イタリアの文化と食を楽しむ

アマルフィ海岸とローマの旅【9日間】

  • 集合場所:羽田空港
  • 出発日: 10月18日(火)
  • 旅行代金:¥598,000

旅のポイント

Point 1
アマルフィ海岸では地元の食文化を知るプログラムも楽しみます。
Point 2
カゼルタでは王宮を見学。昼食には本場のモッツァレラチーズをご用意。
Point 3
ローマから足を延ばして近郊への小旅行も楽しみます。

ツアープランナーより

イタリアの中部、カンパニア州とラツィオ州の見所を訪ねながら「おいしいイタリア」を楽しむ旅です。旅のはじまりはカンパニア州のアマルフィから。中世には海洋国家・アマルフィ公国として強盛を誇りましたが、現在は素朴な小さな町や村、そして段々畑が続く風光明媚な地です。ナポリやカゼルタ宮殿の観光のみならず、地元シェフの郷土料理紹介やアグリツーリズモなど食文化も体験します。 旅の後半は永遠の都ローマを拠点に、通常のコースではあまり訪れない見所にご案内。古代ローマの時代から避暑地として栄えたフラスカーティの散策やワイナリー訪問、世界遺産ティボリでは皇帝の別荘跡や趣向を凝らした庭園の噴水などを楽しみます。ラツィオ州は固有の伝統を守る傾向が強く、ニョッキやカルボナーラなど農民や羊飼いが好んだ素朴な料理で知られています。ワイナリーから地元の人気店、高級レストランまで幅広くイタリアの食文化をお楽しみください。

見どころのご紹介

アマルフィ海岸沿いの小さな町々と食文化を知るプログラム

アマルフィ海岸をドライブすると、次々に現れる小さな町々と丁寧に整えられた段々畑が目に入ります。アマルフィやポジターノといった華やかなリゾート地も素敵ですが、海岸沿いの小さな村や町の素朴な暮らしも、また魅力です。このツアーでは、アマルフィ海岸沿いの「食の楽しみ」にも焦点を当て、プログラムをご用意しました。観光客で賑わうポジターノの隣村、モンテペルトゥーゾにあるレストランで、地元のシェフによる郷土パスタのシャラティエッリ作りを見学したり、アマルフィ海岸の食文化に欠かすことのできないレモンの生産農家のアグリツーリズモなどを訪れます。ここでは、畑の見学やリモンチェッロ作りを見学し、レモンを使った料理の食卓を囲みます。

ヴィラ・マリアのテラスから眺めるアマルフィ海岸
レモン農家ならではのレモンチェッロ作りを見学します (添乗員撮影)

アマルフィ海岸沿いの小さな町々

アマルフィ海岸では、このたびヴィエトリ・スル・マーレに宿泊。ヴィエトリ・スル・マーレは陶器の町としても知られていて、町の中心には可愛らしいお皿や飾りなどを売るお店が並んでいます。ここから足を延ばしてアマルフィや絶景のポジターノを訪れます。

高級リゾートとして人気の高いポジターノ。高台からの景色は絵になります。
町のあちらこちらで陶器のお店をみかけるヴィエトリ・スル・マーレ

ナポリやカゼルタの訪問も楽しみ

ナポリといえば、是非味わっておきたいのが本場のピッツァです。そのナポリで1984年に創立されたのがイタリア政府公認の非営利団体「真のナポリピッツァ協会」で、職人の伝統技術の再評価と、その伝統を後世に伝えていくことを目的に設立されました。協会が認めたお店は「認定店」として世界各地に点在していますが、このたびは本場ナポリの認定店で、昼食をお楽しみいただきます。
一方、ナポリ王国を統治していたブルボン家が、夏の離宮として18世紀に築いたのがカゼルタ宮殿です。ヴェルサイユ宮殿を意識して建てられた壮麗なバロック建築は世界遺産にも登録されています。また、カゼルタは水牛乳からつくるモッツァレラ・ディ・ブーファラの産地としても知られています。カゼルタの老舗レストランで味わっていただけるよう昼食のメニューを組み込みました。

ナポリでは町の中心のプレビシート広場などへご案内します
ナポリでは本場のピザもご賞味ください (イメージ)
世界遺産に登録されるカゼルタの王宮も見学します
カゼルタではカンパーニャ州の特産、水牛のモッツァレラをお召し上がりください。(イメージ)

ローマから足を延ばして訪れる 近郊への小旅行

ローマ滞在中の1日は、周辺への小旅行へご案内します。ローマの南に広がるアルバーニ丘陵地帯にある町々は、古代ローマ時代から貴族や有力者の避暑地として別荘やお城が建てられ、カステッリ・ロマーニと呼ばれてきました。このたびは、その一つ、皇帝にも愛された緑豊かな丘上の町フラスカーティへご案内します。フラスカーティは古代ローマ時代から続くワインの産地でもあり、ここではワイナリーも訪問します。一方、ローマの東にあるティボリは、世界遺産にも登録される古代ローマ時代の皇帝の別荘跡やルネッサンス期を代表する枢機卿の別荘が残る町。庭園には趣向を凝らした様々な噴水が配され、水の饗宴が訪れる人々を楽しませています。

