田園風景に包まれたポサーダ滞在も楽しむ

ポルトガル周遊とアレンテージョ地方の美しい町々【11日間】

  • 集合場所:羽田空港
  • 出発日: 5月24日(金)
  • 旅行代金:エコノミークラス利用¥798,000〜ビジネスクラス利用¥1,318,000

ツアーコード: ES148T

パンフレットダウンロード

旅のポイント

Point 1
アレンテージョ地方にあるポサーダに滞在し、素朴な田舎町や田園風景を訪ねます。
Point 2
リスボン、ポルトでは、それぞれ上級ホテルに連泊し、ポルトガルの歴史を感じられる見どころへご案内します。
Point 3
古都コインブラにて、弊社のお客様だけの貸切りファドコンサートをお楽しみいただきます。

ツアープランナーより

ヨーロッパ諸国の中でもどこか懐かしさを残すポルトガル。このたびはリスボンとポルトの上級ホテルの連泊に加えて、スペイン国境に近いアレンテージョ地方のポサーダ滞在も組み込みました。アレンテージョ地方は、自然豊かな丘陵地帯にエヴォラやモンサラーシュなど素朴な田舎町が佇み、ヨーロッパの田舎や小さな村がお好きな方へぜひおすすめしたいエリアです。車窓から覗くのどかな田園風景を見ているだけでも心が安らぎます。大学都市コインブラでは、独特の伝統を持つコインブラ・ファドの貸切コンサートもお楽しみいただきます。また、ナザレにも宿泊することで、見逃してしまいがちな小さな町や歴史遺産も、バス移動の途中でしっかりと立ち寄れる行程にしております。一味違うポルトガル周遊の旅へどうぞお出かけください。

見どころのご紹介

素朴なポルトガルの姿を残す アレンテージョ地方へ

リスボンを流れる「テージョ川の向こう側」を意味するアレンテージョ地方。ポルトとリスボンを結ぶ主要な観光ルートから外れることも影響し、中世の面影をそのままに残す村、素朴な人々の暮らしやシンプルで豊かな生き方が今も息づいています。古くから農耕・牧畜が盛んで、ポルトガルの胃袋を支える「美食の大地」としても知られ、陶器の産地でもあります。この旅ではアレンテージョ地方の街、アライオロスのポサーダに連泊し、周辺の村や古都をゆっくりと訪ねます。

たくさんのオリーブやコルクの木々が並びます
アレンテージョ地方の陶器(イメージ)

ポルトガルで最も美しい村にも選ばれた絵になる町 モンサラーシュ

ポルトガル東部、エヴォラ郊外の緩やかな丘陵の上に佇む、城壁で囲まれた白い町モンサラーシュ。ポルトガルで最も美しい村と称された町並みは、どこをとっても絵になります。町へ入る前に見える遠景もお勧めの撮影ポイントです。

丘の上に立つ美しい村モンサラーシュ
モンサラーシュの町へ入る前に見える遠景もお勧めの撮影ポイントです

天正遣欧少年使節団も訪れたエヴォラ

ポルトガル東部、アレンテージョ地方を代表する町で、古代ローマ時代に起源を持ちます。町の高台には当時のローマ遺跡、ディアナ神殿が残ります。大聖堂はかつて天正遣欧少年使節団がパイプオルガンを弾いたことでも知られます。

エヴォラの街角に残るローマ時代のディアナ神殿

漁師町ナザレに宿泊し、素朴な雰囲気に触れる

昔ながらの漁師町としての伝統を持つナザレ。海岸線に沿った高台に囲まれるようにして家々が固まっています。現在、メインストリートは海岸近くに移っており、新鮮な魚介類が並ぶ市場や多くのホテルが並びますが、宿泊することで朝の静かな時間帯に昔の静かな漁師町の面影に触れていただくことが出来ます。

漁師町ナザレ

コインブラの伝統「男たちのファド」に浸る、貸し切りコンサート

13世紀に設立された世界最古の大学の一つ、コインブラ大学。世界文化遺産の大学建築群を見学した後には、この大学に伝わる音楽の伝統「コインブラファド」をワールド航空のお客様だけの貸し切りコンサートをご用意しました。男子学生に今も受け継がれている、独特のロマンティックなファド文化をお楽しみください。

