注目の旅 国内ツアー

注目の旅 国内ツアー

2021年04月23日

「清涼の大地」夏の北海道へ

 先日、一人の俳優がこの世を去りました。彼には沢山の代表作がありますが、最も人々の印象に残っているのが、北海道を舞台にしたテレビドラマ「北の国から」ではないでしょうか。テレビ画面の中に見る北海道は雄大で美しく、またとても過酷であり、畏怖を抱きながらもそれでも子供ながらに旅心をくすぐる映像だったことを覚えています。

 このたびは、夏の北海道4コースをご紹介します。都会の喧騒や暑さとは無縁の清涼の大地で、お気に入りの旅を是非見つけてください。

1.新ツアー 海鳥が舞う夏限定の旅

野鳥の楽園・天売島と焼尻島の旅

【羽田・5日間】7月5日(月)・11日(日)旅行代金¥238,000

1名利用追加料金¥40,000

 海鳥の楽園と呼ばれる周囲12キロの小さな島、天売島での貴重な時間とともに、オロロンラインと呼ばれる絶景ドライブルートを辿り、海岸線からのダイナミックな秀峰群を仰ぎ見ます。食事にもこだわり「オーベルジュましけ」に宿泊。増毛出身の三國清三シェフ監修のメニューをご用意しております。

手つかずの自然が残る天売島
天売島を代表する野鳥のひとつ「ケイマフリ」

2.昨シーズンの北海道人気ナンバー1

世界遺産・知床と道東の大自然 

【羽田・6日間】6月15日(火)・7月6日(火)旅行代金¥268,000

【羽田・6日間】8月17日(火)旅行代金¥285,000

【伊丹・6日間】7月27日(火)・8月3日(火)旅行代金¥298,000

【名古屋駅・6日間】7月13日(火)旅行代金¥298,000

【福岡・6日間】6月22日(火)旅行代金¥278,000

1名利用追加料金¥30,000~¥40,000

 日本で4件のみ登録される世界自然遺産のひとつ、知床半島を陸から、またクルーズで海からお楽しみいただきます。さらに、我が国本土の最東端、納沙布岬からは歯舞、国後の北方の島々の姿を望み、バイカル湖に次ぐ世界第2位の透明な摩周湖や阿寒湖も訪ねます。そして公共交通機関のないオンネトー(五色に変化する神秘の湖)へも足を延ばし、旅の最後には、釧路湿原国立公園の大パノラマ。夏の北海道・道東地方の様々な見どころを一度の旅で訪ねる決定版です。

知床五湖の散策にもご案内します。
海から知床半島にアプローチ。視線の先にあるのは果たして…!?

3.北海道 夏の定番人気ツアー

利尻・礼文とサロベツ湿原の旅

【羽田・5日間】7月5日(月)・26日(月)・8月16日(月)旅行代金¥295,000

【伊丹・5日間】8月2日(月)旅行代金¥315,000

【福岡・5日間】7月12日(月)旅行代金¥315,000

1名利用追加料金¥28,000

 「花の浮島」と呼ばれる礼文島と利尻富士が聳える利尻島。礼文島での連泊と利尻島での宿泊を組むことで日程の無理なくお楽しみいただけます。また、いずれの島においても、野の花や高山植物に詳しいフラワーガイドが同行。ハードな山登りをせずとも簡単なハイキングで可愛らしい花々の鑑賞がお楽しみいただける、短い夏限定の旅です。

野の花と利尻富士が創るこの時期ならではの景観をお楽しみください。

フラワーガイドとともに簡単なハイキングをお楽しみいただきます。

4.最高級リゾート「ザ・ウィンザーホテル洞爺」へ

夏のニセコヒルトンとウィンザー洞爺の旅

【羽田・5日間】6月28日(月)旅行代金¥248,000

【伊丹・5日間】7月4日(日)旅行代金¥248,000

【名古屋・5日間】7月11日(日)旅行代金¥248,000

【福岡・5日間】7月18日(日)旅行代金¥248,000

【羽田・5日間】8月1日(日)旅行代金¥265,000

【伊丹・5日間】8月8日(日)旅行代金¥265,000

1名利用追加料金¥50,000

新千歳空港合流/離団 ¥40,000引き

 2008年開催のサミットの会場になったことで一気に知名度が上がった「ザ・ウィンザーホテル洞爺」に宿泊。そこに宿泊したものだけが許される客室からの眺望をはじめ、洞爺湖の絶景を心ゆくまでご堪能いただきます。また、ヒルトンニセコヴィレッジにも2連泊。羊蹄山を望むアンヌプリ山頂へのゴンドラや高級感溢れるホテルでの滞在と、ホテルライフとともに、北海道を代表する大自然がお楽しみいただけるコースです。

一度は泊まりたい憧れの「ザ・ウィンザーホテル洞爺」に宿泊
ホテルからの景観も絶景です。

この記事に関するキーワード

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111