旅の3つ星

旅の3つ星

2021年01月11日

ウィーンの味を求めて ツッカベッカライ カヤヌマ

菊間潤吾

ウィーンに行けない今、ザッハトルテなどのオーストリア名菓が恋しくなったら東京・溜池にあるツッカベッカライ カヤヌマに行くことをおすすめします。
ウィーンフィルのメンバーも来日の時訪れる、ウィーンに負けない美味しいケーキやクッキーがここにあります。
オーナーシェフの栢沼さんはウィーンのハプスブルク王家御用達の菓子店として世界的に知られる「デーメル」で修業し、オーストリア政府から菓子職人最高の名誉とされるマイスターの称号を与えられました。1982年のことです。日本にもどり赤坂に小さな店を出し、人気を呼んで現在は溜池でオーストリアらしい雰囲気の店を出しています。
久しぶりに訪ねたら午後3時頃だったからか、ほとんどのケーキは売り切れでした。ウィーンの味がそろそろ恋しくなってきたら、是非立ち寄ってみてください。

もう30年近く前のことになりますが、栢沼さんの結婚式に出席したことがありました。
ウィーンからデーメルさんが式の1週間前から来日し、百合丘のリリエンベルグの工房を借りてウェディングケーキを制作し、式の前の待ち合いではオーボンヴュータンの河田さんやリリエンベルグの横溝さんといった大御所たちが焼き菓子を提供、小泉純一郎氏のスピーチや飯田深雪さんがブーケを担当という凄い顔ぶれだったことを鮮明に思い出します。

最近はオーストリア政府から功労勲章、日本では文化庁長官賞など活躍が広く認められて嬉しい限りです。奥様によると本人は毎日店の2階でケーキ作りに没頭しているとのこと。いかにもマイスターらしいです。

私のおすすめは、アップルシュトゥルーデルやザッハトルテ。ウィーン菓子を楽しみながらウィーンフィルのCDを流してウィーンを思い出してください。
ちょうど1月24日(火)までは近くの大倉集古館(ホテルオークラ)で「特別展 海を渡った古伊万里~ウィーン、ロースドルフ城の悲劇~」をやっていて、これも見応えありました。

左からアップルシュトゥルーデル、ザッハトルテ、シュネバーレン(ドイツ語で「雪玉」の意)
ツッカベッカライ カヤヌマ
東京都港区赤坂1-4-5 TEL:03-3582-5689
営業時間:11:00~16:00 定休日:日曜・祝日・月曜
クレジットカード不可
※営業時間及び定休日は変更になる可能性がありますので、最新の情報はツッカベッカライホームページ(http://www.z-kayanuma.com/index.html)をご覧ください。

お気軽にお問い合わせください

電話相談はこちら

受付時間:午前9:30~午後6:00

東京
03-3501-4111
大阪
06-6343-0111
名古屋
052-252-2110
九州
092-473-0111
札幌
011-232-9111
藤沢
0466-27-0111