好立地のホテルに宿泊

こだわりのホテルで巡る ペルシャの絢爛【8日間】

  • 集合場所:成田空港または羽田空港
  • 出発日: 4月16日(日) 、 5月21日(日)
  • 旅行代金:¥398,000

旅のポイント

Point 1
絢爛たるペルシャ芸術の粋を集めた古都イスファハンを好立地のホテルに宿泊して満喫。 
Point 2
世界遺産ペルセポリス遺跡近くのホテルに宿泊し、混みあう時間帯を避け見学します。
Point 3
ペルシャの文化・芸術の中心として発展したシラーズにも宿泊。

ツアープランナーより

かつて世界の半分を支配していたといわれる大国ペルシャ。このたびは、8日間のコンパクトな日数ながら、かつての栄華を偲ばせる遺跡や古都に残る華麗なる建築美など、多彩にご案内します。世界遺産のペルセポリスでは遺跡に至近のホテルに宿泊し、観光客の少ない時間帯にゆっくりと遺跡観光を楽しみます。水と緑豊かな古都イスファハンでは、イマーム広場に徒歩圏のホテルを確保。王の広場を中心に建てられたイスラム建築の散策にご案内します。真っ青なモスクや草花をモチーフにしたアラベスク模様の彩色タイルは、ペルシャ芸術ならではの美しさで訪れるものを魅了します。チャイハネ(イラン風喫茶店)体験などのプログラムとともにお楽しみください。

見どころのご紹介

イスファハンは好立地ホテルで満喫 

1597年、サファヴィー朝のアッバース1世は都をガズヴィーンからイスファハンに遷都。中央の広場「王の広場」の周囲には「王のモスク」、「シェイフ・ロトフォラー・モスク」、「アリカプ宮殿」、「バザール」などを作り、人口は50万人に達したといわれています。「イスファハンは世界の半分」と称された当時の姿を今もそのままにとどめています。
また、イスファハンでご宿泊いただくのはイマーム広場まで約600mの所に位置する「ガスレ・モンシー・ホテル」です。18世紀のサファーヴィー朝末期からガジャール朝時代にかけて王室関係者によって使用された建物を改装したブティック・ホテルです。散策にも便利な立地です。

ペルシャ芸術の粋を集めて造られたシェイフロトフォッラー・モスク。王族の女性たちはアリ・カプ宮殿から地下通路を通りお祈りに来たといわれます ©Leonid Andronov
ブルーが美しいイマームモスク。細かいタイル装飾が目を引きます©panithi22
イマーム広場を見渡す場所に建つアリ・カプ宮殿 ©Oleksii Hlembotskyi
夜になると美しくライトアップされるイマームモスク。夕食の後にイマーム広場を訪ねます
ご宿泊いただく、ガスレ・モンシー・ホテル。イマーム広場まで徒歩約8分程の絶好の立地を誇ります
18世紀の貴族の館を改装したガスレ・モンシー・ホテルには栄華を物語る壮麗な装飾が残ります

世界遺産ペルセポリス遺跡近くのホテルに宿泊し、混みあう時間帯を避け見学

最寄りの町シラーズから、バスで片道1時間半ほどかかるペルセポリス。周辺の遺跡見学含め、ほとんどの旅行者が同じ行程で観光をするため、日中だと遺跡に観光客が集中しすぎてしまいます。そこで、ワールド航空では、ペルセポリス遺跡前にあるホテルにて宿泊することで、できるだけ混雑を避けた観光が実現しました。遺跡は、観光客の多くない夕方の時間帯に見学します。

アケメネス朝の祭祀を行う都であったペルセポリスの全景
アケメネス朝が支配する地域からの使者が精巧に彫られています
ダレイオス1世によって造られ、アレキサンダー大王によって終焉を迎えたペルセポリス
ダリウス大王の彫刻の上にはアケメネス朝時代に信仰されていたゾロアスター教の有翼の神像アフラ・マズダが描かれています
ペルセポリス遺跡に至近のホテルに宿泊するからこそ、夕景のペルセポリス遺跡もお楽しみいただきます

ペルシャの文化・芸術の中心であった旧都シラーズ

13世紀以来、ペルシャ文化を担う学問・宗教・文化の中心地として栄え、18世紀にはザンド朝の都として発展しました。ステンドグラスの美しい「ローズモスク」と呼ばれるナシール・アル・モルク・モスクへは朝の光が差し込む時間に合わせて見学いたします。また世界遺産にも登録される「ペルシャ式庭園」の一つ、エラム庭園では薔薇が見ごろを迎える庭園を散策します。

世界遺産のエラム庭園も4月以降バラが見ごろを迎えます
ローズモスクは光が美しく差し込む朝の時間帯に訪ねます

独自の文化が残るアビヤネ村も訪る

山中の小さな村アビヤネ村はかつて、ゾロアスター教の盛んな村でした。現在でも村の女性達はその名残である花柄模様のスカーフを身に着けています。また村の建物は赤土で造られその建物と女性の姿が相まって絵になる風景です。

薔薇柄のスカーフを被るアビヤネ村の子供たち

ツアー日程

8日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
成田または羽田空港22:30発

■夜、成田または羽田空港より航空機にて中東主要都市へ。

(機中泊)