男性歌手が歌い上げるロマンチックなコインブラ・ファドに酔いしれます

カラフルな街並みが美しいポルト

ドウロ川が大西洋に注ぐ河口の丘に広がる町がポルトです。 南部のリスボンと異なり、北部のポルトでは大きな震災がなく、昔からの変わらぬ風情ある町並が今も残されています。
赤い瓦と石の古い街並みの中を歩いていると、アズレージョと呼ばれる青色のタイルで装飾された教会などに出会ったりと、街歩きも楽しみです。ご宿泊は、観光や自由散策を存分にお楽しみいただけるサン・ベント駅からも近い、中心部のホテルをご用意しました。思い思いの過ごし方でお楽しみください。

カラフルな家並みが広がる打つ俱牛居ポルトの町.

見逃せない小さな町々を訪ね、ポルトガルを深く知る周遊の旅です

伝統的な船が見られる運河の町アヴェイロ
かわいらしい村オビドス
ストライプ模様の家が並ぶコスタ・ノヴァ
世界遺産に登録されるアルコバサ修道院
ポルトガル建国の地ギマランイス

日本的な味覚で好評のポルトガル料理

ユーラシア大陸の西端に位置するポルトガルはヨーロッパでは珍しく魚介類を使った料理が豊富です。とくにバカリャウという塩漬けされた干鱈はポルトガルのスーパーには必ずといっていいほど見ることができ、これを使った料理は 365日食べられるといわれるほどです。また、港町ナザレでは、私たち日本人にはうれしい、町の名物イワシの塩焼きや郷土料理カルド・ヴェルデをご用意しました。大航海時代に戦国期の日本に渡来した宣教師たちが持ち込んだ素朴な味わいのお菓子も是非、お楽しみください。

ポルトガルの郷土料理、カルド・ヴェルデ(イメージ)
どこか懐かしさを感じる素朴なポルトガルの伝統菓子パン・デ・ロー(イメージ)

 連泊する町々ではホテルにもこだわりました

■ポルト: ペスターナ・ポルト・ア・ブラジレイラ

ポルトでは、青い装飾タイルのアズレージョが見事なサン・ベント駅近くに位置する上級ホテル「ペスターナ・ポルト・ア・ブラジレイラ」に2連泊。散策の拠点として大変便利ですので、世界遺産ポルト旧市街の路地歩きへぜひお出かけください。※シャワーのみの客室となります。

19世紀初頭にポルトで初めてのカフェとして営業していた歴史的建築を改装したホテルで雰囲気があります
サン・ベント駅に近く、散策に便利です

リスボン:チボリ・アヴェニーダ・リベルダーデ

リーディング・ホテルズ加盟の快適な上級ホテル「ティボリ・アヴェニーダ・リスボダーデ」をご用意しました。リベルダーデ大通りに面し、地下鉄アヴェニーダ駅も至近で、自由行動の際にも便利です。

レストランも落ち着いた雰囲気です
落ち着いた雰囲気の客室(イメージ)

アライオロス:ポサーダ・コンヴェント・デ・アライオロス

古城や宮殿、修道院といった歴史的建造物を利用したポルトガルの国営ホテル「ポサーダ」の一つ、コンヴェント・デ・アライオロスにご宿泊いただきます。16世紀の修道院を改修しており、伝統建築とモダンな設えが調和した快適な滞在をお楽しみいただけるホテルです。アレンテージョ地方の緑豊かな風景に囲まれたロケーションも魅力です。

ツアー日程

11日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田21:55発

■夜、羽田空港より、航空機にてイスタンブールへ。

(機中泊)

2日目
イスタンブール05:05着/08:10発 ポルト11:15着 (ポルトガル建国の地・ギマランイス)

航空機を乗り換えポルトへ。

■着後、ポルトガル建国の地ギマランイスへ。●ギマランイス城、○旧市街の散策へご案内します。

■その後、ポルトへ戻り、ホテルへ。宿泊は、街の中心に位置する「ペスターナ・ポルト・ア・ブラジレイラです。

【2連泊】(ポルト泊)

