現地視察を経て待望の再開

【2024ゴールデンウィーク】人類最古ギョベクリ・テペ遺跡と南東トルコの旅【9日間】

  • 集合場所:成田空港
  • 出発日: 4月27日(土)
  • 旅行代金:エコノミークラス利用¥558,000〜ビジネスクラス利用¥1,138,000

旅のポイント

Point 1
世紀の大発見ギョベクリ・テペ遺跡をじっくりと見学します。
Point 2
世界最大級のモザイク博物館や遺跡からの出土品を収めた博物館も時間をかけて見学します。
Point 3
近年発掘がはじまった注目の遺跡、カラハン・テペにもご案内。

ツアープランナーより

1万2000年前に遡る神殿跡が発見された「ギョベクリ・テペ遺跡」。人類最古とされてきたシュメール人のメソポタミア文明よりも、何と5000年も古い時代のものです。世界四大河文明をはじめとする世界の名だたる古代遺跡と比べても格段に古く、しかも、大規模な神殿遺跡は極めて見応えがあります。1万2000年前といえば、ようやく氷河期が終わり、先史時代を迎える時期です。これまでの考古学では「人類は農耕を始め、そして定住をし、その後に文明や国家、宗教が生まれ発達した」とされてきました。しかし、ここギョベクリ・テペではまだ農耕文明が始まる前に巨大神殿、つまり宗教施設が造られたのです。この謎の遺跡を存分にご堪能ください。シャンルウルファの博物館ではこの遺跡から発掘された多数の出土品もご覧いただきます。近郊で発掘中のカラハン・テぺ遺跡、ガズィアンテップでは世界最大のモザイク博物館にご案内。歴史ロマンに溢れる旅です。各地のホテルもモダンで快適、そして、世界三大料理と称されるトルコ料理の中でも美食の街と謳われ、ユネスコ食文化創造都市にも認定されているガズィアンテップでは、市長の肝いりのレストラン「ガズィアンテップ料理芸術センター」で、トルコの食文化をお楽しみください。

見どころのご紹介

歴史の定説を覆す大遺跡をじっくりと見学します

 「ギョベクリ・テペ」とはトルコ語でギョベクリ(太鼓腹)とテペ(丘)から成り、すなわち「太鼓腹の丘」の遺跡の意味です。名前の通りトルコ南東部のシャンルウルファの北東約20キロの丘の上に位置する1万2000年前の世界最古の神殿跡です。この神殿は10トンはあろうかという円柱、20本以上に囲まれ、しかも中央部の石柱にはライオン、ヒョウ、ハゲワシなど獰猛な動物たちが彫り込まれています。また、複雑で幾何学的な形状の浮彫は古代エジプトのヒエログリフより遥かに古い記号言語の一種とされています。
 さらに驚くべきことは、神殿の周辺に人々が暮らした村の形跡がないことです。つまり、人々は半径百数十キロの村々から旅をしてこの神殿祭儀に参加したと考えられています。「お伊勢参り」や「善光寺詣で」のように人々は長距離を歩いてここにやって来たのでしょうか。謎は深まるばかりです。

ギョベクリ・テペの遺跡
リアルな動物が描かれています

アブラハムゆかりのシャンルウルファでは考古学博物館を見学。中東風の旧市街散歩も

 シャンルウルファの町の中央に位置する考古学博物館には、ギョベクリ・テペからの貴重な出土品など、1万点以上の歴史的な展示を見ることができ、そのほとんどがオリジナルです。迫力満点の巨石や「世界最古のフルサイズの人物石像」といわれる通称ウルファマンなど、見応え抜群。1万2000年前の人間が、何ともお洒落で現代風なことには驚きを禁じ得ません。
 預言者アブラハム生誕の地、シャンルウルファの旧市街はトルコで最もロマンチックな街並みのひとつで、今もバザールには伝統衣装をまとった地元の人々で活気を見せています。旧市街の多くは中庭を囲むように造られた中東の伝統的なムスリムの住家で、埃っぽい通りから中は見えません。アブラハムゆかりの地のひとつバルックルギョル(聖なる魚の池)は、かつてのキリスト教会の聖堂を利用したハリル・ウル・ラフマン・モスク(1211年)の中庭にあって、絶好のフォトスポットです。

預言者アブラハムの伝説の残る聖なる魚の池「バルックルギョル」 今でもたくさんの魚が泳いでいます
シャンルウルファの考古学博物館。ギョベクリ・テペの分かりやすい再現展示が人気です。
世界最古の人物石造、通称「ウルファマン」。現代風でおしゃれな印象に驚かされます
博物館に収められた10トンは越える巨大な石柱

シャンルウルファ考古学博物館には、ギョベクリ・テペ遺跡を中心に興味深い出土品(オリジナル)が数多く展示されています。

世界最大級のモザイク博物館へ

 かつて中東エリアの交易の中心としてヒッタイト、ペルシャ、古代ローマ、ビザンチン、アルメニア、そしてオスマン帝国など様々な支配を経験してきた歴史の街ガズィアンテップ。「ゼウグマ(近郊のユーフラテス川沿いに繁栄した古代ローマ都市遺跡)モザイク博物館」は、3万平方メートルという世界最大のモザイク博物館で、あのチュニスのバルドー国立博物館を凌ぐ規模を誇り、今やトルコの至宝のひとつ。ぜひ訪れてみたいもののひとつです。館内には巨大空間に石柱が立ち並び、往時の町の様子も偲ばせながら、床一面、壁一面に精緻で彩色豊かな生き生きとしたモザイク画が、合計面積1700平方メートルにも及んで展示されています。中でも、最も有名な作品「ジプシーガール」は専用の個室に飾られていますので、どうぞお見逃しなく。いずれも保存状態が極めて良いので、とても数千年前の作品とは思えない完璧さ。「圧巻」というほかありません。

