ゴールデンウィークの旅

【2024ゴールデンウィーク】十字架峠とジョージア・アルメニアの旅【9日間】

  • 集合場所:羽田空港または成田空港
  • 出発日: 4月27日(土)
  • 旅行代金:エコノミークラス利用¥598,000〜ビジネスクラス利用 ¥1,178,000

旅のポイント

Point 1
ジョージア軍用道路をドライブし、ステパンツミンダへ。コーカサス山麓の絶景をお楽しみください。
Point 2
アルメニアの首都エレワンには3連泊し、郊外にあるアルメニア使徒教会の教会群を訪ねます。
Point 3
ジョージアではトビリシに2連泊。世界遺産の古都ムツヘタも含めて観光します。

ツアープランナーより

中央アジアを抜け、カスピ海を迂回するシルクロードは、再びコーカサスの山々に突き当たります。十字架峠を越え、シルクロードの旅人が出会う最初のキリスト教世界が、コーカサス山麓の国々です。ツアーではアルメニアとジョージアを訪ね、コーカサス山麓に広がる大自然、そして各地に点在する古代キリスト教の足跡を辿っていきます。ジョージアでは首都トビリシに2連泊。さらに絶景の山岳景勝ルートとして名高いジョージア軍用道路のドライブを楽しみながら、ヨーロッパ第2位の高峰カズベキ山に抱かれた村ステパンツミンダでも1泊。世界初のキリスト教国家アルメニアでは首都エレワンにゆったり3連泊し、「ノアの方舟」が流れ着いたアララト山を背景に建つ郊外の教会群をご覧いただきます。

見どころの紹介

ステパンツミンダに宿泊し、絶景のジョージア軍用道路を走破

ジョージアのハイライトは、コーカサス山麓の壮大な山々が織り成す景観が広がる「ジョージア軍用道路」です。トビリシから北へ向かい、ロシアの北オセチア共和国のウラジカフカスまで、約200キロ。19世紀初頭のロシアがコーカサス進出のために造った道路です。十字架峠を越え、カズベキ山麓まで山裾には緑の牧草地が広がり、山頂には白い雪を頂く絶景ルートが続きます。ステパンツミンダの「ルームズホテル」を確保。お天気が良ければ、ホテルのテラスからの絶景をお楽しみください。

ステパンツミンダに宿泊するからこそ天気さえ良ければ、カズベキ山が目の前に
壮大な山々の間を縫うように走るジョージア軍用道路。このような景色を車窓からお楽しみいただけます。
ドライブでは目まぐるしく美しい風景が飛び込んできます

アルメニアの首都エレワンに3連泊

世界初のキリスト教国家であるアルメニアの首都エレワン。その近郊には、カトリック教会とは異なる教義を持つアルメニア使徒教会の総本山エチミアジンが佇みます。敬虔な人々が今も典礼を守り続けており、世界遺産にも登録されています。エチミアジンから南に約40分、トルコ国境付近のホルヴィラップ修道院では、ノアの方舟伝説で知られるアララト山を間近に望めます。エレワンには3連泊しますので、町の散策はもちろん、郊外の教会群にもご案内します。

アララト山を背後にして佇むホルヴィラップ修道院
アルメニア使徒教会の総本山エチミアジン
エチミアジンでは眩いばかりの内装が信者を迎えます

トビリシでは2連泊。古都ムツヘタもご案内します

ジョージアでは、かつてイベリア王国の首都として栄えた古都ムツヘタも訪問。世界遺産にも登録される歴史ある町で、ジョージア最古の教会といわれるスヴェティ・ツホヴェリ教会などをご案内します。そして首都トビリシでは2連泊し、旧市街の散策へ。岩肌にはりつくように建ち並ぶカラフルな家並みも美しいです。