ローマの夜景を楽しみながらのディナー

ローマでの夕食には、アトランテ・スターホテル内にあるルーフガーデンレストラン「エトワール」でのお食事もご用意しました。
ライトアップされたサンピエトロ寺院など、ローマの街並みを見渡すことができます。

ツアー日程

9日間 訪問地・時刻 スケジュール 食事
1日目
羽田空港22:05発

■夜、羽田空港より航空機にてイスタンブールへ。

(機中泊)

2日目
イスタンブール05:15着/イスタンブール07:30発 ナポリ08:50着 ヴィエトリ・スル・マーレ16:30着

■着後、航空機を乗り換えナポリへ。

■着後、ナポリの市内観光。

■昼食は、「真のナポリピザ協会」に認定されるピッツェリアで本場のピザをお召し上がりください。

■午後、アマルフィ海岸のヴィエトリ・スル・マーレへ。

【3連泊】(アマルフィ海岸ヴィエトリ・スル・マーレ泊)

3日目
ヴィエトリ・スル・マーレ (レモン農家のアグリツーリズモ訪問)

■午前、アマルフィの散策へご案内します。

■その後、レモン農家が営むアグリツーリズモ「ヴィラ・マリア」へ。レモン畑の見学後、リモンチェッロ作りの実演や、ランチを楽しみます。

■レモン農家ならではの、レモンを使ったメニューをご用意しました。

■午後、ヴィエトリ・スル・マーレに戻ります。

(アマルフィ海岸ヴィエトリ・スル・マーレ泊)

4日目
ヴィエトリ・スル・マーレ ポジターノ ヴィエトリ・スル・マーレ

■午前、ポジターノの隣村モンテペルトゥーゾへ。

「イル・リトロボ」にて、シェフに郷土パスタのシャラティエッリの作り方を実演していただきます。その後、料理をお楽しみください。

■午後、ポジターノに立ち寄り散策。その後、ホテルに戻ります。

(アマルフィ海岸ヴィエトリ・スル・マーレ泊)

5日目
ヴィエトリ・スル・マーレ08:30 カゼルタ ローマ16:00

■午前、バスにてカゼルタへ。着後、●カゼルタの宮殿を見学します。

■昼食は、カゼルタの老舗レストラン「レ・コロンネ」にて、この地域の名産モッツァレラ・ディ・ブーファラをお召し上がりください。

■夕刻、ローマへ。

【3連泊】(ローマ泊)

6日目
ローマ (フラスカーティ、ティボリ)

■終日、ローマ近郊の見どころへ。

■午前、フラスカーティを訪れ、ワイナリーを見学。

■その後、ティボリにあるエステ家の別荘「ヴィラ・デステ」を訪れ、様々な噴水の仕掛けが配された庭園を見学します。

■夕刻、ホテルに戻ります。

(ローマ泊)

7日目
ローマ

■終日、自由行動。

■美術館や散策など、ゆっくりとお過ごしください。

■夕食は、サンピエトロ寺院やローマの街並みを見渡す「エトワール」にてお召し上がりください。

(ローマ泊)

8日目
ローマ ローマ19:45発 イスタンブール23:30着

■出発まで自由行動。

■夜、航空機にて、イスタンブールへ。

(機中泊)

9日目
イスタンブール02:20発 東京19:20着

■イスタンブール着後、航空機を乗り換え、帰国の途へ。

■午後、成田または羽田空港に到着。

■着後、解散。

※日程表の時刻は、ターキッシュエアラインズの羽田空港発着を想定したものです。他航空会社利用の場合、発着空港および時刻は異なります。

 

パンフレットダウンロード

出発日・旅行代金

このツアーは9日間のコースです。

出発日 旅行代金
10月18日(火)発

旅行代金:¥598,000

エコノミークラス利用


旅行代金:¥958,000

ビジネスクラス利用

■1名室利用追加料:¥110,000 おひとりでご参加のお客様は、1名室利用追加料金にて承ります。

ビジネスクラス利用区間:(全区間適用【羽田 ~イスタンブール~ナポリ間/ローマ~イスタンブール~羽田間】)

■燃油サーチャージ別途目安:¥78,600:6月1日付

■旅行代金には海外の空港税と出国税が含まれております。
(ただし、羽田空港の旅客取扱施設利用料2,950円ならびに燃油サーチャージ、国際観光旅客税1,000円はお客様のご負担となります)

 

■地方発着追加料金
大阪・名古屋〜東京 片道・・・¥5,000
福岡・札幌〜東京 片道・・・¥10,000
但し付帯条件がございますので支店・営業所へお問い合わせ下さい。

 

ツアー申し込み・お問い合わせ申込・問合せ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111