帰着しました。添乗員レポート

帰着しました。添乗員レポート

2020年11月04日

紅葉を楽しむ北東北 八甲田・白神山地・十和田湖の旅

2020年10月25日~10月29日 5日間 添乗員:東京支店 福森 崇

紅葉も見頃になっていた青森県、岩手県に行ってまいりました。10月中旬に続く東北地方の旅でしたが、朝晩の空気は冷たくたってきたものの、しっかり大自然を満喫していただきました。

中野神社の色とりどりの紅葉

中野もみじ山を散策しながら紅葉狩り

前日に新幹線で新青森に到着も、あいにくの雨。この日は市内の宿泊のみだったので、翌日以降に期待をしつつ、青森の海鮮を中心としたメニューの夕食にご案内しました。

翌朝、バスにて八甲田へ向かいロープウェーで登頂するも、霧で視界は不良。しかし下山して弘前に向かう辺りから運が上向いてきたようです。「蔦沼」「中野もみじ山」の紅葉ポイントでは、秋色の山容を皆様にお楽しみいただくことができました。もみじ山では中野神社の樹齢500年にもなる木々の迫力に圧倒されました。

中野川の流れともみじ山の山容

白神山地は2つのコースに分かれて散策

翌日は弘前から世界自然遺産にも登録される白神山地へまいりましたが、弘前市内からわずか1時間ほどで豊かな大自然を楽しむことができます。

到着後は2名の山岳ガイドがお出迎え、せっかく2名のガイドの方がいらっしゃったこともあり「小回りコース」「大回りコース」の2手に分かれ、少し長く歩きたいお客様、ゆっくり自然を楽しみたい方双方にお楽しみいただけるようにしました。

ガイドとともに白神山中を散策

小回りコースにご一緒しましたが、ガイドの方の説明がわかりやすいだけでなく、時にユーモアも交えながらの説明に、小回りコーストはいえ、あっという間の散策でした。山中の黄色を中心とした黄葉、渓谷の色とりどりの紅葉を存分に愛でることができました。

奥入瀬の散策と穏やかな十和田湖の遊覧

翌日の宿泊地は八幡平。青森からいよいよ岩手に向かう道中、奥入瀬渓谷と十和田湖にもご案内しました。奥入瀬渓谷は狭い道路を走行しながら進むため、容易にバスを停めることができないので、車窓から景観を楽しむことが多いのですが、幸いにも九段の滝で下車して銚子大滝まで、15分程度ではありましたが、渓流沿いの散策にもご案内しました。

奥入瀬渓谷 迫力の銚子大滝

昼食後は十和田湖の遊覧ですが、切符売り場では「一昨日は波が高くて船は出なかったんですよ」とのこと。そんな状況を全く想像できないほど穏やかで、暖かな日射しの中での遊覧をお楽しみいただくことができました。

十和田湖遊覧の船上からの秋景色

この記事に関するキーワード

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111