ゴールデンウィークの旅

【2024ゴールデンウィーク】バルト三国ふれあい街歩き【9日間】

  • 集合場所:羽田空港または成田空港
  • 出発日: 4月25日(木)
  • 旅行代金:エコノミークラス利用¥598,000〜ビジネスクラス利用¥1,178,000

旅のポイント

Point 1
三国共に旧市街が世界遺産。歴史が異なる国を訪ねます。
Point 2
ヴィリニュスのバロック様式とリガのユーゲントシュティール(アールヌーボー)様式を楽しみます。
Point 3
世界遺産タリン地区の美しい旧市街を5つ星のホテルに連泊しながら堪能します。

ツアープランナーより

弊社のヨーロッパのツアーの中でも、人気の旅先としてすっかり定着したバルト三国。
三国共に首都の旧市街が世界遺産に登録されるほど歴史の面影を残し、中世の世界を感じさせてくれること、そして良い意味で観光に害されていないところも人気の所以でしょう。 いずれの旧市街も、通り過ぎてしまうにはもったいない昔ながらの佇まいを残す小路や、おもわず微笑んでしまうようなユーモラスな看板を掲げた建物、北欧デザインと地元の素朴なデザインがミックスされたようなかわいらしくて温かみのある品々を扱う店が点在しています。ヴィリニュス、リガ、タリンにそれぞれ連泊し、路地歩きをお楽しみください。

見どころの紹介

三国ともに旧市街が世界遺産。歴史が異なる国を訪ねます

絵に描いたような色彩のタリンの旧市街

三国でひとまとめにされがちですが、一度に訪ねることで、歴史、文化、民族とそれぞれ趣きが異なっていることに気づくでしょう。三国の特徴をご紹介するような旅に仕立てています。三つの首都はいずれも旧市街に中世の街並みが残り、世界遺産に登録。コンパクトな日程ながら各都市で連泊滞在としました。早朝や夜の時間帯など時間を変えて散策をお楽しみいただけます。

ヴィリニュスのバロック様式とリガのユーゲントシュティール様式を楽しみます

ドイツや北欧の影響を受けなかったヴィリニュスは、緩やかな曲線を描いたバロック様式の街並みが特徴です。一方でリガには、ドイツの影響を受けたゴシック様式の重厚な建物が建ち並び、新市街では19世紀末に建てられたユーゲントシュティール(アールヌーボー)様式の建築も楽しめます。

何気ない散策が面白い街ヴィリニュス
リガの市庁舎広場に建ち並ぶギルドハウスなど圧巻の建築
ヴィリニュス大学構内で見学できるフレスコ画
リガにも影響が及んだユーゲントシュティール(アールヌーボー)

世界遺産タリン地区の美しい旧市街を堪能します

古い佇まいを残すタリン旧市街は、歩いて楽しむのにちょうどよい大きさです。生活の場として使われている建物や小路はどこをとっても絵になります。また、散策時には頭上にもご注目ください。北欧の影響を受け、ユニークな看板が街を飾っています。

タリン旧市街の中心に建つテレグラフ レストランも上質です 
朝夕の散策もおすすめです
ユニークで可愛らしいタリン旧市街の看板

エストニア・パルヌ 歴史ある高級レストランでランチを楽しみます

18世紀、エストニアを征服したロシアの富豪たちがパルヌの地にこぞって別荘を建てました。それを改装した高級レストランがアメンデ・ヴィラです。建物の外には庭園が広がり、内装もクラシックな調度品で統一され、ゆったりとした時間が流れます。

バルト海に面したパルヌにあるアメンデヴィラ。は避寒する人たちで賑わいました
調度品も当時の物があしらわれ非常に雰囲気があります

 タリンでは旧市街にある高級ホテルに連泊

タリン:テレグラフ ★★★★★ (7、8日目)

