佳景・名景・絶景

佳景・名景・絶景

2021年03月06日

室生寺(奈良)

『旅のひろば』編集部 上釜一郎

五重塔は98年、台風による倒木で被害を受けたものの、2年後には修復されて優美な姿を取り戻しました。2020年、宝物殿が完成し、土門が「日本第一の美男の仏像」と絶賛した国宝の釈迦如来坐像や、国宝の十一面観音菩薩立像などが展示されています。

「京の雅、奈良の鄙び」という言葉があります。雅とは宮廷風のことで、優雅で品格があること。「鄙(ひなび)」とは田舎風のことで、簡素で質朴なことといわれます。私はそんな鄙びという言葉が好きです。奈良を表現するとき、とても合っていると思います。

日本で最先端だった都、奈良が1300年を経て鄙びとなる。時が紡ぎ出した特別な価値です。そんな「鄙び」を感じさせてくれる名刹が「室生寺」ではないでしょうか。

写真家なら誰もが知る、戦後の日本を代表する写真家である、入江泰吉(05~92年)と土門拳(1909~90年)。叙情豊かでどこか柔らかさを感じさせる表現の入江に対し、報道写真のリアリズムの騎手として剛健を貫く土門。全く違う作風の二人ですが、ともに彼らを魅了した共通点は大和路。とりわけ「室生寺」は巨匠たちを魅了し続けました。
特に二人は冬の室生寺の撮影にこだわり、その撮影の中で生まれたたくさんの物語と逸話が残されています。

毎年4月の半ばになると、標高400メートルの室生寺のシャクナゲがつぼみを開きはじめます。最初は、濃く鮮やかな紅色から薄桃色になり、そのあと白に近い色になってやがて散ります。春夏秋冬、一年でこの季節がいちばん室生寺に「色」が加わる時期です。どの季節に訪ねても「絵」になる室生寺。大和路の「鄙び」をぜひ撮影していただきたいと思います。40年にもわたって「古寺巡礼」ライフワークとしてきた土門拳とまではいきませんが、私もじっくり「室生寺」と向き合ってみたいと思いと思います。

室生寺 http://www.murouji.or.jp/

入江泰吉記念 奈良市写真美術館 http://irietaikichi.jp/
志賀直哉旧邸と新薬師寺のそばです

土門拳記念館(山形県酒田市)http://www.domonken-kinenkan.jp/
土門拳の約7万点を収蔵。秀峰・鳥海山を眺望する絶好の場所です。

個人的にはやはり雪の室生寺を真剣に撮影してみたいものですが、最近は雪が少ないようです。いつ撮れるやら……。

▶講師上釜一郎と行く 日本撮り旅
「日本の絶景 吉野山の春景色 4日間」はこちら。室生寺も訪ねます。

▶花が彩る古刹をめぐる、四月の奈良
花の大和路と12年ぶりの薬師寺東塔の旅【4日間】はこちら

【上釜一郎】プロフィール
1964年奈良県生まれ。旅行誌(マガジンハウス/ガリバーほか)からファッション誌(集英社/ COSMOPOLITAN JAPANほか)、広告写真等のカメラマンとして活躍。また、『南オーストラリアのユートピア アデレード』(弊社菊間著・新潮社)『マカオ歴史散歩』『新モンゴル紀行」(ともに弊社菊間著・新潮社とんぼの本)の写真等も撮影。現『旅のひろば』編集部で、各地の視察も行っている。過去には紛争地や、対人地雷問題の取材などの取材経験も多数。1997年にノーベル平和賞を受賞した地雷廃絶国際キャンペーン(International Campaign To Ban Landmines=(ICBL))の日本キャンペーン(JCBL)元運営委員。
現在ワールド航空サービスの知求アカデミー講座で、写真講座の講師も務める。

この記事に関するキーワード

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111