旅の3つ星

旅の3つ星

2021年03月29日

迎賓館のお庭で楽しむティータイム

菊間潤吾

迎賓館赤坂離宮の見学はインターネットでの予約が必要となりますが、お庭だけの見学なら300円の入場料で入ることができます。
内部は勿論見応えがありますが、迎賓館のお庭もいつも静かで、日本ではないような、異次元にいるような感覚になってしまいます。

迎賓館の前庭には紅茶やスコーンなどを楽しめるようにイスやテーブルが用意されていて、ゆっくりと寛ぐことができ、こういった雰囲気の中でいただくダージリンティーとスコーン、3つ星です。

ティータイムを楽しみながら建物の外観を見ていると、完全に西洋の宮殿でありながら、その装飾にはいたるところに日本が表現されていることに気がつきます。
正面のペディメントには中央に菊のご紋章、左右に鎧兜が描かれ、その横には武者がいます。屋根には宇宙を支える4羽の鳳凰、前庭のテラスのそばにある噴水も国宝になっていて、亀があしらわれていたり、日本風のモチーフがたくさんあって面白いものです。

1909年、明治時代に東宮御所として皇太子殿下の住居にこのような近代建築が造られたことは、鎧兜の武者が守るという開国前のイメージが強く残っている時代背景と共に、明治の近代化へ向かう強い意志を感じさせてくれます。

緊急事態明けに再訪しましたが、私一人だけでした。迎賓館の庭一人占め状態で、ゆっくりと別世界を楽しみました。お庭の枝垂れ桜はまだ二分咲き。ちょうど今週あたりに満開になるでしょう。
日本の誇る宮殿建築を眺めながらのティータイム
堂々たる鎧武者が宮殿を護ります
金の星を散りばめた天球儀と4羽の鳳凰
前庭にテーブルが設けられています
明治42年、東宮御所として建設。日本では唯一のネオ・バロック様式による宮殿建築物です
枝垂れ桜がほころび始めていました

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111