視察レポート

視察レポート

2020年08月10日

パーク ハイアット 京都 京都はヤッパリ凄い。

京都はヤッパリ凄い。新しい外資系高級ホテルが続々オープン。
社長・松本佳晴が視察して参りました。

まさに、京都らしい落ち着いた正面玄関。右奥には、八坂の塔も。

昨秋10月30日にオープンして、まだ一年に充たない「パーク ハイアット 京都」を8月9日に視察して参りました。

東山高台寺の創業142年を迎える老舗の名料亭「山荘 京大和」の広大な敷地内、という大変珍しい、また願ってもない最上級の立地。「京大和」の耐震改修工事の計画に、歴史ある客室や日本庭園は残し、昭和時代の建造物をすべて撤去して茶屋を移築。そして、その敷地にホテル棟を新たに建築して完成しました。名建築家トニーチー(季裕棠,在アメリカ,台北出身)と竹中工務店が周囲の街並みや景観に調和するように共同設計。西面は清水寺に続く二寧坂に面しているので、人の少ない朝の散策も大きな楽しみ。八坂の塔も目の前です。 わずか全70室ですが、45㎡がスタンダードで、もちろん十分な広さと共に、高級感たっぷりのしつらえにも感激です。

「京大和」のお庭から、正面がメインダイニング棟の屋根、むかうに八坂の塔、そして京の市街、更に嵐山と、絶景が広がります。

「ホテル」というより「ゲストハウス」としてお客を温かく迎えようと心意気がスタッフの優しさから伝わってきました。
タモ材をふんだんに使用した和モダンの空間、庭園と客室の坪庭は高台寺の庭園などを手掛けた名造園家、北山安夫が作庭。 25年ぶりのパークハイアットブランドの登場にこめられたハイアット側の力の入れ様が随所に溢れています。


スタンダードルームでも45㎡。朝食は、こちらでのんびりルームサービスでも。

1時間強のホテル視察でしたが、案内下さった宇賀神マネージャー女史に、思わず、「久々に、ホテルそのものに感動しました。そして、スタッフの皆さんの心のこもった対応にも…」という本音が言葉をついて出てきました。


(8月10日松本 佳晴)

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111