南部旅情溢れるプランテーションホテルに宿泊

アメリカ南部旅情 ニューオリンズ滞在とプランテーションホテルの旅【7日間】

  • 集合場所:羽田空港または成田空港
  • 出発日: 11月15日(火) 、 1月31日(火) 、 3月7日(火)
  • 旅行代金:¥398,000

ツアーコード: AP012T

パンフレットダウンロード

旅のポイント

Point 1
アメリカ南部屈指の風情溢れる街、ニューオリンズに計4泊します。
Point 2
ワールドの旅初登場、南部文化を感じるプランテーションホテルに宿泊。
Point 3
ご希望の方をジャズクラブにご案内するなど、ジャズ発祥のニューオリンズを満喫いただきます。

ツアープランナーより

ジャズ発祥の地、アメリカ南部文化の華ニューオリンズ。そもそもは、1718年にフランス人によって「ラ・ヌーヴェル・オルレアン」として建設されたのが始まりです。ツアーではこの南欧風の町並みに黒人文化が融合したアメリカのなかでも独特の雰囲気を漂わせる、ニューオリンズに計4泊。歴史地区のフレンチクォーターの散策やその周辺にもご案内し、アメリカ南部の粋をゆっくりと味わっていただきます。街角や公園ではミュージシャンたちが演奏を繰り広げ、夜はいくつものジャズクラブが賑わう、音楽に溢れた町の雰囲気をたっぷりお楽しみください。 また3日目には、ニューオリンズ近郊のダローへ。ワールドの旅では初めてとなる、「ホウマス・ハウス」にご宿泊いただきます。南北戦争時代の前の大邸宅を復元した館で、当時のプランテーションの世界を体験できます。アメリカ南部の旅にまた新鮮な魅力が加わりました。

見どころのご紹介

徒歩と馬車でフレンチ・クォーターを散策

ニューオリンズの旧市街の名称は「フレンチ・クォーター」。この1.2キロ×500メートルの区画には、ニューオリンズの歴史と文化が凝縮されています。色とりどりの家々、やわらかな錬鉄を使って模様を施したバルコニーが連なる町を歩けば、異国情緒は満点、18世紀の世界を旅しているような気分になります。ツアーでは歩いて、また馬車を使って、フレンチ・クォーターの散策へご案内します。

タイムスリップしたような感覚でフレンチクォーターを馬車で散策

「カフェ・デュ・モンド」 でひと息

自由行動中には、フレンチ・クオーターに位置する名物カフェ「カフェ・デュ・モンド」にご案内いたします。創業は1862年、南北戦争のさなかでした。当時のオープンテラス形式の店舗を現在も保っています。名物のほんのり甘い四角いドーナツ(ベニエ)と、チコリの根を炒ったチコリコーヒーで、ひと息ついてはいかがでしょう。

粉砂糖をいっぱいがここでの流儀です

アメリカ最古の教会や市場、見どころ豊富なニューオリンズ

ニューオリンズには、ともにアメリカ最古といわれる大聖堂やフレンチ・マーケットなど、南部きっての歴史を擁する街だけあって、見どころが豊富です。テネシー・ウィリアムズの戯曲が原作の映画『欲望という名の電車』の舞台となったアメリカ最古の路面電車に乗り、1935年以前の古風な高級住宅街のあるガーデンディストリクトにもご案内します。ニューオリンズ発展の源となったミシシッピ河の遊覧もプログラムに入れました。

懐かしい外輪船に乗ってミシシッピ河の遊覧へ
立派な邸宅が残るガーデン・ディストリクト
『欲望という名の電車』に描かれた路面電車

南部に存在した屈指の大農園「オークアレイ・プランテーション」へ

ミシシッピ川の河岸には、かつて黒人に支えられた多くのプランテーション(大規模農場)がありました。そのなかでも最も美しいとされるのが、ニューオリンズ郊外に位置する「オークアレイ・プランテーション」。1837年に建造され、現在は国家歴史的建造物に指定されています。19世紀に綿花栽培で得た富をつぎ込んだ邸宅は、南部が最も輝いていた当時を偲ばせます。

樹齢300年といわれる樫の木がかつての大農園の世界にいざないます

ホウマス・ハウスに宿泊し、『風と共に去りぬ』の世界を体験

ホウマス・ハウスはニューオリンズ近郊にある、南部で最も美しいともいわれる庭園を持つ、かつてのプランテーションハウスです。所有者は変わっていきましたが、200年以上の由緒ある歴史を持ちます。ここではガイドがその建築の変遷や、ミシシッピ川の大きな流れとともに歴代の所有者がいかに邸宅を大きくしていったかを当館所有の美術品などと一緒に詳しく紹介してくれます。
そして、このプランテーションハウスを訪ねたあとは、ホウマス・ハウスのイン(コテージ)にお泊まりいただきます。客室は19世紀当時の優雅な雰囲気を漂わせ、まるでプランテーションハウス華やかなりし時代にゲストとして招かれた気分になります。オークアレイ・プランテーションの訪問とともに、往年の名画『風と共に去りぬ』の世界にタイムスリップできる一日となることでしょう。