3日目
ポルト (サン・ベント駅、カテドラル、サンフランシスコ教会)

■午前、徒歩にてポルトの市内観光。アズレージョの美しい○サン・ベント駅、銀細工の祭壇で知られるカテドラル、バロック装飾の極致サンフランシスコ教会へご案内します。

■午後、自由行動。ご希望の方はドウロ川クルーズにご案内します。

(ポルト泊)

4日目
ポルト08:30発 アヴェイロ コスタ・ノヴァ コインブラ13:00着 (貸切コインブラファドコンサート)

■午前、水の都アヴェイロへ。着後、運河沿いの散策を楽しみます。その後、可愛らしいストライプ模様の家が立ち並ぶコスタ・ノヴァに立ち寄り、大学都市コインブラへ。

■午後、コインブラの観光。旧大学、●大学図書館を見学します。その後、ワールド航空のお客様の為だけでお楽しみいただく貸し切りのコインブラ・ファド・コンサートをお楽しみ下さい。

■夕刻、ホテルへ。

(コインブラ泊)

5日目
コインブラ08:30発 トマール ファティマ バターリャ ナザレ17:00着

■午前、ポルトガル最大の修道院が残るトマールへ。マヌエル様式の美しい世界遺産キリスト修道院、聖母マリアの奇跡の地ファティマ、そしてポルトガルの勝利を記念して建てられた世界遺産バターリャ修道院を訪ねます。その後、素朴な漁村、ナザレへ。

(ナザレ泊)

6日目
ナザレ08:30発 アルコバサ オビドス アライオロス17:30着

■出発の前に、漁村ナザレの散歩にご案内します。

■その後、初代ポルトガル国王が建立した壮麗な世界遺産アルコバサ修道院を見学。

■その後、山間の美しい村オビドスへ。城壁に囲まれた旧市街の散策とポサーダでの昼食をお楽しみ下さい。

■午後、テージョ川を越えてポルトガル南部アレンテージョ地方のアライオロスへ。ご宿泊は修道院を改装したポサーダでご用意しました。

【2連泊】(アライオロス泊)

7日目
アライオロス (世界遺産エルヴァス、美しい村モンサラーシュ、エヴォラ)

■午前、スペインとの国境沿いに建つ、世界遺産の城壁都市、エルヴァスへ。城壁の街の散策をお楽しみ下さい。その後、ポルトガルで最も美しい村の一つ、モンサラーシュを訪ね、エヴォラへ。

■午後、世界遺産の古都エヴォラの市内観光。カテドラル、○ディアナ神殿などにご案内します。

(アライオロス泊)

8日目
アライオロス08:00発 シントラ ロカ岬 リスボン17:30着

■午前、シントラへ。伝統ある王宮にご案内します。その後、ユーラシア大陸最西端のロカ岬に立ち寄り、リスボンへ。

■宿泊は、リベルダーデ大通りに面して建つ「ティボリ・アヴェニーダ・リベルダーデ」です。

【2連泊】(リスボン泊)

9日目
リスボン (ジェロニモス修道院、ベレンの塔、発見のモニュメント)

■午前、リスボンの市内観光。ジェロニモス修道院、○ベレンの塔、○発見のモニュメントにご案内します。

■午後、自由行動。

(リスボン泊)

10日目
リスボン16:50発 イスタンブール23:45着

■出発まで、自由行動。

■夕刻、航空機にてイスタンブールへ。

(機中泊)

11日目
イスタンブール02:05発 東京19:20着

■着後、航空機を乗り換え、帰国の途へ。

■夜、羽田空港に到着。着後、解散。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは11日間のコースです。

出発日 旅行代金
5月24日(金)発

旅行代金:¥798,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥1,318,000

ビジネスクラス利用

■1名室利用追加料:¥160,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。

■ビジネスクラス利用区間:日本発着の国際線区間にのみ適用

■燃油サーチャージ別途目安:¥102,500 (1月1日現在)

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、羽田空港の施設使用料及び保安サービス料合計2,950円ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

■地方発着追加代金

大阪・名古屋〜東京 片道・・・¥5,000
福岡・札幌〜東京 片道・・・¥10,000

但し付帯条件がございますので支店・営業所へお問い合わせ下さい。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111