徒然ウィークリー

徒然ウィークリー

2021年02月05日

富山・レヴォに行ってきました

菊間潤吾

今週はじめに富山の山奥へ行ってきました。
北陸料理界を代表するフレンチのシェフとして知られた谷口シェフが、大好評だった富山のリゾートホテル内のレストランを閉め、残念がると同時に、いつ、どこで新しい形のレストランをやるのか話題になっていました。
2020年12月の末に谷口シェフが富山県南砺市(なんとし)の森奥の村、利賀村(とがむら)にオーベルジュをオープンしたというニュースが飛び込んできました。早速、「地方の美食学+旅」のコースに組み込みましたが、雪深い地方のため、なかなか視察に行けず歯がゆい思いをしていました。

今週やっとそれが実現できました。

想像以上に山の奥深いところにあり、驚きました。高岡から城端線というかなりのローカル線を1時間走り、終点の城端駅へ。そこからタクシーで約1時間山の中を走ります。峠をいくつも越え、雪深いところを近くまで行きましたが見つからないまま、森の中で雪で通行止め。迷子になりかけましたが、連絡を取り合いながら何とかレストランに到着。すごくモダンでシンプルなレストランで、森に溶け込むような溢れる美的センス。客席フロアの倍以上あるオープンキッチンに谷口シェフ他5~6名の人達が料理を作っていました。


到着までの苦労が吹っ飛ぶような接客と雰囲気。料理への期待は大いに高まりましたが、12皿にデザート2種類。すべてが斬新で、レストランのパンフレットに「富山の奥懐・利賀村から発信する前衛的な地方料理の進化」と書いてありましたが、一皿一皿驚きの連続で、3時間近くの食事は遠路はるばる来た甲斐があったというものでした。

当日のお皿の写真だけご紹介します。味は想像してみて下さい。ツアーでは自然を楽しみながら、レストランに無事にご案内します。

2月6日(土)17:00~ 「バース・デイ」TBSチャンネル
ミシュラン一ツ星のフレンチシェフ谷口英司に密着(後編)
にて、谷口シェフの特集番組が放送されます。是非ご覧ください。
詳細はこちらから(https://www.tbs.co.jp/birth-day/) 

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111