速報・注目の旅

速報・注目の旅

2021年03月24日

鉄道王国ニッポン③初夏のおすすめ列車旅3コース (信州・四国・九州編)

速報・注目の旅

 南北に延びる国土の70%以上が豊かな山地で、四方を海に囲まれる我が国・日本。改めてその国土を見渡してみると、変化に富んだ自然景観と、その気候風土に裏打ちされる歴史と人々の生活があります。野を越え、山を越え、海沿いを走る。そんな日本ならではの自然景観をよりドラマティックに演出してくれるのが、点と点とを結ぶ鉄道の旅ではないでしょうか。旧国鉄の解体以来、ここ30年間で日本の“列車旅”は大きく変化した気がします。スイートルームのような豪華列車が人気を博す一方、その土地のローカルな魅力に根付いた個性的な観光列車も続々と誕生、世界中の旅人に愛されています。

 鉄道シリーズの第3回となる今回は、信州・四国・九州編として、変化に富んだ大自然とそこに暮らす人びとの生活を体感できる3つの旅をご紹介。信州のしなの鉄道「ろくもん」は雄大な北八ヶ岳連峰の裾野を走り、四国の「伊予灘ものがたり」は陽光に煌めく瀬戸内海を車窓に望みます。そして九州の「あそぼーい」と「ゆふいんの森」は阿蘇の大カルデラや由布院盆地を走り抜けます。初夏の陽光あふれる車窓景観をお楽しみください。