歴史の定説を覆した

【年末年始の旅】世紀の大発見ギョベクリ・テペ遺跡とガズィアンテップの旅【9日間】

  • 集合場所:羽田空港
  • 出発日: 12月26日(月)
  • 旅行代金:¥498,000

旅のポイント

Point 1
世紀の大発見ギョベクリ・テペ遺跡をじっくりと見学します。
Point 2
世界最大のモザイク博物館や遺跡からの出土品を収めた博物館も時間をかけて見学します。
Point 3
訪れる機会の少ない古都アダナやタルススへご案内。

ツアープランナーより

 弊社として初めてご紹介するのがこの「ギョベクリ・テペ遺跡」です。これは1万2000年前に遡る遺跡です。人類最古とされてきたシュメール人のメソポタミア文明よりも何と5000年も古い時代のものなのです。世界四大河文明をはじめとする世界の名だたる古代遺跡と比べても格段に古いもので、しかも、大規模な神殿遺跡は極めて見応えがあります。 1万2000年前といえば、ようやく氷河期が終わり、先史時代を迎える時期です。これまでの考古学では「人類は農耕を始め、そして定住をし、その後に文明や国家、宗教が生まれ発達した」とされてきました。しかし、ここギョベクリ・テペではまだ農耕文明が始まる前に巨大神殿、つまり宗教施設が造られたのです。この謎の遺跡を存分にお楽しみください。 また、ガズィアンテップでは世界最大のモザイク博物館、シャンルウルファの博物館ではこの遺跡から発掘された多数の出土品もご覧いただきます。また、ここは旧約聖書の預言者アブラハムゆかりの地でもあります。まさにこの地域は神話・伝説と考古学の狭間にある地と言えるでしょう。 各地のホテルもモダンで快適、そして、世界三大料理と称されるトルコ料理の中でも美食の街と謳われるガズィアンテップでは市長の肝いりのレストラン「MSM料理芸術センター」で、ユネスコ文化遺産の食卓をお楽しみください。(2022年6月3日〜6月7日視察)

見どころのご紹介

歴史の定説を覆す大遺跡をじっくりと見学します

「ギョベクリ・テペ」とはトルコ語でギョベ(太鼓腹)とテペ(丘)から成り、すなわち「太鼓腹の丘」の遺跡の意味です。名前の通りトルコ南東部にのシャンルウルファの北東約20㌔の丘の上に位置する1万2000年前の世界最古の神殿跡です。この神殿は10トンはあろうかという円柱、20本以上に囲まれ、しかも中央部の石柱にはライオン、ヒョウ、ハゲワシなど獰猛な動物たちが彫り込まれています。また、複雑な幾何学的な形状の浮彫は古代エジプトのヒエログリフより遥かに古い記号言語の一種とされています。

 更に驚くべきことに神殿の周辺には人々が暮らした村の形跡がないことです。つまり、人々は半径百数十キロの村々から旅をしてこの神殿祭儀に参加したと考えられています。「お伊勢参り」や「善光寺詣で」のように人々は長距離を歩いてここにやって来たのでしょうか。とにかく謎は深まるばかりです。

ギョベクリ・テペの遺跡
リアルな動物が描かれています

アブラハムゆかりのシャンルウルファでは考古学博物館を見学

シャンルウルファの町の中央に位置する考古学博物館には、ギョベクリ・テペからの貴重な出土品など、1万点以上の歴史的な展示を見ることができますが、そのほとんどがオリジナルの遺物です。迫力満点の巨石や「世界最古のフルサイズの石像」といわれる通称ウルファマンなど、見応え抜群。1万2000年前の人間が、何ともお洒落で現代風なことには驚きを禁じ得ません。
 預言者アブラハムの生誕の地、シャンルウルファの旧市街はトルコでも最もロマンチックな街並みのひとつで、今もバザールには伝統衣装をまとった地元の人々が活気を見せています。旧市街の多くは中庭を囲むように造られた中東の伝統的なムスリムの住家で、埃っぽい通りから中は見えません。アブラハムゆかりの地のひとつバルックルギョル(聖なる魚の池)は、かつてのキリスト教会の聖堂を利用したハリル・ウル・ラフマン・モスク(1211年)の中庭にあって、絶好のフォトスポットです。

預言者アブラハムの伝説の残る聖なる魚の池「バルックルギョル」 今でもたくさんの魚が泳いでいます。
世界最古の人物石造。通称「ウルファマン」 現代風でおしゃれな印象に驚かされる。
博物館に収められた10トンは越える巨大な石柱。
世界遺産の食卓ガズィアンテップ

