快適なクイーンビートル号・ビジネスクラスでゆく

博多港発 韓国の古都を訪ねて 旬の食と春景色を楽しむ旅【5日間】

  • 集合場所:博多港
  • 出発日: 3月18日(月) 、 3月25日(月)
  • 旅行代金:クイーンビートル号・ビジネスクラス利用 ¥268,000

ツアーコード: KR048F

パンフレットダウンロード

旅のポイント

Point 1
韓国随一の伝統の街・全州や、古都・慶州を訪ねます。
Point 2
各地の山海の食材を使った郷土料理を味わいます。
Point 3
快適な「クイーンビートル号」のビジネスクラスを利用し、移動の船旅自体も楽しみます。

ツアープランナーより

2022年秋より日韓航路に就航した快適なクイーンビートル号のビジネスクラスを利用して、春爛漫の韓国を訪ねます。伝統的な韓屋が立ち並ぶ全州や、日本ともゆかりのある慶州、晋州など韓国を代表する古都へご案内いたします。各地では旬の食材を使った郷土料理もご用意しました。また、例年この時期は山茱萸(さんしゅゆ)や桜、レンギョウなど韓国に春を告げる花々が開花します。様々なところで街を彩る花々を目にすることでしょう。中でも、黄色い山茱萸の花が咲く求礼(クレ)はまるで桃源郷のような美しさです。旅の締めくくりは、釜山の海雲台地区のホテルに泊まり、海の見えるお部屋でのんびりとお過ごしいただきます。古都の風情とあわせて、韓国の里山の春景色をお楽しみください。

見どころのご紹介

韓国随一の伝統の街・全州

李氏朝鮮王朝の始祖・李成桂の出身地である全州は、歴代王の肖像を収めた慶基殿を中心に伝統的な韓屋がそのままに残り美しい景観をつくりだしています。現在、これらの韓屋には全国の芸術家や伝統工芸家が招聘され、伝統芸術の街として人気です。韓屋街まで徒歩3分のホテルに連泊し、街歩きをゆっくりとお楽しみ下さい。

また、李王朝の皇孫のお宅を訪ね、朝鮮王朝発祥の地・全州の歴史に触れていただきます。高宗皇帝の孫にあたり、朝鮮王朝が続いていたならば皇族として過ごしたはずの人物です。しかし、王朝が終焉を迎えたのち、歌手、ベトナム戦争従軍軍人を経て、米国に亡命するなど波乱の人生を送りました。現在では全州に戻り、皇室文化を復元するために奔走しています。

瓦屋根の韓屋が並ぶ全州の旧市街
中世にタイムスリップしたかの様な街の散策も楽しみです

古都・慶州では世界遺産を観賞

紀元751年に建立が開始され、実に1260年もの歴史を持つ仏国寺は、韓国でも最も歴史の深い寺院のひとつ。国内外からの参拝客も後を絶ちません。広大な境内をゆっくりと巡ります。また、桜の名所として知られる新羅時代の古墳が点在する古墳公園も訪問。なだらかな古墳の稜線や公園を囲む石垣と、桜が織りなす風景をお楽しみください。

仏国寺極楽殿(慶州)
古墳公園の桜(慶州)(イメージ)

豊かな山海の食材を使った郷土料理を楽しみます

浦項のズワイガニ

港町・浦項は知る人ぞ知る蟹の本場で、近海で捕れたズワイガニが水揚げされます。豪快な茹でたてのズワイガニはもちろん、新鮮な蟹や魚介の旨味が凝縮した品々をお楽しみください。

浦項のズワイガニ(イメージ)
晋州のうなぎ料理(添乗員撮影)

晋州うなぎ

文禄、慶長の役にて攻防戦となった歴史的舞台、晋州では名物のうなぎを。韓国でもうなぎは人気の食材で、ここ晋州には沢山の専門店が軒を連ねています。日本では脂ののったうなぎも多いですが、韓国のうなぎはいい具合に身がしまっていて、さっぱりとした味わいが特徴。また、味付けはコチュジャンを使った甘辛いたれを絡ませたものと、塩で味付けしたシンプルな白焼きの2種類です。

全州ビビンバとコンナムルクッパ

穏やかな気候と豊かな土壌が生み出す良質な農作物が豊富にあるため「食の都」とも呼ばれている全州。いまや韓国を代表するメニューともいえるビビンバも実はこの全州が発祥の地とされます。全州ビビンバは牛骨肉のスープでご飯を炊き、卵の黄身やユッケをのせるのが特徴です。また、コンナムルクッパ(豆もやしスープごはん)はビビンバと並び全州を代表する料理です。

全州ビビンバ(イメージ)
コンナムルクッパ(イメージ)

