~アジア極上の休日~

名門マニラホテルと高原の避暑地タガイタイ【5日間】

  • 集合場所:成田空港
  • 出発日: 11月28日(月) 、 12月5日(月) 、 1月23日(月)
  • 旅行代金:¥298,000

旅のポイント

Point 1
ワールドの旅初登場の避暑地タガイタイへ。高原の絶景をお楽しみ下さい。
Point 2
マニラの歴史地区を訪ね、世界遺産の教会などへご案内します。
Point 3
アジアを代表する老舗の名門「マニラ・ホテル」に連泊します。

ツアープランナーより

フィリピンというと、多くの方にとって、島々に広がる美しいビーチリゾートのイメージが強くあることでしょう。それがフィリピンの魅力であることは間違いありませんが、見どころはそれだけにとどまりません。スペイン領となった歴史があり、マニラ旧市街にはスペインによって建設された、当時の城郭都市の跡が今も残されています。またその風景を思い描くと、南国の強い日射しと暑さが湧き上がりますが、マニラのあるルソン島は山脈が走る火山地帯でもあり、標高が高いところでは快適なひとときを過ごすことができます。このツアーではワールドの旅初登場となる、ルソン島の避暑地タガイタイに連泊、さらに老舗の名門「マニラ・ホテル」に連泊して世界遺産の教会などへご案内します。フィリピンはフィリピンでも、その歴史やホテル滞在、高原リゾートに焦点を当てたユニークな5日間の旅です。日本からは約4時間。気軽に訪ねられる旅先のひとつとしてお選びください。

見どころのご紹介

ワールドの旅初登場 ルソン島の避暑地タガイタイへ

マニラから南へ60キロ、標高700メートルに位置するのがタガイタイ。3〜5月のサマーシーズンを除けば、朝晩肌寒さを感じるほどの避暑地です。マニラから車で1時間30分ほどで到着する近さも手伝って、元大統領をはじめ富裕層が別荘をかまえている地域でもあります。マニラ到着後、一路タガイタイへ向かい、最も名の知られた「タールビスタ ホテル」に連泊します。

タガイタイの魅力は涼しいだけでなく、そこから見下ろす景勝にもあります。展望台からは、フィリピン屈指の眺めともいわれる、タール火山やカルデラ湖のタール湖を一望でき、ホテルからも風光明媚なタール湖を望めます。自然に囲まれながら、ごゆっくりお過ごしいただけます。

また往路、ホテルへ向かう途中、パイプに竹を使った珍しいパイプオルガンのある、ラスピニャス教会も訪ねます。(※8/1現在、臨時休業中。現地情報では秋から開館予定です。万が一休業の場合、オルリーナ美術館へご案内します。)

タガイタイから望む、タール湖とタール火山

スペイン人に築かれた マニラ最古の城壁地区へ

マニラ滞在中には、スペイン人が16世紀に築いた「イントラムロス」を訪ねます。「壁の内側」というスペイン語の意味するとおり城壁に囲まれ、マニラの最も古い地区にあたります。スペイン政庁や総督の公邸が置かれるなど、アジアにおけるスペインの中心だった場所です。海賊の襲撃から守るために造られたサンチャゴ要塞や教会の数々が見られます。

なかでもサン・オーガスチン教会は、創建されたままの姿で残っている貴重な教会です。手の込んだバロック風の意匠に、豪華なシャンデリアが吊された内装は必見といえ、世界遺産のひとつに数えられます。

イントラムロスの北の一角に位置するサンチャゴ要塞
サン・オーガスチン教会 フィリピン初のスペインの建築様式で建てられました

アジアを代表する老舗ホテル に宿泊 「ザ・マニラ・ホテル」 ★ ★ ★ ★ ★

もうひとつのこの旅のポイントが名門ホテルの宿泊です。マニラでは、1912年創業の老舗「ザ・マニラ・ホテル」にお泊まりいただきます。連合国最高司令官を務めたダグラス・マッカーサーが数年にわたり滞在し、司令部として使用されたこともあります。