まるで映画の世界のようなホウマス・ハウス
ホウマスハウス併設のコテージに宿泊します

ご希望の方をジャズ・クラブにご案内いたします

ニューオリンズはジャズ発祥の地として知られます。フレンチ・クォーターを歩けば、昼夜を問わず、トランペットの音色が響き渡り、ミシシッピ川を走る外輪船の汽笛とともに、音楽の都にふさわしい独特の風情を作り出しています。ジャズを聴きながらのストリートのそぞろ歩きはもちろん、ご希望の方を、毎夜異なるおすすめのジャズクラブにご案内いたします(実費となります)。

メゾン・バーボン
フリッツェルズ・パブ

ツアー日程

7日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田17:35発 アメリカ主要都市16:00着 20:30発 ニューオリンズ21:05着

羽田空港より、航空機にてアメリカ主要都市で乗り継ぎ、ニューオリンズへ。

■着後、ホテルへ。 

【2連泊】(ニューオリンズ泊)

2日目
ニューオリンズ (ミシシッピ河クルーズ) (フレンチクォーター)

午前、外輪船にてミシシッピ河の遊覧クルーズへ。昼食は船内にてビュッフェランチです。

■午後、徒歩と馬車にて旧市街フレンチクォーター、ジャクソンスクエアなどの観光へご案内します。

夜、ご希望の方はジャズバー「メゾン・バーボン」にご案内します

(ニューオリンズ泊)

3日目
ニューオリンズ オークアレイ・プランテーション ホウマス・ハウス

午前、ミニバスにてオークアレイ・プランテ-ションへ。

■着後、プランテ-ションの見学とミシシッピの雄大な眺めを楽しみます。

■昼食後、ホウマス・ハウスへ移動し見学。

宿泊は隣接するイン・アット・ホウマス・ハウスです。アメリカ南部ならではの旅情が感じられるホテルをお楽しみ下さい。

夕食は往時の面影が残る敷地内のダイニングにて

ニューオリンズ近郊ダロー:プランテーション・ホテル ホウマス・ハウス泊)

4日目
ホウマス・ハウス09:00発 ニューオリンズ10:30着 (ジャズ博物館)

午前、ミニバスにてニュ-オリンズへ戻ります。

■着後、●旧造幣局へ。内部のジャズ博物館にはルイ・アームストロングの遺品などが展示されています。

■午後、自由行動。ミシシッピ河沿いの散策やお買い物などをお楽しみください。

夜、ご希望の方はジャズバー「ジャズ・プレイハウス」にご案内します

【2連泊】(ニューオリンズ泊)

5日目
ニューオリンズ

午前、欲望という名の電車』に登場した路面電車にて山の手地区ガーデンディストリクトの散策へ。珍しい築山式墓地も見学します。

■午後、自由行動。ご希望の方はニューオリンズ名物のコーヒースタンド「カフェ・デュ・モンド」へご案内します。

夜、ご希望の方はジャズバー「フリッツェルズ・パブ」にご案内します

ご夕食は地元でも人気のシーフード・レストランにて。

(ニューオリンズ泊)

6日目
ニューオリンズ07:00発 アメリカ主要都市09:36着 11:05発

■午前、空路、アメリカ主要都市で乗り継ぎ、帰国の途へ

(機中泊)

7日目
羽田 15:10着

午後、羽田空港に到着。

 

※日程表の時刻は、デルタ航空の羽田発着を想定したものです。他航空会社利用の場合は利用空港、時刻、日程が異なります。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは7日間のコースです。

出発日 旅行代金
11月15日(火)発

旅行代金:¥398,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥798,000

ビジネスクラス利用

1月31日(火)発

旅行代金:¥398,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥798,000

ビジネスクラス利用

3月7日(火)発

旅行代金:¥398,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥798,000

ビジネスクラス利用

■1名室利用追加料金:¥70,000

おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。

■燃油サーチャージ別途目安:¥94,000:8月1日現在

■ビジネスクラス利用区間:日本発着の国際線区間のみ適用

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(成田空港の施設使用料及び保安サービス料合計2,660円または羽田空港の旅客取扱施設利用料2,950円ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

■地方発着追加料金
大阪・名古屋〜東京 片道・・・¥5,000
福岡・札幌〜東京 片道・・・¥10,000

但し付帯条件がございますので支店・営業所へお問い合わせ下さい。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111