日々是旅立

日々是旅立

2021年01月06日

東山魁夷記念館を訪ねて 千葉・市川

菊間潤吾

東山魁夷さんのご自宅のあったところに隣接して記念館がオープンしています。作品の多くは長野信濃美術館に寄贈され、展示されていますが、ここではいくつかの作品と東山さんの人となりを主に紹介しています。

私自身は50種以上の緑の岩絵具に東山絵画の原点をみた気がして感動しました。記念館自体はドイツ留学時代をイメージしたのか、『馬車よ、ゆっくり走れ』に出てくるドイツの建物を彷彿とさせるものであり、リューベックの古い家並みといった感じでうれしくなりました。入り口には「歩み入る者にやすらぎを、去りゆく人にはしあわせを」と東山さんの好きな言葉が書かれていました。

この言葉はローテンブルクの南にあるシュピタール門という城門に刻まれていた言葉で、ここを訪れてこの言葉を見つけたとき、ローテンブルクの美しい町並みと人を象徴するようでとても印象に残ったと語られていました。

私は一度しか東山さんご夫妻に会っていませんが、絵から感じとれるのと同様に穏やかで物静かな人柄に心温まりました。ちょうどオーストリアから戻られ、『六本の色鉛筆』を出版された頃でした。

東山さんについて書き出すとあまりに長くなるので止めますが、私の旅行企画の原点を教えてくれた心の恩師です。いけないことですが、ご自宅のお庭の葉を一枚いただいて押し花にしています。

八角形の塔のある西洋風の建築
入口の看板「歩み入る者にやすらぎを、去りゆく人にはしあわせを 魁夷」
カフェレストランとショップ

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111