かつて中東エリアの交易の中心としてヒッタイト、ペルシャ、古代ローマ、ビザンチン、アルメニア、そしてオスマン帝国など様々な支配を経験してきた歴史の街ガズィアンテップ。2011 年にオープンした「ゼウグマ(近郊のユーフラテス川沿いに繁栄した古代ローマ都市遺跡)モザイク博物館」は、3 万平方メートルという世界最大のモザイク博物館で、あのチュニスのバルドー国立博物館を凌ぐ規模を誇り、今やトルコの至宝のひとつ。是非訪れてみたいもののひとつです。館内には巨大空間に石柱が立ち並び、往時の町の様子も偲ばせながら、床一面、壁一面に精緻で彩色豊かな生き生きとしたモザイク画が、合計面積1700 平方メートルにも及んで展示されています。中でも、最も有名な作品「ジプシーガール」は専用の個室に飾られていますので、どうかお見逃しなく。いずれも保存状態が極めて良いので、とても数千年前の作品とは思えない完璧さ。「圧巻」というほかありません。

有名な「ジプシーガール」のモザイクは専用の個室に展示されています。数千年前のものとは思えない見事な作品です。
ガズィアンテップにオープン世界最大のモザイク博物館

ディヴァン(ガズィアンテップ)
ヒルトン・ガーデン・イン
(シャンルウルファ)
スラ・アヤ・ソフィア(イスタンブール)
驚異的な技術で作られたモザイク。まるで絵画です。
ギリシャ神話の物語。海の神ポセイドン
地図はこちらをご覧ください。

ツアー日程

9日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港22:35発

■夜、航空機にてイスタンブールへ。

(機中泊)

2日目
イスタンブール06:10着 イスタンブール08:00発 アダナ09:25着

■イスタンブール着後、航空機を乗り換えアダナへ。

■アダナ着後、聖パウロの生まれ故郷として知られるタルススへ。聖パウロゆかりの○井戸、●聖パウロ教会、及び古い家並みが残されている歴史地区の散策へご案内します。

■その後、アダナへ戻り、早めにホテルへ。

【2連泊】(アダナ泊)

3日目
アダナ

■終日、ヒッタイト時代まで遡る歴史を持つアダナの観光へご案内。アダナ及び近郊から発掘された貴重な展示が並ぶ●アダナ博物館、16世紀からの歴史的建造物が並ぶ旧市街地区やアダナ市場などにご案内します。

(アダナ泊)

4日目
アダナ08:00発 ガズィアンテップ11:00着

■午前、専用バスにてガズィアンテップへ。途中十字軍に建てられたユラン・カレを遠望します。

■着後、昼食および市内観光。●ガズィアンテップ城、○バザールへご案内します。

■夕食は「世界遺産の食卓」を「MSMガズィアンテップ(ガズィアンテップ料理芸術センター)」にて。

(ガズィアンテップ泊)

5日目
ガズィアンテップ14:00発 シャンルウルファ16:00着

■午前、世界最大の●セウグマ・モザイク博物館や●ガズィアンテップ考古学博物館を見学します。

■午後、バスにてユーフラテス川を渡り、シャンルウルファへ。

【2連泊】(シャンルウルファ泊)

6日目
シャンルウルファ(ギョベクリ・テペ)

■午前、ギョベクリ・テペ遺跡へ。世紀の大発見と言われる圧巻の遺跡を見学します。

■その後、シャンルウルファの●考古学博物館を訪ね、ギョベクリ・テペ遺跡からの出土品を鑑賞します。

(シャンルウルファ泊)

7日目
シャンルウルファ16:10発 イスタンブール18:10着

■午前、シャンルウルファの観光。○シャンルウルファ城、○預言者アブラハムゆかりの旧市街、○バザールなどを訪ねます。

■夕刻、航空機にてイスタンブールへ。

■ご宿泊は散策に便利なスルタンアフメット地区でご用意しました。

(イスタンブール泊)

8日目
イスタンブール

■終日、自由行動。(ホテルは出発時刻までご利用いただけます)

■深夜、イスタンブール空港へ。

(機中泊)

9日目
イスタンブール02:05発 羽田空港19:00着

■深夜、航空機にて帰国の途へ。

■羽田空港着後、解散。

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは9日間のコースです。

出発日 旅行代金
12月26日(月)発

旅行代金:¥498,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥898,000

ビジネスクラス利用

■1名室利用追加料:¥80,000

おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。

■ビジネスクラス利用追加区間:日本発着の国際線区間のみ適用となります。

■燃油サーチャージ別途目安:¥96,000:8月1日付

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(羽田空港の旅客取扱施設利用料2,950円ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

■地方発着追加料金
大阪・名古屋〜東京 片道・・・¥5,000
福岡・札幌〜東京 片道・・・¥10,000
但し付帯条件がございますので支店・営業所へお問い合わせ下さい。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111