山里を黄色に染める桃源郷 求礼(くれ)の山茱萸(さんしゅゆ)

景色が一段と華やぐ春、色彩豊かな花の景色とともに旅をお楽しみください。韓国の春風景でぜひご覧いただきたいのが、山茱萸(さんしゅゆ)の花。ミズキ科の一種でヤマグミやハルコガネバナともいわれ、黄色いかわいい花をつけます。この山茱萸(さんしゅゆ)の名所が求礼(くれ)周辺で、山里に黄色い花が咲き誇る様はまさに桃源郷の世界です。

日本では春黄金花(はるこがねばな)とも呼ばれる山茱萸(イメージ)
黄金色に染まる山茱萸の里、求礼(イメージ)

「高速船から客船に生まれ変わる」船旅自体も楽しめるクイーンビートル号

博多から釜山へは新型客船「クイーンビートル号」のビジネスクラスでご案内いたします。豪華寝台列車「ななつ星in 九州」も手がける水戸岡鋭治氏によるデザインの船内は3階建てで、座席のほかにカフェ、展望サロン、サンデッキなど充実の設備が整えられています。従来のビートルでは不可能だった船内散策やデッキでの展望ができるようになりました。この旅は船内2階に専用エリアを有するビジネスクラスシートをご用意いたしました。

クイーンビートル号では赤い制服のスタッフがお待ちしております
クイーンビートル号
クイーンビートル号 ビジネスシート座席
デッキにでて景色も楽しめます

韓国の多彩な見どころを訪ねます

九龍浦の街角 ©韓国観光公社
釜山のリゾート地・海雲台地区
ブルーラインパーク ©Korea Tourism Organization (KTO) -Kang Hyeji

ツアー日程

5日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
博多港09:00発 釜山港12:40着 慶州15:00着

■午前、快適なクイーンビートル号のビジネスクラスにて釜山港へ

■着後、専用バスにて古都慶州へ。世界遺産の●仏国寺を見学します。また古墳公園にて桜鑑賞もお楽しみいただきます(注2)。

■夕食はカルビをご賞味ください。

(慶州泊)

2日目
慶州08:15発 良洞 浦項 全州17:00着

■午前、15~16世紀に形成した典型的な両班村●良洞民俗村を訪ねます。

■その後、浦項へ。○九龍浦○近代文化通り(日本人家屋通り)の散策を楽しみます。

■昼食は旬の味覚ズワイガニをご用意いたしました。

■午後、専用バスにてかつて百済の都・全州へ。

■夕食はプルコギをお楽しみください。

【2連泊】(全州泊)

3日目
全州 (朝鮮王朝の皇孫のお宅を訪問)

■朝食はレストランにて全州名物コンナムルクッパをお召し上がりください。

■午前、●国立全州博物館●慶期殿を訪ねます。

■昼食は全州発祥のビビンバをご賞味ください。

■午後、雰囲気ある○韓屋村の散策をお楽しみください。朝鮮王朝最後の皇孫のお宅を訪ねます。(注1)

■夕食は韓定食をご用意しました。

     (全州泊)

4日目
全州08:00発 求礼 晋州 釜山17:00着

■午前、山茱萸(さんしゅゆ)の里、求礼クレを訪ねます(注2)。

■昼食は、晋州にてうなぎのかば焼きをご賞味ください。

■午後、日本とのゆかりある●晋州城の見学。

■その後、釜山へ向かいます。宿泊は風光明媚な海雲台のホテルをご用意しました

■夕食は新鮮な海鮮料理をお楽しみください。

(釜山泊)

5日目
釜山 釜山港15:00発 博多港18:40着

■午前、海辺列車「ブルーラインパーク」に乗車し、海沿いの景観をお楽しみください。

■昼食後、釜山港へ向かいます。

■午後、釜山港よりクイーンビートル号・ビジネスクラスにて博多港へ向かいます。

■夕方、博多港着後、解散。

(注1)朝鮮王朝時代最後の皇孫・李錫さんは体調不良などのやむを得ない事情でお会いできない場合もございます。

(注2)例年、桜や山茱萸が咲く時期にツアーを設定しておりますが、自然現象のため必ずしも写真のような景色が見られるとは限りません。予めお含みおきください。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは5日間のコースです。

出発日 旅行代金
3月18日(月)発

旅行代金:¥268,000

クイーンビートル号・ビジネスクラス利用

3月25日(月)発

旅行代金:¥268,000

クイーンビートル号・ビジネスクラス利用

■1名室利用追加代金:¥40,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

■燃油サーチャージ別途目安:¥5,600:12月1日付

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、博多港、釜山港の旅客取扱施設使用料1,300円ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111