の中世美術コレクションを誇る●司教区美術館、●カテドラル、○ロマネスクの橋を見学します。

■その後、リポイへ。着後、ロマネスクの彫刻が美しい●サンタ・マリア修道院を訪れます。

■午後、セオ・デ・ウルヘルへ。ご宿泊は「パラドール」です

【2連泊】(セオ・デ・ウルヘル泊)

4日目
セオ・デ・ウルヘル (ボイ谷)

■終日、片道約3時間のピレネー・ドライブを楽しみながらボイ谷を訪ねます。

■ボイ谷では、ボイ村にある●サン・ホアン教会とタウイ村にある●サン・クレメンテ教会、●サンタ・マリア教会をご紹介します。

(セオ・デ・ウルヘル泊)

5日目
セオ・デ・ウルヘル09:00発 シスポニー アンドラ・ラ・ベリャ16:30着

■午前、国境を越えアンドラ公国へ。ピレネー山麓の教会群より、○サンタ・コロマ教会、○サン・ミゲル・デ・ダンゴラステル教会、○サン・クリメント・デ・パル教会をご紹介します。

■昼食後、シスポニー村を訪ね、アンドラの伝統住居を利用した●カサ・ルール博物館や○サン・ホアン教会の見学。

■夕刻、公国の首都アンドラ・ラ・ベリャへ。

【2連泊】(アンドラ・ラ・ベリャ泊)

6日目
アンドラ・ラ・ベリャ

■午前、徒歩にてアンドラ・ラ・ベリャの観光。議事堂や法廷も兼ねた●谷の家、歩行者天国メリチェイ通りへご案内します。

■午後、自由行動。

(アンドラ・ラ・ベリャ泊)

7日目
アンドラ・ラ・ベリャ09:00発 フォン・ロム・オデイヨ・ヴィア11:15発 ヴィルフランシュ・ヴェルネ・レ・バン12:54着 ヴィルフランシュ・ド・コンフラン ペルピニャン16:30着

■午前、国境を越えフランス領に入り、フォン・ロム・オデイヨ・ヴィアへ。

■着後、ヴィルフランシュ・ヴェルネ・レ・バンまでピレネー山脈を走る景勝列車プチ・トラン・ジョーヌに乗車します。(注)

■着後、「フランスの最も美しい村」に加盟するヴィルフランシュ・ド・コンフラン村へご案内します。

■午後、ペルピニャンへ。

【2連泊】(ペルピニャン泊)

8日目
ペルピニャン

■午前、ペルピニャンの徒歩観光。○カスティエ門、マイヨールが手掛けた中庭がある○市庁舎、●大聖堂へご案内します。

■午後、自由行動。

ペルピニャン泊)

9日目
ペルピニャン09:00発 フィゲラス ジローナ バルセロナ19:10発 中東または欧州主要都市23:35着

■午前、再び国境を越えスペインのフィゲラスへ。●ダリ劇場美術館を見学します。

■その後、ジローナへ。『天地創造のタペストリー』がある●カテドラルへご案内します。

■夜、航空機にて中東または欧州主要都市へ。

(機中泊)

10日目
中東または欧州主要都市02:20発 東京19:25着

■着後、航空機を乗り換え、帰国の途へ。

■夜、羽田または成田空港着後、解散。

※日程表の時刻は羽田空港発着のターキッシュエアラインズの利用を想定したものです。他の航空会社を利用の場合には、発着空港および時刻、日程は異なります。また、ターキッシュエアラインズ利用で成田空港発着の可能性もございます。

※スペインでは昼食は13:00頃から、夕食は20:00頃からというのが一般的です。つきましては、お疲れを考慮し夕食を敢えて含めていない時もございます。予めご了承ください。

(注)プチ・トラン・ジョーヌの発着時間は変更となる場合があります。鉄道会社側の都合で万一、運休となった場合には列車代をご返金致します。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは10日間のコースです。

出発日 旅行代金
6月25日(火)発

旅行代金:¥695,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥1,215,000

ビジネスクラス利用

7月2日(火)発

旅行代金:¥695,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥1,215,000

ビジネスクラス利用

■1名室利用追加料:¥90,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。

■燃油サーチャージ別途目安:¥102,500(12月1日現在)

■ビジネスクラス利用区間:日本発着の国際線区間にのみ適用

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、羽田空港の施設使用料及び保安サービス料合計2,950円または成田空港の施設使用料及び保安サービス料合計3,010円、ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

■地方発着追加料金

大阪・名古屋〜東京 片道・・・¥5,000
福岡・札幌〜東京 片道・・・¥10,000

但し付帯条件がございますので各支店へお問い合わせ下さい。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111