2日目
中東主要都市04:50着 07:45発 テヘラン10:25着

■中東主要都市到着後、航空機を乗り換え、イランの首都テヘランへ。テヘラン着後、●考古学博物館、●ゴレスターン宮殿などへご案内します。

■ご宿泊は5つ星ホテルのエスピナス・ホテルです。

(テヘラン泊)

3日目
テヘラン 午前発 シラーズ 午前着

■午前、テヘラン・メヘラバード空港より国内線にてシラーズへ。

着後、シラーズの観光へ。●ハーフェーズ廟、●エラム庭園、〇バザ-ルなどへご案内します。

(シラーズ泊)

4日目
シラーズ10:00発 ペルセポリス11:00着

■午前、朝日に輝くバラ色のステンドグラスが美しい●ローズ・モスクを訪ねた後、ペルセポリスへ。

■着後、岩壁に彫られた石窟や石像が残る○ナクシェ・ロスタムや○ナクシェ・ラジャブ遺跡へご案内いたします。

夕刻、世界遺産の●ペルセポリス遺跡へ。観光客の少ない静かな時間帯に、遺跡を訪れます。

■ご宿泊はペルセポリス遺跡近くのタフテ・ジャムシッド・インです。

(ペルセポリス泊)

5日目
ペルセポリス08:30発 パサルガダエ イスファハン17:00着

■午前、アケメネス朝ペルシャの首都であった世界遺産●パサルガダエへ。遺跡にはキュロス大王の墳墓が残ります。

■午後、古都イスファハンへ向かいます。

■ご宿泊は18世紀のガジャール朝時代に建てられた建物を改装したガスル・モンシー・ブティック・ホテルです。世界遺産のイマーム広場までも僅か600mの便利な立地です。

■夕食後、○イマーム広場の夜景をご覧いただきます。

【2連泊】(イスファハン泊)

6日目
イスファハン

■午前、世界遺産イスファハンの観光。「世界の半分」と称されたイマーム広場●イマームのモスク●シェイフ・ロトフォラー・モスク●アリカプ宮殿など絢爛な美しさを誇るペルシャ芸術の粋をご覧ください。

■午後、自由行動。イマーム広場周辺のバザールやチャイハネでのティータイムなどをお楽しみください。

(イスファハン泊)

7日目
イスファハン08:30発 アビヤネ村 コム テヘラン19:20発 中東主要都市21:10着 

午前、テヘランへ。途中、アビヤネ村聖地コム立ち寄り、夕刻、テヘラン郊外の空港へ。

■夜、航空機にて中東主要都市へ。

(機中泊)

8日目
中東主要都市02:40発 成田または羽田空港17:35着

■深夜、中東主要都市着後、航空機を乗り換え、帰国の途へ。

■夜、成田または羽田空港に到着後、解散。

※日程表の時刻は、エミレーツ航空の成田空港発着を想定したものです。他航空会社利用の場合、発着空港、時刻および日程は異なります。

 

※5月21発(日)発はエミレーツ航空利用にて関空からドバイでの合流も可能です。

往路:関西空港23:45発ドバイ05:15着 復路:ドバイ03:00発関西空港17:15着

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは8日間のコースです。

出発日 旅行代金
4月16日(日)発

旅行代金:¥398,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥838,000

ビジネスクラス利用

5月21日(日)発

旅行代金:¥398,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥838,000

ビジネスクラス利用

■1名室利用追加代金:¥50,000

おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加代金にて承ります。

ビジネスクラス利用区間:国際線全区間適用【東京〜中東主要都市〜テヘラン間往復】

■燃油サーチャージ別途目安:¥94,000:12月1日付

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(成田空港の施設使用料及¥2,660、又は羽田空港の施設使用料¥2,950、ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

■イラン査証料:2,500円(2022年10月現在)

■査証取得手数料:6,000円(税別)

■査証用写真:1枚(サイズ:縦4.cm×横3.5cm、背景白のみ、メガネ着用不可)

■女性の方は、外国人といえども服装の規制があり、スカーフ(髪の毛を隠します)とコート、もしくはそれに準じる膝までのたっぷりとしたシャツとスラックスをご用意ください。色は派手な原色でなければ差し支えありません。詳細は担当までお問い合わせください。

■イラン訪問後、今後、アメリカを訪問される方は、アメリカ査証の取得が必要条件となります。査証免除プログラムの電子渡航認証(ESTA)を利用してのアメリカ入国ができませんのでご注意ください。

■イスラエルの出入国スタンプがあるパスポートの場合、イランに入国できないことがございます。弊社では、「イスラエル出入国スタンプのあるパスポート」をお持ちのお客様は、パスポートを取り直しいただいた上で、査証申請をお受けいたします。

■イラン政府により、旅行者は治療・傷害・死亡に関する項目においてそれぞれ保険金が支払われる海外旅行保険加入が義務付けられております。入国時に英文表記の保険証券が必要となりますので、必ず海外旅行保険証書をご持参ください(クレジットカード付帯の保険は不可)。

■初夏の特別キャンペーン

全国各地から片道¥5,000で成田・羽田へ

日本各地より、東京(羽田・成田)までの国内線を片道5,000円の追加代金でご利用いただけます。

実施期間:2023年4月〜6月までの3カ月間(ゴールデンウィークなど当社が定める繁忙期を除きます)なお、航空会社の指定および便の指定はできません。その他、付帯条件がございますので、詳しくはお問い合わせください。

※羽田〜成田空港間のリムジンバス代金はお客様ご負担となります。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111