大阪オリジナルの旅をどんどん充実させていきます

大阪支店
小島 晃
Ojima Akira

–––大阪支店長として着任し、2カ月が過ぎました。慌しい日々かと思いますが、いかがですか。

はい、2年半ぶりに大阪に戻ってまいりました。言葉にするとたった2年半ですが、LCCやインバウンドの増加など、関空を巡る様々な状況や関西の海外旅行事情が大きく変化していることに刺激を受けています。ですがそれとは反対に、関西の人情は変わらないことも感じ、うれしいですね。前回着任したときも、関西は初めてでしたが水が合うと感じました。

–––どんなところに、「水が合う」と感じたのでしょう?

そうですね、関西のお客様は距離が近く、率直な意見をいただけるところが新鮮な経験でした。私たちにとってお客様の率直なお声は本当に貴重なものですし、当時いただいたアドバイスは、今も貴重な経験として役に立っています。前回、着任1週間目でさっそく部下がご迷惑をおかけしたお客様のお宅へお詫びに伺ったことがありました。最初はご家族から大変厳しいお叱りを受けたのですが、誠心誠意お詫びしご説明してご納得いただき、最後には「ご飯を食べていきなさい」と。その後ご家族とは、添乗は一度もご一緒したことがないのですが、今でも交流が続いているんですよ。

–––ありがたいことですね。

各地で地域性というのはあるかとおもいますが、関西だけでなくワールドのお客様は本当に温かいです。

–––東から西へ、各地を経験したうえでの実感ですね。前任地の九州は急な離任となりました。

ええ、直接ご挨拶できなかったのが心残りでした。九州支店長として30周年新企画などの試みにチャレンジできたのもお客様のおかげですし、皆様に頂戴した様々なお声やご指導は、私にとって宝物同然です。

–––充実していましたね。

はい。もう少しいろいろやりたかったという思いもありますが、その気持ちを後任の原田をはじめ皆に託してきました。今後は西日本共同企画も充実させていきますので、九州の皆様にお目にかかる機会も多いかと思います。

–––では、大阪支店長としての抱負をどうぞ。

関空・伊丹発着を中心に、オリジナリティに溢れ、かつおもしろくて喜んでいただける旅を作っていきます。皆さんにご指導いただきながら、新しいラインナップを増やしてまいりますので、どうぞご期待ください。



【プロフィール&ひと言】
茨城県真壁町(現・桜川市)出身。東京支店、仙台営業所、大阪支店、九州支店を経て、2017年11月より大阪支店長に就任。クルーズマスターとしてもお馴染みだ。
「クルーズは長年携わってきた得意分野です。今後は大阪でもクルーズの旅をさらに充実させていきますので、皆様どうぞご参加ください」