佳景・名景・絶景

佳景・名景・絶景

2021年05月22日

仁淀ブルー 奇跡の清流・仁淀川(高知県)

『旅のひろば』編集部 上釜一郎

四国の有名な川は? と、たずねると多くの皆さんからは、「吉野川」、「四万十川」が出てきます。そんな中で四国以外の人からはあまりでてこない川が仁淀川。「四国の川の三男坊」といわれることもあるこの川ですが、清流の美しさは奇跡的といわれ、その美しさから「仁淀ブルー」と称されています。西日本最高峰の石鎚山を源流に124キロを経て土佐湾に流れ込む川です。ワールド航空ではこの秋、仁淀ブルーにスポットをあて、この地の魅力を前面に紹介するツアーをもっか造成中です。このコラムが公開されているまさに今日、梅雨の合間を縫って社長をはじめプランニング事業部の吉田君、大阪・渡邉支店長とともに取材中です。今回はその予告編として、ちょっぴり仁淀ブルーを紹介です。
次週からは「奇跡の清流」を様々なエリアに分けて紹介しますので、どうぞご期待ください。

仁淀ブルーを代表するスポット「にこ淵」日が差し込む時間はお昼前後です。
仁淀川町の中津渓谷。岩の造形が美しい「雨竜の滝」
仁淀川町の安居渓谷。渓谷に沿って季節や時間帯で色の変化が楽しめる最強フォトスポット。写真を撮るなら9月以降がベスト。
【上釜一郎】プロフィール
1964年奈良県生まれ。旅行誌(マガジンハウス/ガリバーほか)からファッション誌(集英社/ COSMOPOLITAN JAPANほか)、広告写真等のカメラマンとして活躍。また、『南オーストラリアのユートピア アデレード』(弊社菊間著・新潮社)『マカオ歴史散歩』『新モンゴル紀行」(ともに弊社菊間著・新潮社とんぼの本)の写真等も撮影。現『旅のひろば』編集部で、各地の視察も行っている。過去には紛争地や、地雷敷設地での対人地雷問題などの取材経験も多数。1997年にノーベル平和賞を受賞した地雷廃絶国際キャンペーン(International Campaign To Ban Landmines=(ICBL))の日本キャンペーン(JCBL)元運営委員。
現在ワールド航空サービスの知求アカデミー講座で、写真講座の講師も務める。

この記事に関するキーワード

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111