町並み百選

町並み百選

2020年12月03日

青森県弘前の街並み

東京支店 吉田義和

これまで世界各地の街並みを独自の目線でご案内してきたワールド航空サービスが、伝統が息づく街や、歩いてみたくなる街並み、特色ある風景をご紹介する「日本の街並み百選」。第1回目のご紹介は、今年7月、8月の「長期滞在の旅」でも好評をいただいた青森県津軽地方の代表都市、弘前です。

武家屋敷と洋館、近代建築が共存する珍しい町並み

弘前の街が他の都市と比べ魅力的なのは、街並みの多彩さにあります。津軽藩の弘前城を中心に江戸情緒を色濃く残す武家屋敷街の仲町や寺町があるかと思えば、町には三角屋根の洋館が点在し、瀟洒な雰囲気も感じさせます。さら日本の近代建築を牽引した前川國男が残した建築も多く、近代建築巡りもお楽しみいただけるのです。さらに今年、かつてのシードル工場をフランス公認建築家の田根剛が設計、改修した「弘前赤レンガ美術館」もオープン。江戸から現代をひとつの街で感じることができる、稀有な街なのです。

弘前赤レンガ倉庫

弘前街並み歩き 新旧市街をつなぐ土手町界隈

昔ながらの食品市場も健在です
弘前昇天教会

さて、弘前の街を歩いてみましょう。弘前は弘前駅前から弘前城周辺に東西に延びる「土手町通り」が街の中心です。夏には弘前ねぷたが練り歩く事でも知られる通りです。所々に昔ながらの食品市場があり、地元の方との交流を楽しみながら散策を楽しむことができます。土手町の中心には明治から残る三角時計台が印象的な「一戸時計店」が懐かしい風情を感じさせます。隣には同じく老舗和菓子店「開運堂」が並びます。ここから南へ路地を入ると、レンガ造りの弘前昇天教会(大正建築)と弘南電鉄の中央弘前駅。この一角はレトロな郷愁を誘うエリアです。

洋館と美食が揃う 鍛治町から弘前公園界隈

建築と並ぶ弘前の魅力が「食」の豊富さ。なんと徒歩10分圏内に、「ダ・サスィーノ」「リパージオ」「なる海」とラグジュアリートレイン「四季島」の食を担当する美食レストランが3軒も軒を連ねます。また、「レストラン山崎」や「ポルトブラン」など弘前フレンチと言われる気軽で美味しいフレンチレストランもこの地区に。食を楽しんでいるうちに、自然とあと一日、あと一日、と滞在を延ばしたくなるほどです。鍛治町から弘前城までの地域には、立ち寄りたい洋館も多く、食後は旧弘前市立図書館や旧第五十九銀行本店本館(青森銀行記念館)などをご覧いただきながらの散策も楽しめます。

「ダ・サスィーノ」のこだわりの食事(イメージ)
「レストラン山崎」のフレンチ(イメージ)
明治期に建てられた旧弘前図書館

冬にはさくらライトアップも

弘前の中心、弘前公園は桜の名所としても全国的に知られますが、2020年春には新型コロナウィルスの影響でさくらまつりは中止に。そんな中、「ソメイヨシノを冬でも満開にしたい」という思いから弘前市民が立ち上がり、弘前公園外濠の桜の木にピンク色の照明を当ててライトアップする「冬に咲くさくらライトアップ」が12月から始まります。桜の枝に雪が積もった夜には夜桜の風情もお楽しみいただける「粋」なイベントです。

満開に咲くかのようにピンク色に輝くライトアップは必見です ⓒ弘前市役所

この記事に関するキーワード

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111