旅の3つ星

旅の3つ星

2021年05月03日

レモンの島の名産品・瀬戸田レモン

菊間潤吾

日本で流通しているレモンで国産のものは僅か9%といわれていますが、日本でレモンの一番の産地は広島の瀬戸内海、なかでもしまなみ海道の生口島、高根島2つの島からなる瀬戸田町は、全国シェア3割を占めています。

アマンホテル創業者のゼッカさんがつくりあげた瀬戸田の「Azumi Setodaホテル」は、旅のひろば5月号で特集している新企画のツアーですが、瀬戸田=瀬戸内海の島=港町というイメージがありますが、ここは知る人ぞ知るレモンの島でもあります。
瀬戸田レモンは無農薬で栽培され、皮まで美味しく食べられるブランドレモンです。
平均15.6度と温暖で雨も少なく、レモンで有名なシチリア島に似た気候風土を備えています。

ここレモンの島・瀬戸田の名品「瀬戸田レモン」は、2個分の輪切りと1個分の果汁をハチミツにたっぷり漬けたものです。紅茶に入れたり、ヨーグルトに少し入れても美味しくいただけます。
そして瀬戸田のもうひとつの名産品、ネーブルのシロップ漬けもおすすめです。

瀬戸田レモンとはちみつの清々しい味わい。瀬戸田ネーブルも美味です

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111