【海外】注目の旅

【海外】注目の旅

2024年05月17日

【注目の旅】残席わずか! 東グリーンランド、南極の船旅 

極地探検船で世界最大のフィヨルド最奥へ

世界最大のフィヨルドや国立公園など、手つかずの荒々しい大自然やそこに生息する野生動物、巨大な氷山など圧倒的なスケールの観光資源を有するにもかかわらず、西グリーンランドに比べて訪れる機会の極端に少ない東グリーンランド。日本の2.5倍もの面積を誇る世界最大の北東グリーンランド国立公園。年間の入場許可はわずか500名です。情報量も少ないラストフロンティアをご紹介します。

航行中に巨大な氷山が現れるかもしれません(イメージ)

「地球上でもっとも孤立した大地」とも呼ばれる東グリーンランド。定住する人はほとんどおらず、訪れる人もごくわずかですが、そんな秘境には世界最大のフィヨルド地帯と世界最大最北の国立公園が存在しています。この知られざる絶景の地へ、全室スイート仕様の極地探検船シースピリットで迫ります。フィヨルド地帯を縦横無尽に進み、世界最大級の氷山地帯や北半球最大規模の氷河にもアプローチします。イヌイット村の訪問や紅葉のツンドラハイキング、野生動物、オーロラの出現にも期待です。

紅葉のツンドラハイキング
世界最大のフィヨルド スコアズビー湾の最奥へ
オーロラの出現も期待できます
アクセスの難しいイヌイットの村(イトコトミー)も訪問予定です
ゾデイアック・ボートでの遊覧にもご案内します
早朝のスコアスビー湾 幻想的な朝焼け

最果ての地を優雅に巡る 南極の船旅

日本から最も遠く、地球の最南に位置する7番目の大陸、南極。3000~4000メートル級の山々、地球上でもっとも巨大な氷河や氷山が存在し、クジラやペンギン、アザラシなどの動物が棲む南極へ、フランス・ポナン社のル・リリアル号と、シルバーシー社のシルバー・エンデバー号にて巡る2つの船旅をご用意しました。小型船ながら、機動力をいかし上陸回数が圧倒的に多い(一般の探検船の約2倍)ル・リリアル号、最大の難所ドレーク海峡を航空機でわずか2時間で越えて、南極をクルージングするシルバー・エンデバー。特徴の異なる2つの南極クルーズをお選びいただけます。

ヴェッテル海の巨大氷山はリリアル号でゆく(1辺10キロ以上の氷山も・イメージ)
ゾディアック・ボートの遊覧もご案内します
オールインクルーシブで全室スイート客船の「シルバー・エンデバー」
ドレーク海峡を2時間 フライトで越えてゆきます
ハイライトのル・メール海峡の通峡に挑みます
南極半島の上陸観光も楽しみです

南極半島の上陸観光 ペンギンの生息地へ ©Silversea Cruises Ltd.

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後5:30

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111