旧市街に建つホテル、テレグラフに連泊

14 世紀の電信局の建物を改装した重厚な外観、センスの良い内装、さらに旧市街の中心、ラエコヤ広場までわずか3分の好立地です。
連泊で滞在しますので、ホテルを基点に旧市街の観光や散策をお楽しみください。

ツアー日程

9日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
東京21:55発

■夜、羽田または成田空港より、航空機にて中東またはヨーロッパ主要都市へ。

(機中泊)

2日目
中東または欧州主要都市05:15着/07:50発 ヴィリニュス10:50着

■着後、航空機を乗り換え、ヴィリニュスへ。

■着後、●トラカイ城へご案内します。

■その後、ヴィリニュスに戻ります。

【2連泊】(ヴィリニュス泊)

3日目
ヴィリニュス

■午前、世界遺産ヴィリニュスの市内観光。○ゲディミナス塔、○大聖堂、○聖アンナ教会へご案内します。400年以上の歴史を持つヴィリニュス大学では、フレスコ画「四季の絵」をご覧ください。

■午後、自由行動。

(ヴィリニュス泊)

4日目
ヴィリニュス08:00発 カウナス 十字架の丘 リガ18:00着

■午前、●聖ペテロ・聖パウロ教会を観光し、リトアニアの第二の都市カウナスへ。杉原千畝ゆかりの●旧日本人領事館、旧市街にご案内します。

■午後、リガへ向かいます。途中、○十字架の丘に立ち寄ります。

【2連泊】(リガ泊)

5日目
リガ

■午前、「三人兄弟」の中世の家々や●リガ大聖堂、○聖ヨハネ教会、○聖ペテロ教会などの世界遺産リガ旧市街の観光へご案内します。

■午後は自由行動です。リガの散策をお楽しみください。

(リガ泊)

6日目
リガ08:30発 パルヌ タリン16:30着

■午前、バスにてユーゲントシュティール建築群をご覧いただきます。

■その後、パルヌへ。昼食はパルヌのアメンデ・ヴィラにてお召し上がりください。

■その後、タリンへ。ホテルは旧市街の中心に建つ「テレグラフ」です。

【2連泊】(タリン泊)

7日目
タリン

■午前、世界遺産タリン旧市街の観光へ。○アレキサンドル・ネフスキー聖堂、○大聖堂、旧市庁舎、ブラックヘッドのギルドなどへご案内します。

■午後、自由行動。ご希望の方は、公共交通機関を使用してエストニア野外博物館へご案内します。

(タリン泊)

8日目
タリン19:55発 中東または欧州主要都市23:35着

■午前、自由行動。(注)

■午後、ピョートル大帝の夏の離宮●カドリオルグ宮殿と、歌の祭典の会場となる○歌の広場へご案内します。

■夜、航空機にてヨーロッパ主要都市へ。

■着後、航空機を乗り換え、帰国の途へ。

(機中泊)

9日目
中東または欧州主要都市02:20発 東京19:25着

■夜、羽田または成田空港に到着。着後、解散。

※日程表の時刻は羽田空港発着のターキッシュエアラインズの便を想定したものです。他の航空会社を利用の場合には、発着空港および時刻、日程は異なります。ターキッシュエアラインズ利用の場合でも、成田空港発着の可能性もございます。

(注)利用航空会社によっては自由行動がなくなる場合がありますので、予めご了承ください。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは9日間のコースです。

出発日 旅行代金
4月25日(木)発

旅行代金:¥598,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥1,178,000

ビジネスクラス利用

■1名室利用追加代金:¥90,000

お1人でご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

■燃油サーチャージ別途目安:¥70,300:10月1日現在

■ビジネスクラス利用区間:日本発着の国際線区間にのみ適用

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、羽田空港の施設使用料及び保安サービス料合計2,950円または成田空港の施設使用料及び保安サービス料合計3,010円、ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

■地方発着追加代金大阪・名古屋〜東京 片道・・・¥5,000
福岡・札幌〜東京 片道・・・¥10,000
但し付帯条件がございますので支店・営業所へお問い合わせ下さい。

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111