トビリシの町並み
トビリシの旧市街にはカラフルな家が並びます
ジョージア最古と呼ばれるムツヘタのスヴェティ・ツホヴェリ教会

ツアー日程

9日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
東京21:55発

■夜、羽田または成田空港より航空機にて中東主要都市へ。

(機中泊)

2日目
中東主要都市05:15着 06:40発 トビリシ09:55着 ステパンツミンダ18:00着

■着後、航空機を乗り換え、ジョージアの首都トビリシへ。

■着後、ジョージア軍用道路をドライブしアナヌリへ。●アナヌリ聖堂の見学。

■その後、十字架峠を越え、ステパンツミンダへ。

(ステパンツミンダ泊)

3日目
ステパンツミンダ10:00発 ムツヘタ トビリシ17:30着

■午前、4WDにて、14世紀に建てられた●ツミンダサメバ教会へ。

■その後、ステパンツミンダへ戻り、バスに乗り換えトビリシへ。

■途中、世界遺産の古都ムツヘタの観光。ジョージア最古の教会といわれる●スヴェティ・ツホヴェリ教会を見学します。

■夕刻、トビリシに到着。

2連泊】(トビリシ泊)

4日目
トビリシ

■午前、「聖なる山」ムタツミンダ山からトリビシの街並みを一望。その後、ジョージア正教の総本山○シオニ教会や○メテヒ教会をご覧いただきます。

■午後、トビリシ旧市街の散策。

夕食の際には世界無形遺産に登録される多声音楽「ポリフォニー」をお聴きください

(トビリシ泊)

5日目
トビリシ09:00発 エレワン17:30着

■午前、国境を越え、アルメニアへ。入国後、991年に創建された世界遺産ハフパット修道院世界遺産●サナヒン修道院を見学します。

■夕刻、アルメニアの首都エレワンに到着。

3連泊】(エレワン泊)

6日目
エレワン

■午前、アルメニア正教の総本山世界遺産●エチミアジンを訪ねます。その後、7世紀の教会跡を含む●スヴァルトノツ遺跡○リプシメ教会に立ち寄ります。

■午後、エレワンの簡単な散策にご案内します。

(エレワン泊)

7日目
エレワン

■午前、アララト山を望む●ホルヴィラップ修道院を訪れます。

■その後、アルメニア王の夏の離宮であった●ガルニ宮殿●ゲガルト洞窟修道院を訪れます。

夕食は、アルメニアの古民家風レストランにて、アルメニアの民族音楽を聴きながらお召し上がりください

(エレワン泊)

8日目
エレワン07:00発 トビリシ17:30発 中東主要都市19:05着

■朝、国境を越え、再びジョージアへ。

■その後、トビリシ空港へ。

■夕刻、航空機にて中東主要都市へ。

(機中泊)

9日目
中東主要都市02:20発 東京19:25着

■着後、航空機を乗り換え、帰国の途へ。

■夜、羽田または成田空港に到着後、解散。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは9日間のコースです。

出発日 旅行代金
4月27日(土)発

旅行代金:¥598,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥1,178,000

ビジネスクラス利用

■1名室利用追加代金:¥65,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

■燃油サーチャージ別途目安:¥70,300:10月1日現在

■ビジネスクラス利用区間:(東京~中東主要都市~トビリシ間の往復に適用)

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、羽田空港の施設使用料及び保安サービス料合計2,950円または成田空港の施設使用料及び保安サービス料合計3,010円、ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

■ジョージア政府により、旅行者は海外旅行保険加入、及び英文保険証書の持参が義務付けされています。弊社で海外旅行保険にご加入いただく場合は、英文保険証書発行のお手続きを併せて承りますが、ご自身でご加入の際には、ご加入の保険会社にお問い合わせの上、英文保険証書発行のお手続きをお願いいたします。

■地方発着追加代金

大阪・名古屋〜東京 片道・・・¥5,000
福岡・札幌〜東京 片道・・・¥10,000
但し付帯条件がございますので各支店へお問い合わせください。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111