有名な「ジプシーガール」のモザイクは専用の個室に展示されています。数千年前のものとは思えない見事な作品です
驚異的な技術で作られたモザイク。まるで絵画です
ギリシャ神話の物語。海の神ポセイドン
世界遺産の食卓ガズィアンテップ

 トルコ料理は世界三大料理に数えられますが、中でもここガズィアンテップは「ユネスコ食文化創造都市」にも認定される「グルメの街」「食い倒れの街」として知られ、トルコ人も「あ〜、あの食事が美味しいところね」というくらい有名です。その数ある名店の中でも、地元の郷土料理を紹介するために、女性の市長さん肝煎りでオープンさせたのが、「ガズィアンテップ料理芸術センター(MSMガズィアンテップ)」。モダンで高級感のある上品な雰囲気とともに、自慢のフルコースに舌鼓を打ちながら、高い食文化を堪能していただきたいと思います。

ガズィアンテップ料理芸術センター
ガズィアンテップ料理芸術センター
「ガズィアンテップ料理芸術センター」の伝統料理(イメージ)のレベルはいずれもとても高いです
伝統料理(イメージ)
伝統料理(イメージ)

ロマン溢れるカラハン・テペ遺跡

 茫漠たる風景の中の小高い丘のひとつに、発掘が進みつつある「カラハン・テペ遺跡」があります。ギョベクリ・テペよりさらに1000年ほど古い(1万3000年前)ともいわれる神殿遺跡の一部には石柱が並び、よく見ると壁にはギョベクリ・テペにはない人面像がハッキリとこちらを睨んでいます。このカラハン・テペの潜在規模はギョベクリ・テペより大きいとされ、私たちの目にふれる部分はまだほんの一部に過ぎません。背後の丘の中に巨大な遺跡が眠っていると思うと、今後の発見への期待に胸が高まります。

ロマン溢れるカラハン・テペ遺跡(発掘中)

南東トルコ最大都市アダナを散策

紀元前6000年頃に町が形成されたと伝わるアダナは、古くから軍事や交易の中継地点として栄えてきました。町を流れるセイハン川には、4世紀ハドリアヌス帝の命により建造された石造りの橋が残っていて、今も現役で使われている石橋として世界最古といわれます。アダナ博物館や、市場の散策をお楽しみください。

ローマ時代からアダナの歴史を見つめてきた石橋と、1998年に完成したトルコ最大級のモスクのひとつサバンジュ・メルケズ・モスク

ツアー日程

9日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
成田空港11:20発 イスタンブール17:35着/20:45発 アダナ22:15着

■成田空港より、航空機にてイスタンブールへ。

■着後、航空機を乗り換え、アダナへ。

■アダナ着後、ホテルへ。

【2連泊】(アダナ泊)

2日目
アダナ

午前、アダナの市内観光。ヒッタイト時代から現代に至るまでの珠玉のコレクションが収蔵されているアダナ博物館アダナ市場などを訪ねます。

午後、自由行動。

(アダナ泊)

3日目
アダナ09:00発 (タルスス) ガズィアンテップ17:00着

午前、バスにて聖パウロの生まれ故郷として知られるタルススへ。聖パウロゆかりの○井戸聖パウロ教会、及び古い家並みが残されている歴史地区の散策へご案内します。

午後、バスにてガズィアンテップへ。

【2連泊】(ガズィアンテップ泊)

4日目
ガズィアンテップ

午前、2011年にオープンした、世界最大と称されるゼウグマ・モザイク博物館の参観。

午後、ガズィアンテップ城と周辺の旧市街へご案内します。○古い町並、○バザール、○オスマン時代の隊商宿(ハン)を訪ね歩きます。

(ガズィアンテップ泊)

5日目
ガズィアンテップ09:30発 (ゼウグマ遺跡) シャンルウルファ16:00着

午前、バスにて○ゼウグマの古代都市遺跡を訪問します。ユーフラテス川を渡り、ビレジクにて小休憩。

その後、シャンルウルファへ向かいます。

【3連泊】(シャンルウルファ泊)

6日目
シャンルウルファ (ギョベクリ・テペ、カラハン・テペ)

午前、人類最古の神殿遺跡ギョベクリ・テペの参観。

午後、カラハン・テペ発掘が始まり、ようやく一般公開したばかりの古代遺跡)を見学します。

(シャンルウルファ泊)

7日目
シャンルウルファ

■午前、預言者アブラハム生誕の洞窟聖なる魚の池○バザールなどシャンルウルファの旧市街の徒歩観光。

午後、●考古学博物館にて、ギョベクリ・テペ遺跡などからの夥しい出土品を中心に参観。続けて、隣接の●モザイク博物館の参観。

(シャンルウルファ泊)

8日目
シャンルウルファ08:55発 イスタンブール10:55着/15:50発

■午前、航空機にてイスタンブールへ。

■着後、航空機を乗り換え帰国の途へ。

(機中泊)

9日目
成田空港09:25着

■午前、成田空港に到着。着後、解散。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは9日間のコースです。

出発日 旅行代金
4月27日(土)発

旅行代金:¥558,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥1,138,000

ビジネスクラス利用

■1名室利用追加代金:¥80,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

■ビジネスクラス利用追加区間:日本発着の国際線区間のみ適用となります。

■燃油サーチャージ別途目安:¥71,800:10月1日付

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(成田空港の旅客取扱施設使用料及び保安サービス料合計3,010円ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります。)

■地方発着追加代金
大阪・名古屋〜東京 片道・・・¥5,000
福岡・札幌〜東京 片道・・・¥10,000
但し付帯条件がございますので各支店へお問い合わせください。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111