2019年1月28日更新

「東京ジャーミィ・トルコ文化センター」でツアー発表会を開催しました

 

東京ジャーミィの多目的ホールをお借りして、開催しました
都内で感じる異国

去る1月16日(水)、トルコ共和国在東京大使館に所属する、日本では数少ないオスマン・トルコ様式のモスクを持つ東京ジャーミィにて4年ぶりに旅の発表会を開催しました。

当日は寒い一日でしたがお天気が良く、青空に映えるミナレットやドームがとても印象的でした。


大盛況のツアー発表会

一般の方も見学できるトルコ文化センターですが、今回は多目的ホールをお借りしてツアー発表会となりました。

2018年の秋に100名以上のお客様にご参加いただいた「カッパドキアとイスタンブールの旅」をはじめとするトルコの旅、2019年春の旅が多くのお声をいただいているイラン(ペルシャ)の旅、そしてサマルカンドへのチャーター便の旅がすでに催行決定しているウズベキスタンの旅など、イスラム文化の魅力を存分に感じることのできる国々の魅力をご紹介しました。

発表会の途中では終戦後、ウズベキスタンで抑留された日本人の生活を描いた貴重なドキュメンタリー『ひいらぎ』の上映会も行いました。
ここはトルコ?……美しいモスク見学
 
内装の美しさはアジア一とも称されます
 
多目的ホールでの発表会を終えた後、東京ジャーミィのスタッフの方にモスクをご案内していただきました。

アラベスク模様のステンドグラス、また本国トルコから装飾の部材を取り寄せ数十人の工芸職人たちが造り上げた壮麗な礼拝堂は本国のモスクに負けず劣らず。圧巻の装飾でした。

皆様モスクに入られると一様に感嘆の声が上がり、あちらへこちらへ、思い思いに記念撮影タイム。なかなか入る機会の少ないモスク内部。まるで海外旅行中の一幕のようでした。

ひとときの時間ではありましたが、東京に居ながらにして異国情緒を感じていただけたことと思います。
スカーフ姿の女性社員
今回約120名様というたくさんのお客様にご参加いただき、大盛況の中でのイベントを終えました。 イスラム文化にふれ、理解を深めていただけたことをうれしく思っています。ご来場いただいた皆様ありがとうございました。

また皆様に喜んでいただける様々なイベントを企画してまいりますので、今後の計画にご期待ください!



トルコ、イラン、中央アジアのツアーはこちらから