今も風格あるロビーなど、古き良き時代の趣を残したホテルで、サンチャゴ要塞なども歩いて行ける立地も抜群です。

ザ・マニラ・ホテルのロビー

「シャンパンルーム」でフェアウェルディナーを

4日目の夕食には、マニラホテルのメインダイニングでの食事をご用意しました。重厚な雰囲気で満たされたシャンパン・ルームはホテルとともに有名です。1912年の創業当時から数々の著名人も席に着いてきた名レストランでの時間は、旅の締めくくりにふさわしいものです。思い出に残る一夜をお楽しみください。

シャンパンルームでご夕食を
プールサイドのひとときはいかがでしょう

高原の避暑地、タガイタイの老舗ホテルに宿泊 「タール・ビスタ・ホテル」 ★★★★

高原の避暑地、タガイタイで最も有名な老舗ホテル。元々は1939年に建てられた英国チューダー様式の邸宅を改装したホテルで、本館はフィリピンの歴史遺産にも登録されています。このホテルで最も素晴らしいのは、公共スペースからの眺め。屋外テラスからの眺望は格別で、タガイタイ随一の風景とも言われる程。天気のいい日は、向こう岸まで見渡すこと出来ます。このたびは、レイクサイドルームをご用意しました。(※シャワーのみの客室となります。)

チューダー様式の邸宅の趣が残るロビー。窓の外にはタガイタイの絶景が広がります。(イメージ)

ツアー日程

5日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
成田空港09:30発 マニラ13:10着 タガイタイ17:30着

■午前、日本航空直行便にてマニラへ。

■着後、専用バスにて、世界で唯一の竹製のパイプオルガンを持つラスピニャス教会へ。その後、標高700メートルにある高原の避暑地、タガイタイへ。

【2連泊】(タガイタイ:タールビスタ・ホテル泊)

2日目
タガイタイ

■本日は高原の避暑地、タガイタイとその周辺の見所を巡ります。

■世界一小さなタール活火山タール湖を一望できる絶景の公園ピープルズ・パーク・イン・ザ・スカイなどにご案内します。

■昼食は、ソニヤズ・ガーデンにて美しい季節の花々と新鮮な食材を中心としたランチです(注)。

(タガイタイ:タールビスタ・ホテル泊)

3日目
タガイタイ09:00発 アンゴノ マニラ16:00着

■午前、多くの芸術家を輩出した、アートの街アンゴノへ。着後、洞窟の岸壁に紀元前2000年頃に刻まれたロックアートをご覧いただきます。その後、アートなアンゴノの街を散策し、マニラへ。

■夕刻、1912年創業フィリピンを代表する名門ホテル「マニラ・ホテル」にチェックイン。

■夕食は、マニラ湾の夕景を楽しみながらお楽しみください。

【2連泊】(マニラ:名門マニラホテル泊)

4日目
マニラ

■午前、スペイン統治時代の面影が残る城壁内地区・イントラムロスを散策。サンチャゴ要塞跡やフィリピン最古の石造教会であるサンアグスチン教会にご案内します。

■午後、自由行動。ごゆっくりホテルライフをお楽しみください。

■夕食は、ホテル内「シャンパンルーム」にてフェアウェルディナーをお楽しみください。

(マニラ:名門マニラ・ホテル泊)

5日目
マニラ14:35発 成田空港19:45着

出発まで自由行動。

■午後、日本航空直行便にて帰国の途へ。

■夜、成田空港着後、解散。

※上記日程は成田発着、日本航空利用利用の場合のものです。各地発着の時刻は下記の通りです。

(注)臨時休業等の場合、別レストランへご案内します。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは5日間のコースです。

出発日 旅行代金
11月28日(月)発

旅行代金:¥298,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥538,000

ビジネスクラス利用

12月5日(月)発

旅行代金:¥298,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥538,000

ビジネスクラス利用

1月23日(月)発

旅行代金:¥298,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥538,000

ビジネスクラス利用

■1名室利用追加料金:¥50,000

おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。

■燃油サーチャージ:¥35,600(8/1現在)

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、成田空港の施設使用料及び保安サービス料合計2,660円、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

■フィリピン入国の際、十分な補償の海外旅行保険への加入(英文証書)が必要となります。

 

日本各地からのご参加をお待ちしております

日本各地より、日本航空にて東京(羽田・成田)までの国内線を 片道5,000円でご利用いただけます(但し付帯条件がございますので支店・営業所へお問い合わせ下さい)。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111