旅の3つ星

旅の3つ星

2021年02月08日

古き良き銀座で一杯

菊間潤吾

銀座通りにあるライオン銀座7丁目店。

1934年に建てられたこのビルは大日本麦酒の本社社屋、そして1階2階はビアホールとして開店しました。第二次世界大戦の戦禍を免れ、現在も当時の姿のままで営業しています。6階にあるクラシックな宴会場は、私も所属している日本旅行作家協会の集会でよく利用させてもらっています。

1階のビアホールは天井高は8メートルもあり、アールデコの美しい装飾で素晴らしい雰囲気です。矢尻型の柱は大麦の穂、店内の丸い照明はビールの泡をイメージしています。正面のガラスのモザイクは大麦の収穫の絵と、かなり凝った意匠です。

なかなか飲む機会のない現在ですが、5時までのサービスタイム、名物の生ビールと料理の小皿2枚で980円。そしてここの名物「ビアホールの煮込み」(ビーフシチュー的)を頼んでの小一時間、今は写真のようにガラガラの店内で空間を楽しみながらのひととき。今ならではの3つ星空間で古き良き銀座を満喫してみてください。
矢尻型の柱は大麦の穂をイメージしています
床のタイルも創業当時のまま
経営企画本部長の堀も久々のビールを満喫
生ビールと小皿2枚で980円。かなりのクオリティです。
名物 「ビアホールの煮込み」

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111